プロフィール

とりあし

Author:とりあし
当blogはリンクフリーです。

コザクラインコ♀のレブン 性格 中国人 尊敬する人 西太后

インコPV
ランキング
キャンプ場
上富良野日の出公園オートキャンプ場
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
翻訳
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「本田に裏をとれといってもねぇ…」

W杯アジア最終予選グループB
日本1-1オーストラリア

nekotoorimasu).jpg


「本田に裏をとれといってもねぇ…」
終盤カウンターのチャンスの時。本田の裏へのパスがあっさりオーストラリアDFに取られてしまったシーンで解説者の福西さんが思わずいった言葉だ。

高徳、香川、本田の3人はとても日本代表というレベルではなかった。今更だが。

今日香川でてるの?というのが代表戦での視聴者のルーチンだが、理想的な距離感、展開でないとなにもできないので代表サッカーにはもともと向いてない香川だが、いつもの悪癖である他によいパスコースがあるのにわざわざ時間をかけ本田を探し、パスした挙句無理なパスのため保持できない本田がロストというパターンがなく、さすがに何百時間も同じ間違いをしたから気づいたのかと思ったら終盤、ここ一番ではその悪癖が何回も出て日本のチャンスをつぶすというデジャブだった。
つまり本田だけ出すというのはありでも、この二人をセットで出すのは絶対ダメなのに誰の命令なんだ。
そもそもはなからロストしまくりで、名前をロスト真司に変えたほうがよいのかなと思う。

本田はあと1秒、コンマ5秒早くボールを離せばチャンスが繋がるのにというシーンの連続。デジャブ。
守備的な戦いが予想され、高さフィジカル、キープ力パスセンスといったものを買われワントップとなった本田だが、それが機能したのは1点目の時くらいだった。
カウンターのチャンスは何回もあった。裏を取れない超鈍足の本田を前半のうちから浅野に代えていればもう2点くらいは取れただろう。「疲れもありもっとはやく交替すべきだったのでは」と解説の早野さんの目も怒りで座っていた。

自分の未来を信じ、失敗を恐れずプレーする原口の躍動感はかつての本田そのものだ。この男に任せておけばいい。しかし今の本田は悲しすぎる、地位にしがみつく哀れなサラリーマン。これ以上まだ足を引っ張るつもりなのだろうか。

右SHの小林は消極的過ぎた。巨大なプレッシャーの中で大事に無難には痛いほどわかるが、それでは勝てない。代表向きのメンタリティでない。いい意味での馬鹿さ、はじけたところがないとダメだ。原口にはそれがある。
はっきりしたのは、残り試合は原口頼みだということだ。
左側には才能が控えているので今後は原口右SHにするしかないと思う。

そもそも本田とか香川のために代表選手枠が減るのはもったいない。新たな人材を選んでほしい。勝つ気があるなら。
相変わらず無理につなごうとしてピンチを招く西川デジャブ。
もっといいキーパーいないのかな、柏の中村でいいと思うのだが。


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

関連記事
スポンサーサイト
検索フォーム
☆PR☆
新着rss
似顔絵
   
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
QRコード
QR
管理
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。