プロフィール

とりあし

Author:とりあし
当blogはリンクフリーです。

コザクラインコ♀のレブン 性格 中国人 尊敬する人 西太后

インコPV
ランキング
キャンプ場
上富良野日の出公園オートキャンプ場
翻訳
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

結果は出た。決断するのは監督。

アウェイのカンボジアのスタジアムは大いに盛り上がっていて、試合中に何度もウェイブがおきていた。
Jリーグ創設期に日本代表が一気に強くなり国際試合も熱気に包まれ、試合中幾度となくウェイブが起きた。楽しかった。今はほとんど起きないだろうウェイブ。これから強くなるだろうカンボジアを見てかつての日本を思い出した。
審判も中立的、ラフプレーも少なく観客は友好的でボールや芝の問題を加味してもあまり厳しくない難しくないアウェイだったと思う。難しくしたのはあくまでも選手たちで、明らかに調子の悪い宇佐美や槙野を使い続けることに拘泥したハルホリッジにも原因があろう。
彼らを使うにあったては相当強い風当たりがハルホリッジにあったはずだ。
それでも選手を信じ、くみしやすい相手だし何とか能力を証明してほしいと思ったろうが駄目だった。「何人かの選手には怒りを感じる」といったハルホリッジだが、その何人に遠藤は入っていないと思う。

Jリーグでも不調の宇佐美だが、カンボジア戦でもあのコンパクトな素早いシュートは見られず、こんなに大振りする選手だったろうかというのろまなシュートばかりでことごとくブロックされてしまう。調子の悪いときでも代表戦では結果を出す選手というのは結構いて、それが不調から立ち直るきっかけになったりもするが、宇佐美は見ていて気の毒だ。
宇佐美はサイドアタッカーに特化したほうがいいと当ブログで何度となく書いているが、代表でもそれは要求されているのだろうが中途半端で、本人がサイドアタッカーなんてと思っているうちはどうにもならない。
ホッケンハイム時代宇佐美はサイドアタッカーも任されたが、所詮弱いチームがやるカウンター戦術に過ぎないと考えていた宇佐美はやる気もなくぱっとしなかった。
案外ホッケンハイムの監督は宇佐美のサイドアタッカーとしての資質を見抜いていたのかもしれない。

そもそもサイドアタッカーの少ないJリーグだが、一番にあげられるのは広島のミキッチだ。ミキッチがいるといないとでは雲泥の差の広島だが、抉ったりスピードで振り切ったりするわけではないので地味なサイドアタッカーかもしれない。
華のあるサイドアタッカーといえばFC東京の石川をおいて他にないだろう。スピードを生かして縦横無尽、ミスターダイアゴナルといっていいほど、斜めにロングランニングする。カウンターとなれば、広大なスペースを指差しびゅんびゅん斜めに走り回るが、タッチライン際も速いというか、余計なことをしない。
怪我に悩まされ不遇な選手だが、歴代の日本代表監督がもう少しサイドアタッカーを重要視していれば代表で大活躍していたことだろう。
ハルホリッジはサイドアタッカーを軽視しているのではなく単純に今日本人でよいサイドアタッカーが少ないし、真ん中攻撃大好き選手が代表内部に複数いることも日本のぱっとしないサイド攻撃の原因だろう。
現時点で日本がロシアにいける確立は五分五分といったところだ。今までの考え方でいくならシリア戦も危ない。ばっさりと切るものは切る。でなければ2次予選の意味がない。
ここからはハルホリッジ監督の真価を問う戦いとなっていく。


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト
CATEGORY:サッカー

THEME:サッカー日本代表 | GENRE:スポーツ
検索フォーム
☆PR☆
新着rss
似顔絵
   
QRコード
QR
管理
FC2カウンター