FC2ブログ
プロフィール

とりあし

Author:とりあし
当blogはリンクフリーです。

コザクラインコ♀のレブン 性格 中国人 尊敬する人 西太后

インコPV
ランキング
キャンプ場
上富良野日の出公園オートキャンプ場
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
翻訳
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

クラブワールドカップ2015 森保監督の2本の弓矢刺さる


クラブワールドカップ2015  3位決定戦

どこで弓を引き矢を射るか。森保監督の采配タイミングが嵌った。

ワイドに揺さぶられていたのは広島のほうだった。
中継点であり要の青山はパウリーニョにしっかりマークされていて、いつもほどのボールタッチの回数はなく、ここが抑えられると機能不全に陥る。他選手のパスもことごとくパウリーニョがパスコース上にいてカットしてしまう。
ドウグラスがいないと駄目だ。いつドウグラスが出てくるのか。皆さんも同様の気持ちで見ていたと思う。コンディションの問題だろうが、森保監督は動かない。
後半途中、満を持してドウグラス投入。広島は勝負をかけにきた。一気に攻勢になる。
それまで青山をマークしていたパウリーニョは的確な判断でドウグラスにぴったりつく。
勝敗がわからなくなってきた矢先、パウリーニョはスコラーリ監督の指示でドウグラスのマークをやめ、攻撃的な位置までポジションを上げてしまった。ハイリスクな布陣の変更だった。
これで行ける!ほとんどの日本人はそう思ったろう。
ミキッチは警戒され、とにかく右足だけは振らせるなという守備で、右足クロスが封じられ左足でクロスを上げるしかない局面が多かった。悪くはなかったが決定的なな形をさほど作れない。
後半さらにミキッチを下げ柏に交代したのは森保監督の見事な采配だった。すでに疲労した広州ディフェンスは柏と1対1となってしまうことが多く、試合の流れからいってもここで1対1なら勝負!だった。そのとおりスピードのある柏は勝負しクロスを上げ決勝点となるクロスを上げた。
限られた駒を見事に使いこなした森保監督の頭脳の勝利だった。


クラブワールドカップ2015 決勝

欧州対南米対決といってもピッチ上の選手たちは南米の選手ばかりでほぼ全員スペイン語を話す。
そのためだろうか。後半に入ると試合は激しいというより情熱的になっていった。
ファウルで倒され苦痛に転げまわる選手、もちろんかすっただけのファウルで痛くもなんともないのだが。
いきり立ち怒鳴りあう。
リーベルプレート選手にとってみれば同じ南米の選手でありながら何倍もの年棒をもらうバルサ選手に対してなにくそという気持ちでいっぱいだろう。負けられない、こいつらにだけは絶対に負けられない。
しかし結局はもらってる額が違うというのが勝敗を決めた。
1点目メッシの得点はトラップミスかなと思ったら、相手をかわす計算づくの動きで両手でつかまれながら左足で流し込んだ。あまりにも高度なプレイだったが、徹底マークにあうスペインリーグではこれぐらいのことを涼しい顔をしてできないと駄目なのだ。
リーベルプレートにはこうした超能力を発揮する選手がいなかった。対してバルサには何人もいた。
驚くべき規律で有機的に動くバルサの組織だが、D・アウヴェスなどよく見ると勝手な動きをすることがあるが、イニエスタが驚異的な運動量で空いたスペースを修復してしまう。人間修正パッチだ。この裏方的な動きをしながらアタッカーの起点にもなる。
スアレスのボールがゴールする前に喜びだすのが見れず残念だった。調子が悪いのかもしれない。2試合で5点取ったけど。


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト
検索フォーム
☆PR☆
新着rss
似顔絵
   
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
QRコード
QR
管理
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。