FC2ブログ
プロフィール

とりあし

Author:とりあし
当blogはリンクフリーです。

コザクラインコ♀のレブン 性格 中国人 尊敬する人 西太后

インコPV
ランキング
キャンプ場
上富良野日の出公園オートキャンプ場
翻訳
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

スイッチがついていない日本

3d65d493.jpg



日本1-3ブラジル

前線でプレッシャーをかけてもはぐらかされバックパスを追っかけてるうちに体力を消耗したり、相手陣地深いところまで追い込みまたは攻め込んでも実は罠で、一気にカウンターを食らい失点というのが日本ブラジル戦の以前のイメージだったが、今回のブラジルはそんな誘い込んで殺すという感じではなく、まじめに前線からプレスをかけボールを奪うサッカーだった。
なので、前半の日本は過去の苦い経験から警戒してプレスをかけなかったのかもしれないが失敗だった。

おかしなイライラするビデオ判定でメンタルが狂ったのも事実だろう。生きるか死ぬかの時のビデオ判定なのに、ネイマールが宏樹の顔を叩いたとかどうでもいいことまで長々と時間を費やした。
目は見えている審判だったが、日本の数少ない成功するカウンターのチャンスはブラジルはことごとくファウルで阻止した。サッカーの守備とはまず速攻をさせないことであり、これはまあ強豪国でも当たり前の戦術だが、ファウルのうちいくつかは警告に値するはずだったのに審判はことごとく見逃した。
高額のブラジルの選手たちに何かあっては堪らないので、公式戦でもないし何らかの力が働いたのもしょうがないかもしれない。フランス人の審判は日本と韓国の区別がついていなかったのかもしれない。

前半久保の位置からチャンスのいい匂いがしていた。
簡単にシュートを打たせてくれなくとも久保には鋭いクロスがあるので得点に結びつくかなと思ったが、岡崎のようにニアに飛び込む選手がいない。強豪国相手ではニアにしかチャンスがないことが多い。岡崎がいれば面白かったのだが。
久保より速く裏も取れる浅野を投入したのは考え方としては正しい。
しかし、浅野というのは本当に「持ってない」
死んでも得点させないという相手からゴールを奪うことはもちろん並大抵のことではなく、それこそ「殺すぞ」くらいの強い意志がないと駄目だ、同時に狐のような狡猾さも持たなければなるまい。この二つは日本人が劣るところで韓国人のがはるかに上だ。
浅野はもう代表からはずしてもよいのでは?

得点したとはいえ、槙野の漠然と下がってしまうディフェンスは問題だ。人数は足りてるのにというか、多すぎて誰もキーマンをマークできず得点されるというのが槙野出場時の失点パターン。もっとクレバーになってほしい。

奪ってからの切り替えが驚くほど遅い日本と奪った瞬間全員がラグビーの試合のように猛ダッシュし相手を吹き飛ばしながら攻め込むブラジルとの対比が惨めなほど明らかだった。現代サッカーではまずカウンターをさせないことが第一なので、とにかくファウルでいいから止めろ、さもなくば死あるのみという明確なコンセプトに対し、できれば綺麗にとめたいと問題を先送りし結局ペナルティエリア内でファウルをしてしまう日本では勝ち目がない。技術とかそういう問題以前のことだ。
技術といえば日本選手のトラップが大きかったのが気になった。ボールスピードが速かったりプレッシャーがきつかったりのせいなのだろうが、中盤で井手口、山口がいくらインターセプトしても前に強く出してしまったボールを奪われることが多く、結果的にものの見事なカウンターを喰らうこととなってしまっていた。
二人の奪う力はすばらしいのでここを何とかできれば強豪国相手でも勝てるチームになれる。
井手口は前を向いたネイマールに対してなす術がなく、吉田のようにミスからの失点を取り戻そうという強い意志もなくズタズタのメンタルであったと想像できるが、それでも運動量は豊富で年齢を考えればよい経験をしたといってよい。
ネイマールと井手口とでは隼と人間くらいの差があった。これからこの差を埋めてほしい。
まずはスパイクを選ぶところからはじめて貰いたいのだ。

ところでネイマールがいなくってから全く創造性を失ってしまったブラジルだが、この点については前回ワールドカップから進歩がない。
まあ、所詮ブラジルは守備のチームだからね。ネイマールがいなければ昔のスイスみたいなもんだ。ただネイマールがいると強い。



ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

関連記事
スポンサーサイト
検索フォーム
☆PR☆
新着rss
似顔絵
池上彰
QRコード
QR
管理
FC2カウンター