プロフィール

とりあし

Author:とりあし
当blogはリンクフリーです。

コザクラインコ♀のレブン 性格 中国人 尊敬する人 西太后

インコPV
ランキング
キャンプ場
上富良野日の出公園オートキャンプ場
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
翻訳
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

木村和司。本田に対し「何のために入ってきたんですかね!」

Cv2h7SDW8AAJIDS.jpg
Cv2h7SDWcAAVaOg.jpg


ワールドカップアジア最終予選

日本2-1サウジアラビア

日本の攻守の切り替えが素晴らしい試合だった。
本田と香川を外したことで流れによどみがなくなり素早い攻撃ができた。
しかし、オマーン戦でできたような裏へのパスをサウジアラビアは許さなかった。決意と気合のこもったパスワークに徹底した日本だが崩しきれない、サウジ強し。ファンマルバイク監督恐るべし。
結局日本の得点はミスジャッジによるラッキーなPKだった。
最終予選、ミスジャッジで損をしてきた日本だが今回は得する番だったようだ。

一番の問題だった右SHには本田の代わりに久保が入った。
ぶっつけ本番でやったことのないポジション、うまくいくはずがなかった。ここら辺がハリルホジッチ監督の信用ならない部分で、大島の時もそうだったが、直前の思い付きに過ぎない戦術に思える。他のスタッフとも相談はするはずだが、手倉森が久保を右SHに推すとは思えずハリルの独断なのだろう。今後も久保を同じポジションで使うビジョンなどなさそうだ。

速いテンポのパス回しができていた日本だが、裏だけでなく中盤にも簡単には縦パスが入らない。ただ大迫に縦を入れたときは超人的なキープ力を見せ、有効に展開できた。大迫へのパスはグサッと突き刺さった。大迫がいなかったらと思うとぞっとする。

清武への悪質なタックルはもっと抗議すべきで、3試合出場停止くらいにしないとまた起こるだろう。選手生命にかかわる卑怯なタックルだった。サウジは強さも見せた半面、精神のもろさも見せた。次のアウェイ戦ではここを突いていきたい。相手をイラつかせる作戦だ。

後半右SHに本田投入は選択肢の少ないハリルホジッチ監督では致し方なかったかもしれない。全盛時にとおく及ばない動きだった本田だが、相変わらず勝手に中に入り込み、両チームの疲労で広大に広がった右サイドを有効に使えなかった。今後このポジションを誰にするかが日本代表のテーマだが、今までのようになにも手を打てずにサボっているようならばハリルホジッチ監督はさっさと今年中に解任すべきだ。
また長谷部も過酷なポジションは年齢的にもう難しい。
ひと昔前の長谷部なら両チームヘロヘロになったとき値千金のドリブルで切り裂いてきたものだが、この日は足を痙攣させてそれどころではなかった。

後半早々、本田の前に転がってきた決定的チャンスをものにできず、解説者の木村和司氏が本田に対し「何のために入ってきたんですかね!」と捨て台詞を吐いたのが印象的だった。
本田のサッカー人生はあと数年だが、専用トレーナーを付けるなり肉体改造にいそしまないとどのチームでも使ってもらえないと思う。 
原口や岡崎の活躍は専用トレーナーがいたからこそだったのだから。








ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村



清武仕様で勝利 オマーン戦


cac13e23.jpg


キリンチャレンジカップ
日本4-0オマーン

日本代表の戦い方で他国と比べて奇異なのは前線で裏を取らないことだ。
これは女子にも言えるが、現代サッカーの最終ライン後ろの広大なスペースを狙う回数があまりにも少ない。
最終ラインと平行してフォワードがボールを待ち受けるシーンはよくあるが、後ろから裏へ駆けあがった選手にパスを出すシーンは少ない。

この日の試合はこれがテーマだった。
裏へ、裏へ。
センターバックが持った瞬間、大迫は走り出していた。
斉藤も同様で深くえぐるシーンもあった。あの本田ですら裏を取っていた。本田がだ。
ただ本田の場合は裏を取った後、敵にボールが奪われた時の戻りが遅く危ういシーンもあった。かといっていつものようにノロノロとされるよりかはましだったが。

