プロフィール

とりあし

Author:とりあし
当blogはリンクフリーです。

コザクラインコ♀のレブン 性格 中国人 尊敬する人 西太后

インコPV
ランキング
キャンプ場
上富良野日の出公園オートキャンプ場
翻訳
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上富良野日の出公園オートキャンプ場

道央 上富良野日の出公園オートキャンプ場

s-130714_173240.jpg
だいぶ前に泊まったことのある上富良野日の出公園オートキャンプ場。
フリーサイトもそこそこ広くてランドリー、トイレもきれいな人気のキャンプ場、丘を登ればラベンダー園だ。
s-P7142511.jpg
s-P7142510.jpg
s-P7142509.jpg
温泉、スーパー、ホームセンターが近くにまとめてあるので便利。
s-130714_180850.jpg
自衛隊員の若者たちも食料調達。
s-130714_180735.jpg





ラベンダーの季節で連休という一年でもっとも混む日に訪れた。
既に車がぎっしりで案内されたのはフリーサイトではなく本来オートのエリア

フリーサイト満員で致し方ない。しかし、隣と隙間なし。


s-P7142503.jpg
夕方で時間ないので、以前買ってすごいおいしかった駅前弁当多田商店で豚サガリ弁当を買う。
ただ買う時間のタイミングが悪かったのか少々待つ。

サガリとはハラミに近い部位で食感も同じだ。
豚のサガリは珍しい。
富良野近辺のスーパーではサガリ肉が味付けのパックが安く売っている。
買ってみたが、多田商店のがおいしい。
しかし多田商店の弁当1位はサガリ弁当ではなく、から揚げ弁当だ。
道民にとってサガリなどという油のほとんどない肉はいまいちなのかもしれない。

ツーリングマップルのピクトでは駅にあるように見えるが、黄色い道路に面したところなのでお間違いなく。

翌日は美瑛、富良野巡り。
もう何度も見ているので適当にまわる。
s-130715_105503.jpg
s-130715_104349.jpg


北星山町営ラベンダー園のリフト
s-130715_132810.jpgs-130715_132934.jpg

食事するとこは何処も並んでいる。
すいていたファーム富田ラベンダーイーストで食事する。景色もよく、のんびりできてよかった。
s-130715_120435.jpg
s-P7152529.jpg


午後はモーターパラグライダーだ!

パラグライダーの後ろに動力が付いているので楽チン。タンデムフライトなのでプロの人が操作するからぶら下がってるだけだ。

携帯で聞き入り口の分かりにくい場所に到着。
田んぼの隣の空き地が離陸場所だ。

パイロットの人と補助の人二人でやっている。

天気はよいのだが風の状態がまるっきりで今日は駄目だろうとのこと。1,2時間待ってもう一度来ることにした。
勧められた新富良野プリンスホテルのセグウェイにチャレンジ。
体重移動だけでコントロールする不思議な乗り物。
高橋大輔に似たインストラクターに先導されゴルフコースみたいなところを走り回る。体力不要なので子供や年配の方もOK。このセグウェイはタイヤのでかいオフロード仕様。
s-P7152543.jpg

この日は気流が悪くモーターパラグライダーは結局のれず。
翌日再チャレンジ。

s-130716_100718.jpg
既にこの状態でスタンバイしている女性が。
なかなか離陸できる風にならない。長時間この体勢で待っている。
係の人もフライトスタンバイ状態だと携帯にも出れない。

s-130716_091423.jpg
一度離陸失敗し、またかなり待ってから離陸成功。
s-130716_101038.jpgs-130716_101913.jpg
100メートル以上上空にいるのに声が聞こえる。

さて今度は自分たちの番だ。
だがやはりよい風にならない。

離陸自体も風によっては相当大変で、とにかく前に向かって足で地面を蹴りまくるのだが、浮力がついた瞬間たいていの人は足を浮かしてしまうので、そこで離陸失敗になりやすい。
後ろの人が足を離してもまだ漕ぎまくるのだ。

エンジン始動、失敗しないように走らねば。
合図とともに足を漕ぎまくる。まったく浮力がつかない。空き地の端から端まで駆け抜けて漸く離陸。やったやった、ほっとした。
すーと進みながら徐々に上昇していく。
なんだか分からないまま高度100メーターを越えていく。方向がさっぱり分からない。
写真と動画を撮らなくてはとシャッターを切る。
s-P7162556.jpgs-P7162557.jpg
s-P7162558.jpgs-P7162559.jpg

下に手を振ろうとしたが、何処だか分からない。説明されるがさっぱり分からない。
なんだか高い気がする。

s-P7162558.jpg
s-P7162561.jpg
s-P7162562.jpg
s-P7162563.jpg
s-P7162565.jpg

上昇気流がすごくあっという間に400メートルを超える。
絶対体験できないような素晴らしい光景が広がるのだが、もうひとつ楽しめないのは先程から気分が悪い。
船酔いするときがあると説明を受けてはいたが、晴れてるし揺れなどたかが知れてるだろうと思っていた。
実際、揺れていたようだがそんなの気づかない。上空で寒いからすこし手が冷えてるのだ、船酔いじゃないんだと思い続けていたが、なんか駄目っぽい。

「もう風の力だけで飛べるので動力を切りますね」
エンジン音が途絶える。
このとき初めて恐怖を感じる。
エンジンが動いているから高くても当たり前だと思っていたが、動力がない、風だけで布切れ一枚に大人二人が400メートル上空でに浮かんでいることを考えるといい感じはしない。

気持ち悪いしもう降りたいなと思っていると、
「そろそろ下降しますね」という神のようなお言葉。

「下降気流が見つからないな、あった、よし下がります」

「ああ、上昇気流がすごいな、また上昇していきますねぇ」
拷問だ。

そしたふらふらになって着地成功。
パニック状態だったためか動画は押すボタンを間違えまったく撮れていなかった。

s-P7162569.jpg
s-P7162580.jpg
s-P7162581.jpg
s-P7162573.jpg
s-P7162577.jpg

風の状態がよくないと飛べないとは聞いていたが、たいがいの人は動力つきなのだからすぐ飛べるだろうと思うに違いない。
しかし、何時間も待って飛べなかったりなんてよくあるので、スケジュールをよく考えて予約したほうがいい。
それにしても超絶体験なのは間違いなく、ジェットコースターなど物足りない若人はぜひ挑戦して欲しい。
s-130716_085251_2013080921573896b.jpg


キャンプ場に戻るとあれほどいたテントが消え去っていた。
s-P7152552.jpg

なんだか疲れたー
s-P7152553.jpg

にほんブログ村 バイクブログ キャンプツーリングへ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト
CATEGORY:旅 温泉 キャンプ

THEME:キャンプ | GENRE:旅行

COMMENT

No title

結構高く飛ぶんですね、めちゃ怖そうです

Re: No title

セグウェイが飛ぶといんですけど…

> 結構高く飛ぶんですね、めちゃ怖そうです

EDIT COMMENT

非公開コメント

検索フォーム
☆PR☆
新着rss
似顔絵
   
QRコード
QR
管理
FC2カウンター