プロフィール

とりあし

Author:とりあし
当blogはリンクフリーです。

コザクラインコ♀のレブン 性格 中国人 尊敬する人 西太后

インコPV
ランキング
キャンプ場
上富良野日の出公園オートキャンプ場
翻訳
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ハリルホジッチ解任

欧州遠征後のメディアのざわつきからこれは解任だなと思ったが、そのとおりとなった。
ただ監督は手倉森だと思っていたが、西野氏だった。

最近の代表の成績は特別悪いものではなかったが、試合内容というか迷走感が酷かった。
選考基準も思いつきのような基準ばかりで、この時期に森岡起用とか意味不明だった。

メディアに揶揄される「縦に速いサッカー」だが、これは日本代表が伝統的に縦に遅いサッカー、つまり世界でも珍しい、弱いのにカウンターすらできないサッカーチームだったからで、ハリルホジッチになってからとうとう普通にカウンターができるチームに成長した。これは大きな成果だった。
代表でカウンターができたチームというのは永井ワントップのロンドン五輪くらいで、フル代表では記憶にない。これでまともな守備さえできれば相当期待が持てるのだが、その守備はサイドバックから崩壊しかかっている。

それでも手倉森監督なら堅守速攻で行くだろうから、なんとか短い時間で立て直してくれるのではとポシティブに捉えていた。しかし、後任の西野氏は「つなぐサッカー」とか言い出している。またたく間に暗雲が広がった。
大丈夫なのだろうか?
一説にはスポンサーの圧力で解任が進められたというが、まさか香川トップ下とかやめてほしい。絶望的だ。
欧州遠征で客席にいた香川をカメラは映していたが、妙に自信満々だったのが不可思議に思えた。杞憂であってほしいが…

マリ戦で大島が見ている者の瞳孔が広がるような活躍をしていたが、あのとき大島が負傷欠場さえしなければ、マリ戦とウクライナ戦で勝利をつかみ、かつての井手口のような賞賛を浴びたろう。
そして日本中のサッカーファンの胸を高鳴らせながら、悠々とハリルホジッチはロシアの土を踏んだのだろう。大島さえ怪我をしなければ。



IMG_20141231_191643.jpg


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト
CATEGORY:サッカー
TAGS:
THEME:サッカー日本代表 | GENRE:スポーツ
検索フォーム
☆PR☆
新着rss
似顔絵
   
QRコード
QR
管理
FC2カウンター