プロフィール

とりあし

Author:とりあし
当blogはリンクフリーです。

コザクラインコ♀のレブン 性格 中国人 尊敬する人 西太后

インコPV
ランキング
キャンプ場
上富良野日の出公園オートキャンプ場
翻訳
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

遅れてきた救世主、今野


ワールドカップアジア最終予選

日本2-0 UAE

146ab1e4-s.jpg


珍しく裏を取り鮮やかなゴールをニアに決めた久保。もともとディフェンダーを前にしてもシュートを振りぬけるほど足の振りの速い選手だが、京都時代から変わらぬギラギラ感で得点した。
残念なのはスタミナ不足が相変わらずで、後半早々と足が止まってしまった。一流の監督なら電光石火で交替だが、首の皮一枚のハリルはなかなか決断できない。そのうち久保の運動量不足から危ない場面が続く。
コンディションが難しいことはあったろうが、動けなくなってきての久保は気が弱いプレイの連続で安易なファウルもらいなどで日本代表を危険にさらしていた。
所詮、原口や大迫とやっているリーグのレベルが違うというのもあるが、甘っちょろさも見えてしまった。もっとも横にいた香川というどうしようもない選手のフォローを終始しなくてはならず、それが余計な運動量になったことは確かで気の毒ではある。

いつものように忍者よろしく画面から消えていた香川。
あ、いたんだと気づくのは、どうでもいいところで不必要にボールを持ちすぎ、相手ディフェンダーに詰められ、そのうちくるくる回り出し挙句ボールを奪われるという、いつもの「香川ロスト」の時くらいだった。多分くるくる回りながら本田を探していたんだろうが、ベンチにいる本田を見つけられるはずはなくお粗末なプレイが多かった。単なるスペースを埋めるマッチ棒に過ぎず、10人で戦うよりかは11人のほうがましという意味では役に立ったのかもしれないが、ハリルの本心は香川を使いたくはなかったろう。
むろん大人の事情で使わざるを得ないのだが、電通の力も弱りつつあるのかついに後半香川をひっこめた。これでほぼ日本の勝利が決まった。

ヘロヘロの久保も本田と交替。
本田は特によくもなかったが悪くもなかった。今後も本田は選ばなければならないのだろうから、使い方としてはこの日のようの勝っているときの締めとして出すのが正解ではと思う。
ハリルがもっと早く香川と久保を交替していれば大迫のケガもなかったのではと悔やまれる。

それにしても勝てた最大の要因は今野だ。
長谷部のケガが簡単に治るものではないので今後も主力として使わざるを得ないだろう。
特にスピードがあるわけでもないこの選手は素晴らしい試合勘を持っており、押されてやや交通渋滞ぎみっだった代表の布陣でうまくスペースを駆け回り、神出鬼没のまさに今野らしいゴールだった。
1対1の守備の攻防では止めきれず反則でなんとかするという場面も多かったが、何試合か代表戦を経験すればもっと良くなるだろう。
この34歳の遅れてきた救世主はまさに男子代表の澤穂希だ。


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

金正男氏暗殺 隠されたメッセージ



金正恩(キムジョンウン)の異母兄の金正男(キムジョンナム)氏が暗殺された。
風貌はさえないオッサンだが、舌鋒鋭く言ってることはまともで北朝鮮現体制の批判を怖れずしていたが、北朝鮮に「それ以上言うと殺すぞ」と言われてからは庇護する中国政府のメンツも慮って、あまり発言しないようになっていた。
が、あっさり殺害されてしまった。これで中国のメンツは丸つぶれで習近平は激おこだろう。何らかの行動をするに違いない。

IMG_20170215_101117.jpg


今朝の東京新聞に金正男氏の写真が載っていたが、フリーメイソンのハンドサインをしているものだった。 キムジョンウンは中国政府を敵に回しただけでなく、さらに大きな組織も怒らせたのかもしれない。
 
