プロフィール

とりあし

Author:とりあし
当blogはリンクフリーです。

コザクラインコ♀のレブン 性格 中国人 尊敬する人 西太后

インコPV
ランキング
キャンプ場
上富良野日の出公園オートキャンプ場
翻訳
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

なでしこ予選敗退。宇津木がいたら往復ビンタ

2016年3月4日
女子リオデジャネイロ五輪アジア最終予選
日本1-2中国

6583cae8-s.jpg


講演と就職活動に忙しい監督とピッチ上のリーダー不在のため、オーストラリア戦終了後からうすうす皆感じていたことだが、宮間が試合終了後にはっきり言ったように「チーム内がバラバラ」だ。

選手のメンタルケアやテーマまでも与えてくれた澤がいなくなり、同じことを澤と二人でやってきた宮間に重責が集中した。3試合中、宮間にあの世界一のキックは一度も見られなかった。

澤が永久にいなくなるということがチームを不安定にさせることは分かりきっていたことだが佐々木監督にとってはもうどうでもよく、俺だって疲れたよ、休ませてくれといった風情だった。

実況でももちろん、ハーフタイムに澤が怒り狂ったように「寄せが甘い」、つまり日本人病再発だ。この世界でもまれに見る奇病のため男子日本代表も常に苦しむ。叱咤激励しテーマを明確にして、この症状をなんとか抑えるのだが、なでしこの3試合はもはやサッカーではなかった。無論、熊谷や中島のように傷だらけで格闘し喰らいついていた選手もいた。

澤の10番をこれみよがしに 大儀見に与えてしまった手前、調子が悪いのにスタメン落ちにすることができず自分で首を絞めてしまった佐々木監督。
大儀見はというと勘違いしてしまい、堂々と正対して勝負するのがフォワードというオールドな間違った考えに固執してしまった。
裏を狙う、いや狙うふりだけでもいいから続けてくれれば、もっとボールを保持出来たろうが、明らかな誤りを糺す人間が監督を含めていなかった。若手選手の不満は相当なものだったと思う。その風当たりは大儀見は10番といった佐々木監督よりも宮間に当たったに違いない。実に面倒くさい人間関係だ。まあ、男子代表のがひどそうだが。

もし宇津木がいれば声を出し敵にぶつかり、シンプルに皆を引っ張りリーダーシップを発揮し、ミスをした川村と田中を往復ビンタし大儀見をグーで殴り、則夫にまわし蹴りだろう。

後半、横山の1点で日本が攻勢に回ったとき佐々木監督はなんと中島を引っ込め川澄を投入した。
この時点で勝利の可能性はなくなった。唯一不可能を可能にする選手をさげてしまっては。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト
検索フォーム
☆PR☆
新着rss
似顔絵
   
QRコード
QR
管理
FC2カウンター