プロフィール

とりあし

Author:とりあし
当blogはリンクフリーです。

コザクラインコ♀のレブン 性格 中国人 尊敬する人 西太后

インコPV
ランキング
キャンプ場
上富良野日の出公園オートキャンプ場
翻訳
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

レオシルバがいっぱい

2015年12月13日 クラブ・ワールドカップ 準々決勝
マゼンベ0-3広島

やはり連戦からの疲労が感じられた広島。
運動量が低いというよりパスの精度の悪さ、判断ミスの多さに表れていた。
前からガンガン守備をするマゼンベにラインが押し込まれ、サイドに展開するも位置が低いため前に進めず、中央に戻し逆サイドへの展開は読まれていた。読まれているのは構わないのだが、やはり10メートル20メートルと後ろに押し込まれているのが災いし崩せない。カウンターも佐藤に良い形でパスが通らない。佐藤の動きも終始悪く、決定機も外してしまう。

広島の5バックの隙間も突かれ危険な時間が終わらない。

こうなると得点のチャンスといったらCK,FKくらいしかない。そのCKが前半ロスタイムに巡ってきた。
佐々木のニアサイドでの見事なすらしから、のりにのってる塩谷が値千金のゴール。これはあまりにも大きい得点だった。スタジアムは相当盛り上がったろう。

後半に入ればマゼンベも疲れてくるはずで、互角に戦えるだろうから前半0-0なら上出来だったのだが、1点リードで有利に広島は戦えた。
前半は2人以上のマークにあい力を出せなかったミキッチも後半はサイドで1対1の局面になり存分に崩すことができるようになった。結果0-3の大差となったが、押し込まれた前半でも必死に耐えることができたことが広島の勝因といえる。

それにしてもアフリカ系選手のインコ並みの0からのダッシュ力やリーチ以上に届くしなやかな足で、Jリーグではなんなく通るはずのパスがひょいとかっぱわれてしまう。この連続で広島は相当苦しんだ。
絶対届かないはずの位置から足が来てボールを奪ってしまうのはレオシルバのようで、広島は沢山のレオシルバ相手と戦っているようだった。
選手には貴重な経験となったろうが、こういうレオシルバみたいな選手がJリーグにも沢山いればレベルも向上する。Jリーグ各チームはアフリカ系選手を1人以上入れなければいけないルールにしたらどうだろうか。
関連記事
スポンサーサイト
CATEGORY:サッカー

THEME:Jリーグ | GENRE:スポーツ
検索フォーム
☆PR☆
新着rss
似顔絵
   
QRコード
QR
管理
FC2カウンター