プロフィール

とりあし

Author:とりあし
当blogはリンクフリーです。

コザクラインコ♀のレブン 性格 中国人 尊敬する人 西太后

インコPV
ランキング
キャンプ場
上富良野日の出公園オートキャンプ場
翻訳
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC東京 中盤をレオシルバに奪われ新潟に敗戦 ほんとは0-3



2014年11月22日
FC東京1-3アルビレックス新潟




よかったはずのFC東京ディフェンスが最近ぱっとしない。
浦和戦あたりから攻略されてきて、弱点が他のJリーグチームに暴かれてきてしまっていて対処できていないように見える。
サイドの深いところまでやすやすと侵入できてしまう東京ディフェンス。そこからははじき返すというスタンスだが、危なっかしい。
日本代表同様の弱点、4-1-2-3の中盤のスペースを新潟に使われる。これは高橋が問題というより、やはりリードの切れた犬、米本の走り回りすぎに問題があると思う。
米本は本能でボールを追ってしまうし、ボールを奪って即カウンターでいい形になることも多いのでやめようとしない。高橋の負担が増大する。
完全に中盤を制された東京は途中3バックに変更し対処したが、それが仇となりオフサイドとりそこねて失点してしまう。
河野の1点も本当はプッシングの反則なので実質0-3の敗戦だ。

レオシルバがいるからこそ成り立つチームだが、新潟は強い。もっとも規律があるチームだ。
選手はレオシルバの位置を把握してればよい。必ずボールをもらえる角度に来てくれる。リターンを簡単に受けてくれる。だからパニックになることなく規律ある行動ができる。

布陣の弱点を攻略されたときにどうするか、何ができるかが強いチームになるかならないかの違いとなる。まだまだフィッカデンティ監督の仕事は楽になりそうもない。ひとつ上のディフェンスを見せてほしい。

武藤は序盤に足を痛めたこともあるが、大田同様動きにキレがなく精彩を欠いた。
珍しく何度かシミュレーションもしていた。
見た目同様フェアプレイ精神に溢れるが、今後反則で狙われることは多くなるのだから、フェアプレイだけでは選手生命を失いかねない。
ペレだって悪質な反則には、強烈なお返しをした。自分を守るためだ。



にほんブログ村 サッカーブログ FC東京へ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト
CATEGORY:サッカー

THEME:サッカー | GENRE:スポーツ
検索フォーム
☆PR☆
新着rss
似顔絵
   
QRコード
QR
管理
FC2カウンター