プロフィール

とりあし

Author:とりあし
当blogはリンクフリーです。

コザクラインコ♀のレブン 性格 中国人 尊敬する人 西太后

インコPV
ランキング
キャンプ場
上富良野日の出公園オートキャンプ場
翻訳
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

なでしこジャパン、メンタルでオーストラリアをねじ伏せる

2015年6月28日
女子ワールドカップ
日本1-0オーストラリア


s-蕪島c63fa93f



息詰まる試合だった。
幸いにも序盤オーストラリアはガンガン来ることはなく、中盤での攻防を意識した戦いだった。
しかし日本の中盤にはこの日のプレーヤー・オブ・ザ・マッチの宇津木が君臨していた。まったく当たり負けしない、日本の闘志そのものといっていい動きは、4年前の澤を彷彿とさせる。精神的な戦いになれば負けないという誇りは男子日本代表など遠く及ばない

また鮫島、有吉の上下動が凄く、オーストラリアアタッカーの脚をヘロヘロにしてしまった。さらに大野の人間離れした運動量で暑さの中、時間とともに日本を有利にしていく。

だが点が取れない。良くなってくるのだが点が入らない。観ているほうが苦しくなっていく。
フルマラソンの最後数キロというような攻防の中で、佐々木監督は止めを刺しにいく。つまり岩淵投入。
大野が走りまわったおかげでオーストラリアのDFに隙が出来ていた。あきらかに活性化する日本攻撃陣
そして後半42分にCKのこぼれ玉をその岩淵が決勝弾。
暑さの中、延長にならなかったのは準決勝戦に向けて本当によかった。


SB有吉は実に落ち着いていて素晴らしい。鮫島も素晴らしいが、より得点の匂いのするのは有吉。また決めて欲しいのだ。


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト
CATEGORY:サッカー

THEME:なでしこジャパン | GENRE:スポーツ
検索フォーム
☆PR☆
新着rss
似顔絵
   
QRコード
QR
管理
FC2カウンター