プロフィール

とりあし

Author:とりあし
当blogはリンクフリーです。

コザクラインコ♀のレブン 性格 中国人 尊敬する人 西太后

インコPV
ランキング
キャンプ場
上富良野日の出公園オートキャンプ場
翻訳
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

シンガポールGK活躍!

2015年6月16日
W杯アジア2次予選 日本0-0シンガポール
s-1c04abd2.jpg



タフさより巧みさ軽快さを感じさせるに日本代表のスタメン。
太田が出場しているので本田以外の左足FKが見られる、即ち得点のチャンスが高いということで期待が持てた。

ハリルホリッジが日本は直接FKがほとんどまったく決まらないと言ったのに対し本田が、
「責任を感じる」といっていたが、自分が外しまくっていたことに責任を感じているのだろうか?
問題はそこではなく、他の選手が蹴ろうとしないことだと思うのだが。

つまり、本田が欧州クラブで他人が蹴るはずのFKを大変な苦労して奪ってきたが、他の日本代表選手は「圭祐君が蹴るっていうなら…」と誰もFKを奪おうとしなかった、本田が俊介からFKを奪おうとしたような強い態度を誰もとれなかった、そこが日本代表の問題であることを本田も含めて選手たちは理解していたのだろうか。

メンタリティ、精神論を上から目線で得意げに馬鹿にする人、サッカー評論家などがいるが、日本人のひ弱さというのはやはり独特なもので、そこを代表の監督は理解しなければならないと思う。
緩慢なプレイをする本田を代表から外せないのはキリンのせいばかりではないのだ。

本田はザック時代よりかは球離れがよくなったが、やはり他の選手と比べ無意味に持ちすぎ、速く出せばチャンスだったのにというシーンがデジャブのように続く。
本田の球離れが良ければ勝てたとは言わないが少なくとも、あと5回は多くチャンスがあっただろう。

ダイレクトプレイが真骨頂の岡崎がゴール前でトラップする。
ここらへんに今日の日本代表選手たちの考えの甘さが見て取れる。シンガポールの必死さと温度差がありありだ。
それでもきれいに畳み掛ける日本代表。しかし、GKイズワンが落ち着いている。
シンガポールDFはここぞというときに速く間合いを詰め、日本に決定的な形を作らせない。

それでも前半だいぶ経って太田にパスが回るようになってから日本代表の攻撃が活気づきスペクタクルな試合となってくる。

後半、解説の松木さんがいうように縦パスは読まれてるのでサイドから行くべきだったが、右サイドの本田、酒井宏樹は効果的でなく、これならコンビの長い酒井高徳とのが良かった。
酒井宏樹はいつものような凡ミスがないなと思っていたら、終了間際の大事な時間に立て続けにミスを犯した。

俺はサイドアタッカーなんかではないと、宇佐美は思っているかもしれないが、この日のシンガポールのような素早いチェックに対しても宇佐美の驚異的な足の振りの速さだとクロスを上げられる。拘りを捨てないと将来本田のようになってしまう。
ドリブルもマリノス齋藤学のような真横の動きも入れて欲しい。

さほど実力差のない相手に執念を持って守られれば、こんなものだろう。
シンガポールはタレントがいるというわけではないが本当に詰めがよく、楽しみにしていた太田のクロスもDFの足に引っかかることが多かった。
GKをはじめとするこの冷静な闘志を持つチームはJリーグであれば優勝できるくらいの力はあるのでなないか。
シンガポールは気持ちの良いサッカーをした。
これで日本は良い心構えで今後の予選を望めるのでは。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト
CATEGORY:サッカー

THEME:サッカー日本代表 | GENRE:スポーツ
検索フォーム
☆PR☆
新着rss
似顔絵
   
QRコード
QR
管理
FC2カウンター