プロフィール

とりあし

Author:とりあし
当blogはリンクフリーです。

コザクラインコ♀のレブン 性格 中国人 尊敬する人 西太后

インコPV
ランキング
キャンプ場
上富良野日の出公園オートキャンプ場
翻訳
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

名脇役香川 



ワールドカップアジア最終予選

日本2-0タイ

名脇役が主役になるとドラマがてんでつまらなくなることはよくある。
主役というのはうまい下手以前に求心力がなくてはならず、主役しかできないといったタイプの俳優も多い。


kohiimages.jpg

過去に日本代表で主役となる選手、メディが言う主役ではなく例えばコロンビア代表のハメスのような将軍系の選手がいたかというと記憶にない。

アディダスの10番は典型的な脇役だ。代表では主役を張ろうといつも気張っているのはわかるが、成功したためしはない。ゾーンディフェンスの三角形の中心にすっと入り込み、忍者のようにすっ飛んでいくのが真骨頂なのだが、代表ではやろうとしない。
あくまでも自分がコントロールタワーというつもりなのだろうが、こういう場合ドルトムントでもかみ合わず、負けるか途中交代というのがパターンだ。
問題はアディダスの10番が一向に間違いに気づかず、監督もスタメンに選んでしまうことだ。アディダスのスパイクがあれば、競技場に投げ込みたくなる。いずれにせよあまり良いイメージの企業に感じない。

GKの不安定さは相手国のGKが素晴らしい活躍をするのでいつも際立ってしまう。
ただ西川以外となると現状難しい選択だ。過去20年くらいの日本代表で今がもっともGKのレベルが低いのではないか。こうなったら伸びしろを考え、柏のGK中村が最善なのではないか。

オリンピック世代もそうだったが、SBのレベルの低さが痛い。
宏樹はまだしも、高徳は1試合に2回は想像を絶するミスをするので出すべきではないが、長友がいない以上しょうがない。高徳は右SBで本田とのコンビネーションが良いことぐらいしか長所が浮かばない。スピードはあるが生かせてない。
太田がオランダでどの程度対人能力を上げていることにも期待したいが。
こうなると槙野を選んでいることだし、浦和や広島の3バックでいくのも手ではないか、というかそれしかないぐらい追い詰められているのが日本代表だ。

要するに皆さん同様、勝ったはいいが残りの8試合2位以内はちょっと無理だろうなという不安というか予感に囚われてしまうような試合だった。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト
検索フォーム
☆PR☆
新着rss
似顔絵
   
QRコード
QR
管理
FC2カウンター