これはトップ下が清武ということが大きく関係している。
今、日本人でスルーパスを清武ほど見事に出せる選手はいない。過去にも記憶がないほどうまい。コンビネーションで崩す香川とは違った能力だ。
少なくとも前半は大成功だった。オマーンがいくら5バックにして網を広げても、裏を常に狙われていて、しかも何回も通されてしまっていたのでオマーン代表は手で日本選手のユニフォームや腕を引っ張るのが精いっぱいだった。

もっとも先に触れたように本田の戻りの遅さは気になる。自分が敵チームの監督ならまず第一にここを狙う。カウンターの起点を本田が上がって空いたスペースを使う。
ボランチの一人が必ずここを埋めればよいのかもしれないが、誰かが運動量をさばる分、誰かが負担しなければならないサッカーは負けられない試合ではハイリスクだ。
それ以前に本田は視力がおかしくなったのでは疑りたくなるシーンが何度も見られた。体の切れがとかの問題ではない。急にへたくそになったのは視力のせいでないか。

後半、わずかの時間だけ出てきた原口だが素晴らしい動きだった。
仮に原口が本田の代わりに右SHをやった場合じゃあ左は誰がやるかだが、斎藤はあくまでも点を取りたいときのカードで、スタメンからというのは守備の面で怖い。
そうなるといっそのこと長谷部を右SHもありではないか。ボランチを3人使う形だ。
丸山をまた左SH、右原口もありかもしれない。

この日も失笑せざるを得ないプレイだった高徳が出場濃厚だし、宏樹も相変わらず守備は雑だった。
どうしても勝ちたいのだから右SHをとにかくなんとかせねばなるまい。
サウジ戦は不安いっぱいだ。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

「本田に裏をとれといってもねぇ…」

W杯アジア最終予選グループB
日本1-1オーストラリア

nekotoorimasu).jpg


「本田に裏をとれといってもねぇ…」
終盤カウンターのチャンスの時。本田の裏へのパスがあっさりオーストラリアDFに取られてしまったシーンで解説者の福西さんが思わずいった言葉だ。

高徳、香川、本田の3人はとても日本代表というレベルではなかった。今更だが。

今日香川でてるの?というのが代表戦での視聴者のルーチンだが、理想的な距離感、展開でないとなにもできないので代表サッカーにはもともと向いてない香川だが、いつもの悪癖である他によいパスコースがあるのにわざわざ時間をかけ本田を探し、パスした挙句無理なパスのため保持できない本田がロストというパターンがなく、さすがに何百時間も同じ間違いをしたから気づいたのかと思ったら終盤、ここ一番ではその悪癖が何回も出て日本のチャンスをつぶすというデジャブだった。
つまり本田だけ出すというのはありでも、この二人をセットで出すのは絶対ダメなのに誰の命令なんだ。
そもそもはなからロストしまくりで、名前をロスト真司に変えたほうがよいのかなと思う。

本田はあと1秒、コンマ5秒早くボールを離せばチャンスが繋がるのにというシーンの連続。デジャブ。
守備的な戦いが予想され、高さフィジカル、キープ力パスセンスといったものを買われワントップとなった本田だが、それが機能したのは1点目の時くらいだった。
カウンターのチャンスは何回もあった。裏を取れない超鈍足の本田を前半のうちから浅野に代えていればもう2点くらいは取れただろう。「疲れもありもっとはやく交替すべきだったのでは」と解説の早野さんの目も怒りで座っていた。

自分の未来を信じ、失敗を恐れずプレーする原口の躍動感はかつての本田そのものだ。この男に任せておけばいい。しかし今の本田は悲しすぎる、地位にしがみつく哀れなサラリーマン。これ以上まだ足を引っ張るつもりなのだろうか。

右SHの小林は消極的過ぎた。巨大なプレッシャーの中で大事に無難には痛いほどわかるが、それでは勝てない。代表向きのメンタリティでない。いい意味での馬鹿さ、はじけたところがないとダメだ。原口にはそれがある。
はっきりしたのは、残り試合は原口頼みだということだ。
左側には才能が控えているので今後は原口右SHにするしかないと思う。

