プロフィール

とりあし

Author:とりあし
当blogはリンクフリーです。

コザクラインコ♀のレブン 性格 中国人 尊敬する人 西太后

インコPV
ランキング
キャンプ場
上富良野日の出公園オートキャンプ場
翻訳
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

シリア戦。最大の収穫は宇佐美

2016年3月29日
ワールドカップアジア2次予選
日本5-0シリア

マスコミが喜びそうなスコアだが、内容は誉められたものではなかった。
GKを中心とした堅いシリアの守備は最後の一線だけは突破させないという執念の守備だった。サッカー選手である以上ワールドカップに出場することは人生第一の目標であり国民の悲願でもあろう。なんとしてでもという気持ちが伝わってきた。
もしシリアが先に得点していたらどうなっていたか。
日本は相変わらずの決定的ミスを何度か犯したが運よく助かった。相手が南米、欧州のチームならその運もないだろう。

気にかかるのは山口蛍の大怪我で、最終予選に間に合うのだろうか。つくづくついてない選手だが、日本代表の中盤で彼に代わる守備力がいない。遠藤を使うのか。
この日の試合でも八面六臂の活躍をした長谷部、結局いまだに日本代表は攻守にわたって長谷部だのみが抜けきらない。メディアは香川だ本田だと騒ぐだろうが、致命的なミスもあったがやはり長谷部のおかげで勝ったようなものだ。年齢のせいかパフォーマンスが落ちてきているようにみえる長谷部の代わりになる人材を早急に育てなければならない。

収穫もあった。
最大の収穫は宇佐美がサイドアタッカーに目覚めたことだ。
中央付近での点取り屋ならたいした選手ではないが、サイドアタッカーなら世界的なレベルになれる。当ブログでうんざりするほど宇佐美のサイドアタッカーへの特化を書いてきたが、ハリルに説得されたのだろうか。
当然、ハリルホリッジも宇佐美のサイドアタッカーとしての資質を見抜いていただろうから。

最終予選は今の日本代表では厳しい戦いとなるだろうが、宇佐美が救世主となるかもしれない。



ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト
検索フォーム
☆PR☆
新着rss
似顔絵
   
QRコード
QR
管理
FC2カウンター