なぜこの写真を一面に掲載したのだろう?
新聞というのはそれだけでは本当の情報はわからないし、本当のことを書きたくても書かせてもらえないというのもあるだろう。
注意深く見れば重大なことがほのめかされていることがよくある。

trmp sign


株価はトランプ相場で急上昇だが、今年は去年以上に波乱万丈の相場になる予感がしてたまらない。


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


へんな事件?ASKA逮捕


おかしな事件だ。自宅から覚醒剤は発見されず、そしたら外でやってんだろとマスコミがお決まりの追認情報操作を垂れ流す。

えっ普通こういう麻薬の事件て、本人が変な電話しようが何だろうが、薬の入手ルートとかをじっくりきっぱり捜査し、その上で間違いない!となって逮捕なんじゃないの?
おかしいだろ。タクシー会社がASKA氏の車内映像をリークするなど滅茶苦茶だ。お笑い芸人の阿曽山大噴火氏の指摘通り、盗撮盗聴はASKA氏の幻覚ではなく事実となった。
どうも急に決まった逮捕にしか見えない。現場の警察官も大変だ。

美濃加茂市長の逆転有罪判決のカモフラージュのために同日に行ったという説があるが、ありそうな話だ。
でっち上げで逮捕され、1審無罪の美濃加茂市長は全く関係のない東芝粉飾事件での権力闘争に巻き込まれ有罪にさせられてしまった。
本当にこの国はどうしようもなくなった。
数年後日本の一人当たりGDPは不景気と失業でどうしようもない韓国に抜かれるそうだ。


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

木村和司。本田に対し「何のために入ってきたんですかね!」

Cv2h7SDW8AAJIDS.jpg
Cv2h7SDWcAAVaOg.jpg


ワールドカップアジア最終予選

日本2-1サウジアラビア

日本の攻守の切り替えが素晴らしい試合だった。
本田と香川を外したことで流れによどみがなくなり素早い攻撃ができた。
しかし、オマーン戦でできたような裏へのパスをサウジアラビアは許さなかった。決意と気合のこもったパスワークに徹底した日本だが崩しきれない、サウジ強し。ファンマルバイク監督恐るべし。
結局日本の得点はミスジャッジによるラッキーなPKだった。
最終予選、ミスジャッジで損をしてきた日本だが今回は得する番だったようだ。

一番の問題だった右SHには本田の代わりに久保が入った。
ぶっつけ本番でやったことのないポジション、うまくいくはずがなかった。ここら辺がハリルホジッチ監督の信用ならない部分で、大島の時もそうだったが、直前の思い付きに過ぎない戦術に思える。他のスタッフとも相談はするはずだが、手倉森が久保を右SHに推すとは思えずハリルの独断なのだろう。今後も久保を同じポジションで使うビジョンなどなさそうだ。

速いテンポのパス回しができていた日本だが、裏だけでなく中盤にも簡単には縦パスが入らない。ただ大迫に縦を入れたときは超人的なキープ力を見せ、有効に展開できた。大迫へのパスはグサッと突き刺さった。大迫がいなかったらと思うとぞっとする。

清武への悪質なタックルはもっと抗議すべきで、3試合出場停止くらいにしないとまた起こるだろう。選手生命にかかわる卑怯なタックルだった。サウジは強さも見せた半面、精神のもろさも見せた。次のアウェイ戦ではここを突いていきたい。相手をイラつかせる作戦だ。

後半右SHに本田投入は選択肢の少ないハリルホジッチ監督では致し方なかったかもしれない。全盛時にとおく及ばない動きだった本田だが、相変わらず勝手に中に入り込み、両チームの疲労で広大に広がった右サイドを有効に使えなかった。今後このポジションを誰にするかが日本代表のテーマだが、今までのようになにも手を打てずにサボっているようならばハリルホジッチ監督はさっさと今年中に解任すべきだ。
また長谷部も過酷なポジションは年齢的にもう難しい。
ひと昔前の長谷部なら両チームヘロヘロになったとき値千金のドリブルで切り裂いてきたものだが、この日は足を痙攣させてそれどころではなかった。