そもそも本田とか香川のために代表選手枠が減るのはもったいない。新たな人材を選んでほしい。勝つ気があるなら。
相変わらず無理につなごうとしてピンチを招く西川デジャブ。
もっといいキーパーいないのかな、柏の中村でいいと思うのだが。


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

審判良くて助かった。日本vsイラク戦

W杯アジア最終予選グループB
日本2-1イラク

4d6eb54c.jpg

この日の主審金東進(キム・ドンジン)氏(43)は1点目の原口の得点のオフサイドはともかく、全般にわたってよく目が見えていてミスジャッジもほとんどなく公平的確な主審だった。アジアの国際試合でこれだけ性能のよい審判に巡り合えたのは幸運だった。
終盤疲れてどうしようもなくなったイラク選手たちが露骨にわざと倒れ時間稼ぎをしていたが、しっかりロスタイムを取られ山口の決勝シュートに繋がり、イラクは墓穴を掘ってしまった。イラクがもう少し気持ちをしっかり持って戦えば引き分けには持ち込めただろうに。解説者も言っていたが、サッカーほど気持ちがものをいう競技は少ない。
精度を加味した気持ちならば、強い相手でもなんとかなってしまう。
気持ちを見せていたのは原口だった。
ニアに突っ込んでくる選手が少ない日本代表で猛然とニアに飛び込みヒールキックで1点目を決めた。スペースがあれば突進するドリブルは今後の相手国に恐怖感を与えるだろう。守備ではフィジカルも強い。

コンパクトに積極的に守るイラクに対して、日本は妙に広く簡単にカウンターを食らってしまう。サイド攻撃を生かす目的だったのだろうが、サイドの連携はちぐはぐで左サイドは顕著だった。特定のだれがというより、そうなったとき修正が効かないのが今の日本代表だ。どんな練習をしているのか不思議だ。


高徳は珍しくとてつもないミスのない試合だったが、序盤イラクののポスト直撃ヘッドや競り負けて失点などふがいなかった。右サイドの宏樹が出場停止となってしまい、さらに長友も負傷で欠場とのこと。ただでさえ人材のいないサイドバックがえらいこととなった。
こうなると右が高徳、左が太田か。
いずれにしろたった2人にフィニッシュまで持っていかれてしまう今の日本代表の守備を何とかしないとグループ3位も難しい。

メディアでもはっきり本田の出来は酷いといわれるようになったが、かわりに小さいフィジカルのないテクニシャンをそこにいれても戦えないだろう。いっそ原口を右ハーフにして左FW斎藤学もありかと思うが、それだったら本田を今まで通り使ったほうが無難かなとも思う。人材が足りない。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

名脇役香川 



ワールドカップアジア最終予選

日本2-0タイ

名脇役が主役になるとドラマがてんでつまらなくなることはよくある。
主役というのはうまい下手以前に求心力がなくてはならず、主役しかできないといったタイプの俳優も多い。


kohiimages.jpg

過去に日本代表で主役となる選手、メディが言う主役ではなく例えばコロンビア代表のハメスのような将軍系の選手がいたかというと記憶にない。

アディダスの10番は典型的な脇役だ。代表では主役を張ろうといつも気張っているのはわかるが、成功したためしはない。ゾーンディフェンスの三角形の中心にすっと入り込み、忍者のようにすっ飛んでいくのが真骨頂なのだが、代表ではやろうとしない。
あくまでも自分がコントロールタワーというつもりなのだろうが、こういう場合ドルトムントでもかみ合わず、負けるか途中交代というのがパターンだ。
問題はアディダスの10番が一向に間違いに気づかず、監督もスタメンに選んでしまうことだ。アディダスのスパイクがあれば、競技場に投げ込みたくなる。いずれにせよあまり良いイメージの企業に感じない。

GKの不安定さは相手国のGKが素晴らしい活躍をするのでいつも際立ってしまう。
ただ西川以外となると現状難しい選択だ。過去20年くらいの日本代表で今がもっともGKのレベルが低いのではないか。こうなったら伸びしろを考え、柏のGK中村が最善なのではないか。

