プロフィール

とりあし

Author:とりあし
当blogはリンクフリーです。

コザクラインコ♀のレブン 性格 中国人 尊敬する人 西太后

インコPV
ランキング
キャンプ場
上富良野日の出公園オートキャンプ場
翻訳
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

井手口ならこれくらいはやるでしょう

ワールドカップアジア最終予選

日本2-0 オーストラリア

Nile Crocodile_thumb[1]


日本陣営はいつになく本気モードだった。オーストラリアの高さを考えると右サイドに本田を使うかなとも思ったが。高さより機動力で勝負ということだったのだろう。
本田はともかく、驚いたことに原口もスタメンではなかった。
原口の代わりは乾だったが、多くのファンが1対1のドリブル勝負やえぐりを期待したがほぼゼロだった。
乾のコンディションは明らかに悪く、ここの博打は完全な失敗だ。攻撃だけでなく乾の守備の遅れポジショニングのまずさは顕著で前半の日本の左サイドはお粗末で危険だった。井手口ではなく柴崎だったら到底守りきれなかったろう。前半早めに乾は原口と交代させるべきだった。ここら辺の判断の遅さが気にかかる。前半左サイドからやられなかったのは運がよかっただけだ。
サウジ戦なら乾はコンディションを上げてくると思うのでぜひ使ってほしい。ハリルは1回使ってポイ捨てするが、もったいない。

長谷部のブンデスリーガでの試合を見る限り、復調はまだまだだなと思えた。
やはりベストコンディションには遠く、あわやというお粗末なプレイがいくつかあったが、長谷部の代わりはいないので使う以外なかったし、使うべきだった。試合後の長谷部の表情を見ても本当に追い込まれてた精神状態だったのだなと思う。とにかく長谷部の代わりはいないのだから。

原口が入ってからの左サイドは当然活気づき、向上した守備力から井手口の得点へと結びついた。
いつもならボールを奪ってもこねくり回して時間をかけてしまいチャンスを失うという場面を何度と見させられてきたが、その犯罪行為を行う2人の選手を勇気を持って外したことが勝利の最大の要因だった。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト
検索フォーム
☆PR☆
新着rss
似顔絵
   
QRコード
QR
管理
FC2カウンター