プロフィール

とりあし

Author:とりあし
当blogはリンクフリーです。

コザクラインコ♀のレブン 性格 中国人 尊敬する人 西太后

インコPV
ランキング
キャンプ場
上富良野日の出公園オートキャンプ場
翻訳
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

薄氷の勝利だったかもしれない3-0 シンガポール戦


12237211_1521662568157415_1833671211_n.jpg



2015年11月12日 ワールドカップアジア2次予選
日本3-0シンガポール

敵地とはいえ楽勝と思われていた試合だったが、シンガポールGKのイズワン・マフムドにまたも神がかったセーブを連発された。
それでも前半の日本はすばらしく、清武が前を向いて気持ちいいくらいの速さでボールを捌き崩していく。
中に入りたがる本田もタッチライン際にいるというありえないポジショニングをしていた。
もっとも本田が外に張りたがらない理由がはっきりわかったと思うが、サイドでのプレイはほんとに下手だ。あれほど高い技術を持っているように見えるのにタッチライン際では凡庸な選手だ。
だから本田はボールを持ったとき右SBにガンガン上がってほしいのだが、見え見えで上位のチームと対戦したときに必ず攻略されるポイントだろう。オーバーラップしたSBを使わないで中に切り込みチャンスを潰すという本田の悪癖がまたまた現れるとハルホリッジ監督が激怒し修正させた。ここらへんが以前のイタリア人監督と違うところだ。当たり前の間違いを当たり前に正す。
本田が試合の流れを決定付けた2点目を叩き込んだが、相手DFの足に当たり方向が変わったラッキーなゴールだった。この幸運ががなければ前半は1-0で、シンガポールのパス回しの速さなどからみてまだまだわからない展開だったはずだ。

後半は意図のある動きをしないFWとともに清武が消えてしまったが、自分自身で破壊していくくらいのことをやってほしい。彼に足りないのはそこだ。原口の馬鹿さ加減を見習ってほしい。
ボランチ二人がやたら目立つ後半だったが、長谷部は無論だが柏木の運動量はすばらしい。守備面で不安をもつ選手だが運動量がそれを補ってくれるかもしれない。柏木をボランチで使うなら横に誰を置くかというのが大きな問題だ。長谷部がいつまでもいてくれるわけではないので、じゃあ山口と柏木のWボランチで強豪国の攻撃をしのげるかというと疑問だ。
闘莉王が柏木の視野の広さはJリーグで一番といっていたが、そのとおりだろう。この能力を使わない手はない。今一番代表でみたい選手ではないだろうか。



にほんブログ村 サッカーブログ 日本代表へ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト
CATEGORY:サッカー

THEME:サッカー日本代表 | GENRE:スポーツ
検索フォーム
☆PR☆
新着rss
似顔絵
   
QRコード
QR
管理
FC2カウンター