プロフィール

とりあし

Author:とりあし
当blogはリンクフリーです。

コザクラインコ♀のレブン 性格 中国人 尊敬する人 西太后

インコPV
ランキング
キャンプ場
上富良野日の出公園オートキャンプ場
翻訳
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

なでしこ川澄の絶不調。

2015年6月12日
女子ワールドカップ
日本2-1カメルーン


安藤が離脱、岩淵も怪我を抱える中、大きな期待がかかるのが、前回大会で大活躍した川澄。
この日は得点のアシストはしたものの、動きは明らかに悪く、ミスパスで何度も日本のチャンスを潰していた。守ってもいるだけという守備なので負担が他の選手に回ってくる。
はっきりいって日本の穴だ。それほど不調だ。佐々木監督は我慢して後半まで使ったが、本当は前半で代えたかったろう。交替時の川澄の表情から本人が一番分かっているようだったが。

対して絶好調は宇津木。
警戒しなければならないカメルーンのエース、エンガナムットも宇津木のサイドで攻めてくるときは1対1で負けないので怖くなかった。
攻めてもよいパスを連発し、日本のリズムを作っていた。
しかし、前半2点取った後、宇津木の最終ラインでの不用意なバックパスで致命的なピンチを招いた。ここらへんから日本のミスパスが増えてくる。攻撃のリズムがなくなってくる。それは試合終了まで続く。よく勝てたといえよう。

カウンターになっても大儀見がポストプレイに拘り裏を取ろうとせず、ボールが奪われ再攻撃されるというシーンが多かった。安藤が横にいるなら大儀見も今のままのプレイでもよいのだが。時には積極的に裏を狙わなければ局面を打開できない。

人工芝はボールが止まってしまうので、ショートパスの連続はよくないというのは分かっていたとは思うが、天然芝なら通っていたパスも転がらず獲られるというシーンが何度も続く。2試合目なのだから対応して欲しかった。
またロングパスの最初のバウンドが真上に弾むイメージで止まるので、ロングフィードは有利だ。しかし、ロングパスをほとんど使わない日本。ここらへんも修正が必要だ。
幸い次の相手は確実の勝てるエクアドルなので、選手を休ませることも必要だが、試合の中でいろいろ修正していくことも大事だろう。
佐々木監督がぽろっと「これが実力」と失点した日本代表を評したが、4年前より数段弱いチームであることは事実だ。現実を受け止めどう戦っていくのか。

ここは絶好調の宇津木をいかにうまく使うかではないだろうか。サイドだけで使うのはもったいない、後半やったように真ん中でプレイさせた方がよい。
攻撃でもなるべく宇津木に触らせればリズムがよくなる。宇津木に150パーセントの力を発揮してもらい、勝って行くしかないのでは。


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト
CATEGORY:サッカー

THEME:サッカー日本代表 | GENRE:スポーツ
検索フォーム
☆PR☆
新着rss
似顔絵
   
QRコード
QR
管理
FC2カウンター