後半早々、本田の前に転がってきた決定的チャンスをものにできず、解説者の木村和司氏が本田に対し「何のために入ってきたんですかね!」と捨て台詞を吐いたのが印象的だった。
本田のサッカー人生はあと数年だが、専用トレーナーを付けるなり肉体改造にいそしまないとどのチームでも使ってもらえないと思う。 
原口や岡崎の活躍は専用トレーナーがいたからこそだったのだから。








ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村



清武仕様で勝利 オマーン戦


cac13e23.jpg


キリンチャレンジカップ
日本4-0オマーン

日本代表の戦い方で他国と比べて奇異なのは前線で裏を取らないことだ。
これは女子にも言えるが、現代サッカーの最終ライン後ろの広大なスペースを狙う回数があまりにも少ない。
最終ラインと平行してフォワードがボールを待ち受けるシーンはよくあるが、後ろから裏へ駆けあがった選手にパスを出すシーンは少ない。

この日の試合はこれがテーマだった。
裏へ、裏へ。
センターバックが持った瞬間、大迫は走り出していた。
斉藤も同様で深くえぐるシーンもあった。あの本田ですら裏を取っていた。本田がだ。
ただ本田の場合は裏を取った後、敵にボールが奪われた時の戻りが遅く危ういシーンもあった。かといっていつものようにノロノロとされるよりかはましだったが。

これはトップ下が清武ということが大きく関係している。
今、日本人でスルーパスを清武ほど見事に出せる選手はいない。過去にも記憶がないほどうまい。コンビネーションで崩す香川とは違った能力だ。
少なくとも前半は大成功だった。オマーンがいくら5バックにして網を広げても、裏を常に狙われていて、しかも何回も通されてしまっていたのでオマーン代表は手で日本選手のユニフォームや腕を引っ張るのが精いっぱいだった。

もっとも先に触れたように本田の戻りの遅さは気になる。自分が敵チームの監督ならまず第一にここを狙う。カウンターの起点を本田が上がって空いたスペースを使う。
ボランチの一人が必ずここを埋めればよいのかもしれないが、誰かが運動量をさばる分、誰かが負担しなければならないサッカーは負けられない試合ではハイリスクだ。
それ以前に本田は視力がおかしくなったのでは疑りたくなるシーンが何度も見られた。体の切れがとかの問題ではない。急にへたくそになったのは視力のせいでないか。

後半、わずかの時間だけ出てきた原口だが素晴らしい動きだった。
仮に原口が本田の代わりに右SHをやった場合じゃあ左は誰がやるかだが、斎藤はあくまでも点を取りたいときのカードで、スタメンからというのは守備の面で怖い。
そうなるといっそのこと長谷部を右SHもありではないか。ボランチを3人使う形だ。
丸山をまた左SH、右原口もありかもしれない。

この日も失笑せざるを得ないプレイだった高徳が出場濃厚だし、宏樹も相変わらず守備は雑だった。
どうしても勝ちたいのだから右SHをとにかくなんとかせねばなるまい。
サウジ戦は不安いっぱいだ。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

「本田に裏をとれといってもねぇ…」

W杯アジア最終予選グループB
日本1-1オーストラリア

nekotoorimasu).jpg


「本田に裏をとれといってもねぇ…」
終盤カウンターのチャンスの時。本田の裏へのパスがあっさりオーストラリアDFに取られてしまったシーンで解説者の福西さんが思わずいった言葉だ。

高徳、香川、本田の3人はとても日本代表というレベルではなかった。今更だが。

今日香川でてるの?というのが代表戦での視聴者のルーチンだが、理想的な距離感、展開でないとなにもできないので代表サッカーにはもともと向いてない香川だが、いつもの悪癖である他によいパスコースがあるのにわざわざ時間をかけ本田を探し、パスした挙句無理なパスのため保持できない本田がロストというパターンがなく、さすがに何百時間も同じ間違いをしたから気づいたのかと思ったら終盤、ここ一番ではその悪癖が何回も出て日本のチャンスをつぶすというデジャブだった。
つまり本田だけ出すというのはありでも、この二人をセットで出すのは絶対ダメなのに誰の命令なんだ。
そもそもはなからロストしまくりで、名前をロスト真司に変えたほうがよいのかなと思う。