オリンピック世代もそうだったが、SBのレベルの低さが痛い。
宏樹はまだしも、高徳は1試合に2回は想像を絶するミスをするので出すべきではないが、長友がいない以上しょうがない。高徳は右SBで本田とのコンビネーションが良いことぐらいしか長所が浮かばない。スピードはあるが生かせてない。
太田がオランダでどの程度対人能力を上げていることにも期待したいが。
こうなると槙野を選んでいることだし、浦和や広島の3バックでいくのも手ではないか、というかそれしかないぐらい追い詰められているのが日本代表だ。

要するに皆さん同様、勝ったはいいが残りの8試合2位以内はちょっと無理だろうなという不安というか予感に囚われてしまうような試合だった。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

中東の笛 ワールドカップアジア最終予選

581a3942.jpg


日本1-2UAE

UAEとの対戦成績が悪いのは別にUAEが強いからなわけでなく、審判が買収されてるだけなのだが、そんなことハンドボールファンならもちろんご存じなはずで、それなりのサッカーファンでも周知のことだろう。
なにしろ過去にはユースの日本代表に対してホテルの食事に毒を盛るなどという思い切ったことをした国なのだから今日の試合は一筋縄でいかないのはわかっていた。
スカウティングをしたそうだが、どの程度選手、監督はこのことを理解していただろうか?理解していれば吉田の失点につながる反則、正確には反則でも何でもないのだが、を安易にすることはなかったはずだ。

デジャブ。
いつもいつもの光景が繰り返された。
監督がサイドから攻撃しろと何度も言ってるのに。拒否権発動で中に寄ってしまう本田香川。ボールの持ちすぎでことごとくチャンスを失ってしまう本田香川。
いいタイミングでクロスを入れても、同じタイミングで一カ所に飛び込むため得点できない。
焦ると、中、中、中。

それでも、今までとは違って清武がフリーキックを蹴り、サイドのスペースを使っていたので反撃の可能性は残されていた。
この10番4番セットは単独でいるなら日本代表のなかでも機能するが、セットだと最悪なのは言うまでもない。言いたくもない。また同じことの繰り返し、同じ間違いの繰り返し。
後半、当然宇佐美投入となるが、驚いたことに清武を交代させてしまった。この時点で日本代表が逆転する目が消え去ってしまった。
協会の大人の事情はよく分かるが、この10番4番セットをこの先使い続ける限り、ロシアの可能性はゼロだ。元も子もないのだが、サッカー観に乏しい電通さんはわかってないのだろうか?オリンピックほど儲からないからサッカーはどうでもよいのかな。

タイ戦でもこのセットを使うようだと勝ったとしてもお終いだろう。


9c571b12.jpg


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

モヤモヤしたコロンビア戦

リオデジャネイロ五輪

日本2-2コロンビア

cloudy 777


後半コロンビアはヘロヘロになっていたが、日本も相当きつかったと思う。
相手が弱ったときに休んでしまうのが日本人の悪い癖だが、この日はたたみかけていった。
前半から守備がよく、やはり中島が守備に絡むと不安なのだが、そこから破たんすることはなかった。どころか後半、まさに中島らしい心の隙をつくようなシュートで2点目を叩き込んだ。
この暑さの中でセカンドボールが拾えたのは有利だったし、コロンビアにとっては精神的にきつかったのだろう、これが後半のコロンビアのヘロヘロにつながった。

ヘロヘロだったのは選手だけでなく主審もで、スタンドを埋め尽くしたコロンビアサポーターによって多少不利に笛は吹かれた。
浅野の1点目はオフサイド微妙だったので助かったが、南野からの攻撃時ペナルティエリア内のハンドをとってもらえなかったり、その後もミスジャッジが多くなり、もう細かいところはみていられないといった感じで、それを見透かしたコロンビアはファウルでもないのに何度も倒れるといった塩梅だった。ここらへんは日本も見習ってクレバーに戦ってほしい。

これだけ戦えたのは大きな自信と可能性につながるが、これだけ戦っても勝てないのかというネガティブな予感もつきまとう。
藤春や塩谷はこのままでは日本に帰れまい。
このもやもやした感じをスウェーデン戦で吹き払ってもらいたいとこだ。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
検索フォーム
☆PR☆
新着rss
似顔絵
   
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
QRコード
QR
管理
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。