プロフィール

とりあし

Author:とりあし
当blogはリンクフリーです。

コザクラインコ♀のレブン 性格 中国人 尊敬する人 西太后

インコPV
ランキング
キャンプ場
上富良野日の出公園オートキャンプ場
翻訳
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

イラン戦。日本代表という洞窟の向こうに小さな光が見えてきた。

2015年10月13日
国際親善試合
日本1-1イラン

香川というのは好不調の予想がつかず、試合の序盤でだめな時は最後まで駄目で、シリア戦でもすばらしいラストパスを通したりしたが、全般的にはまずい出来で足を引っ張った。
この日もいるのかいないのかわからず、ああいつものあれかという入りで、今日は駄目みたいだなと思った人は多いと思う。
イランの当たりの強さ、詰めの早さになす術もなく、好調時の相手ディフェンスの網の目に忍者のように現れ、一瞬だけ仕事をして消えるといった動きはまるでなかった。
そもそも香川は代表戦では駄目か、まったく駄目なことのほうが多く、将来を見据えた大事な親善試合でなぜスタメン香川なのか不可思議だったが、サッカー日本代表は近年不可思議だらけなので別に驚くにもあたらない。

本田という選手は明らかに出来が悪くても香川と違って結果を出すことができる。
得点となった武藤へのクロスはすばらしく、シリアのGKと違って能力の高かったイランのGKも目測を誤り武藤のゴールとなった。
それでもいつもどおりの本田の遅さにはイライラさせられっぱなしで、後半ペナルティエリア内での決定機に2タッチ3タッチするボールコントロールの悪さを見せた。信じられないことに利き足に持ち替えようとしたためだが、右サイドの本田は足の遅さだけでなくこうしたプレーの遅さ、判断の遅さが際立つ。
ところが左サイドにいるときの本田は遅くない。速いといってもいいかもしれない。
足の遅さを感じさせないプレースピードがある。本田は左サイドにいると知能指数が30位上がっているように見える。
結局左側でしか出来ない選手なのだ。しかもウイングプレーが出来ないので左といっても中央寄りの左だ。しかし、日本代表に限らずサッカーではこの位置はもっとも才能のある選手がいる位置であることが多く、本田をここに置くわけにはいかない。もし置くとしたら短時間限定だ。
最終予選を見据えて本田はスーパーサブという考え方にシフトしたほうがよい。

控えの清武がアップし始めたとき、これなら試合になるなと後半が楽しみになった。
予想通り清武は香川にないプレーの速さアイデアがあり、守備陣を切り裂けるようになった。清武はまた闘志も見せてく今後に大きな期待を持てた。
何年も前から我が家では最高評価の清武だが、香川の影で冷遇され国際的にも日の目をあまりみてない。才能は香川を上回っているのだから、時代を築きあげてもらいたい。監督しだいだが。
柏木は難しい時間に入ってきたにも関わらず、好プレーに終始した。一瞬空いたスペースをみつけロングパスも正確だった。ロングパスが通らないと前半のように相手のプレスを浴びっぱなしになってしまう。

破壊力という点で清武同様、柏木ももっと見たい。最終予選でみたい。
本田、香川に拘泥しつづけるなら、その先にロシアはない。わかりきったことだが。


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

関連記事
スポンサーサイト
CATEGORY:サッカー

THEME:サッカー日本代表 | GENRE:スポーツ
検索フォーム
☆PR☆
新着rss
似顔絵
   
QRコード
QR
管理
FC2カウンター