本田はあと1秒、コンマ5秒早くボールを離せばチャンスが繋がるのにというシーンの連続。デジャブ。
守備的な戦いが予想され、高さフィジカル、キープ力パスセンスといったものを買われワントップとなった本田だが、それが機能したのは1点目の時くらいだった。
カウンターのチャンスは何回もあった。裏を取れない超鈍足の本田を前半のうちから浅野に代えていればもう2点くらいは取れただろう。「疲れもありもっとはやく交替すべきだったのでは」と解説の早野さんの目も怒りで座っていた。

自分の未来を信じ、失敗を恐れずプレーする原口の躍動感はかつての本田そのものだ。この男に任せておけばいい。しかし今の本田は悲しすぎる、地位にしがみつく哀れなサラリーマン。これ以上まだ足を引っ張るつもりなのだろうか。

右SHの小林は消極的過ぎた。巨大なプレッシャーの中で大事に無難には痛いほどわかるが、それでは勝てない。代表向きのメンタリティでない。いい意味での馬鹿さ、はじけたところがないとダメだ。原口にはそれがある。
はっきりしたのは、残り試合は原口頼みだということだ。
左側には才能が控えているので今後は原口右SHにするしかないと思う。

そもそも本田とか香川のために代表選手枠が減るのはもったいない。新たな人材を選んでほしい。勝つ気があるなら。
相変わらず無理につなごうとしてピンチを招く西川デジャブ。
もっといいキーパーいないのかな、柏の中村でいいと思うのだが。


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

審判良くて助かった。日本vsイラク戦

W杯アジア最終予選グループB
日本2-1イラク

4d6eb54c.jpg

この日の主審金東進(キム・ドンジン)氏(43)は1点目の原口の得点のオフサイドはともかく、全般にわたってよく目が見えていてミスジャッジもほとんどなく公平的確な主審だった。アジアの国際試合でこれだけ性能のよい審判に巡り合えたのは幸運だった。
終盤疲れてどうしようもなくなったイラク選手たちが露骨にわざと倒れ時間稼ぎをしていたが、しっかりロスタイムを取られ山口の決勝シュートに繋がり、イラクは墓穴を掘ってしまった。イラクがもう少し気持ちをしっかり持って戦えば引き分けには持ち込めただろうに。解説者も言っていたが、サッカーほど気持ちがものをいう競技は少ない。
精度を加味した気持ちならば、強い相手でもなんとかなってしまう。
気持ちを見せていたのは原口だった。
ニアに突っ込んでくる選手が少ない日本代表で猛然とニアに飛び込みヒールキックで1点目を決めた。スペースがあれば突進するドリブルは今後の相手国に恐怖感を与えるだろう。守備ではフィジカルも強い。

コンパクトに積極的に守るイラクに対して、日本は妙に広く簡単にカウンターを食らってしまう。サイド攻撃を生かす目的だったのだろうが、サイドの連携はちぐはぐで左サイドは顕著だった。特定のだれがというより、そうなったとき修正が効かないのが今の日本代表だ。どんな練習をしているのか不思議だ。


高徳は珍しくとてつもないミスのない試合だったが、序盤イラクののポスト直撃ヘッドや競り負けて失点などふがいなかった。右サイドの宏樹が出場停止となってしまい、さらに長友も負傷で欠場とのこと。ただでさえ人材のいないサイドバックがえらいこととなった。
こうなると右が高徳、左が太田か。
いずれにしろたった2人にフィニッシュまで持っていかれてしまう今の日本代表の守備を何とかしないとグループ3位も難しい。

メディアでもはっきり本田の出来は酷いといわれるようになったが、かわりに小さいフィジカルのないテクニシャンをそこにいれても戦えないだろう。いっそ原口を右ハーフにして左FW斎藤学もありかと思うが、それだったら本田を今まで通り使ったほうが無難かなとも思う。人材が足りない。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
検索フォーム
☆PR☆
新着rss
似顔絵
   
QRコード
QR
管理
FC2カウンター