プロフィール

とりあし

Author:とりあし
当blogはリンクフリーです。

コザクラインコ♀のレブン 性格 中国人 尊敬する人 西太后

インコPV
ランキング
キャンプ場
上富良野日の出公園オートキャンプ場
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
翻訳
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

清武仕様で勝利 オマーン戦


cac13e23.jpg


キリンチャレンジカップ
日本4-0オマーン

日本代表の戦い方で他国と比べて奇異なのは前線で裏を取らないことだ。
これは女子にも言えるが、現代サッカーの最終ライン後ろの広大なスペースを狙う回数があまりにも少ない。
最終ラインと平行してフォワードがボールを待ち受けるシーンはよくあるが、後ろから裏へ駆けあがった選手にパスを出すシーンは少ない。

この日の試合はこれがテーマだった。
裏へ、裏へ。
センターバックが持った瞬間、大迫は走り出していた。
斉藤も同様で深くえぐるシーンもあった。あの本田ですら裏を取っていた。本田がだ。
ただ本田の場合は裏を取った後、敵にボールが奪われた時の戻りが遅く危ういシーンもあった。かといっていつものようにノロノロとされるよりかはましだったが。

これはトップ下が清武ということが大きく関係している。
今、日本人でスルーパスを清武ほど見事に出せる選手はいない。過去にも記憶がないほどうまい。コンビネーションで崩す香川とは違った能力だ。
少なくとも前半は大成功だった。オマーンがいくら5バックにして網を広げても、裏を常に狙われていて、しかも何回も通されてしまっていたのでオマーン代表は手で日本選手のユニフォームや腕を引っ張るのが精いっぱいだった。

もっとも先に触れたように本田の戻りの遅さは気になる。自分が敵チームの監督ならまず第一にここを狙う。カウンターの起点を本田が上がって空いたスペースを使う。
ボランチの一人が必ずここを埋めればよいのかもしれないが、誰かが運動量をさばる分、誰かが負担しなければならないサッカーは負けられない試合ではハイリスクだ。
それ以前に本田は視力がおかしくなったのでは疑りたくなるシーンが何度も見られた。体の切れがとかの問題ではない。急にへたくそになったのは視力のせいでないか。

後半、わずかの時間だけ出てきた原口だが素晴らしい動きだった。
仮に原口が本田の代わりに右SHをやった場合じゃあ左は誰がやるかだが、斎藤はあくまでも点を取りたいときのカードで、スタメンからというのは守備の面で怖い。
そうなるといっそのこと長谷部を右SHもありではないか。ボランチを3人使う形だ。
丸山をまた左SH、右原口もありかもしれない。

この日も失笑せざるを得ないプレイだった高徳が出場濃厚だし、宏樹も相変わらず守備は雑だった。
どうしても勝ちたいのだから右SHをとにかくなんとかせねばなるまい。
サウジ戦は不安いっぱいだ。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト
検索フォーム
☆PR☆
新着rss
似顔絵
   
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
QRコード
QR
管理
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。