プロフィール

とりあし

Author:とりあし
当blogはリンクフリーです。

コザクラインコ♀のレブン 性格 中国人 尊敬する人 西太后

インコPV
ランキング
キャンプ場
上富良野日の出公園オートキャンプ場
翻訳
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ガンバの才能に山形屈す

images (7)



ガンバ大阪が天皇杯優勝した。
最強ツートップがシンプルに機能し、山形ディフェンスを力ずくで破壊した。
山形はよく走り、ボールを奪い主導権を奪う時間も長かったが、才能に屈した形だった。

宇佐美は長い距離からも打てるので、スペースが開いてくる時間帯には厄介だ。
宇佐美を始めて見たとき、ディフェンダーを前にしてもシュートが打てる足の振りの速さに驚愕した。ハンドボールみたいだ。防げない。
Jリーグでもっとも速い足の振りだろう。大久保も結構速いが。

そうしてみると、得点するにはキックモーションが速いほうが絶対有利ということだ。
山形にあった何回かのきわどいチャンスも、もし宇佐美だったら得点していただろうと思うシーンが何度かあった。

とはいえ、宇佐美は自分の得意な形に拘るため、しっかり守られてしまうと何もできないことも多い。
裏へ抜ける動きができ、守備もできればもうJリーグにいる選手ではないのだが。

自分の理想的な環境に持っていって力を存分に発揮する。
サッカーに限らず大事なことでプロなら当然だが、サッカーは相手のいる戦いなので、それがうまくいかないときどうするかが解決できないと期待だけの選手に終わるだろう。

自分がもし代表監督で、宇佐美と原口、どちらかしか選べないとなったら原口を選ぶだろう。宇佐美はできることが少なすぎる。今のままでは負けているときに出す攻撃的な選手程度の評価でしかない。

代表では自分の形に拘泥する選手は他にもいるが、チーム作りの足を引っ張ることに本人たちは気づいていない。チームワークの概念がもともと欠けている日本人の特徴のひとつだ。


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト
検索フォーム
☆PR☆
新着rss
似顔絵
   
QRコード
QR
管理
FC2カウンター