プロフィール

とりあし

Author:とりあし
当blogはリンクフリーです。

コザクラインコ♀のレブン 性格 中国人 尊敬する人 西太后

インコPV
ランキング
キャンプ場
上富良野日の出公園オートキャンプ場
翻訳
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

▽→△ 遺産4-2-3-1で豪州を圧倒

2014年11月18日
キリンチャレンジ杯
日本2-1オーストラリア

imakang).jpg



アギーレが細かく守備練習したはずだが、前半オーストラリアに圧倒的に攻め込まれる。
日本のスカスカの中盤を狙われ侵入するオーストラリアを止められない。
簡単に前を向いて攻めあがるので当たることは難しくずるずる下がるのもいたし方がなかった。サイドに散らされたときも人数が足らず追い込めないので奥まで侵入を許す。いつ失点してもおかしくない状況だった。

スカスカ中盤を走りまわされる長谷部がへとへととなっていく。
一方、日本は一旦中継する中盤で前を向いてボールを受けられない。次のパスもミスパスとなってしまう。最終ラインからのビルドアップも経由する中盤にラインを築かれて狙われてしまう。
これはなでしこも含めて、海外チームが日本対策としてよくやる手だ。
これを打開できなくては未来はない。なでしこは打開しているように思う。

苦し紛れのロングボールもチャンスにならず、オーストラリアはさらにリズミカルに楽しそうにサッカーをしだすが、前半30分あたりに日本が中盤をダブルボランチ、おなじみ4-2-3-1にシステム変更。中盤で奪われることが少なくなり一気にパスが繋がりはじめる。前線のプレスが効きだし、いるのかいないのかわからなかった香川が輝きだす!
こうしたシステム変更をベンチの指示からではなく、ある程度選手間だけで試合中にできなければならない。ブラジルが相手ならなら前半で3点もぎ取られただろう。

後半は日本人にとって楽しい試合になったが、オーストラリアの戦術に幅がないことが幸いした。
日本のサイドへ追い込む守備などまるでできていなかったし、単純なロングボールを蹴られると脆いのはあまり改善されていない。キリンがスポンサーなのでしょうがないのだが、本田の改善されないスタミナ不足。本田の燃料切れがなければケーヒルの得点も防げたかもしれない。真剣勝負のときは本田を使うのなら90分という単位では考えないほうがいい、それは昔から思っていることだが。

川島は好プレーが光っただけにキックの不正確さが残念だ。アジアカップのGKは誰になるかわからない。

左SB太田の守備力は徐々に安定してきた。強豪国とやったらやられてしまうだろうなというレベルだが、代表経験をもっとつめばものになると信じたい、何しろ太田のクロスは大きな武器だ。
太田の最大の武器は「みなぎる自信」だろう。前任者の長友もそうだったが、お前自分が思ってるほどすごい選手じゃないぞ大丈夫かこいつ、と思っているうちにインテルでレギュラーをはりスクデッドまでいってしまった。根拠のない自信ほど不動なものはないと岩井志麻子がいっていたが、飛躍する人間には必要なことかもしれない。
「アジアカップで俺のFK決まっちゃんだろうなあ」と今から思っているに違いない。

森重も守備力で言えばJリーグで同レベルの選手はいくらでもいるのだが、やはり攻撃センスは抜群だ。Pエリア内ですばらしいドリブルでえぐり岡崎のヒールシュートに結びついた。そうするとやはり、CBではなく一つ前のポジションでこそ生きるのではと思ってしまうが、塩谷の攻撃センスもすばらしいし、いろいろ思いをめぐらせると結局ペトロビッチの3バックが浮かんでくる。これは代表にあうのではないか。

最近の香川は一発のロングパスで崩す場面が多い。これも大きな武器だ。サイドに人数が偏るサッカーで逆サイドへ展開できる技術はすばらしい。
結局日本代表は中盤をどう制するか、それはつまり香川をどう生かすかということにも繋がり、今後のテーマが明確となった試合だった。
香川をどう生かすかというテーマで本田という要素は余計で、テーマを崩してしまう。
ここはやはり本田は外してチーム編成を考えるべきだと思う。どれほどすばらしい技術、センスがあろうと90分走りきれない選手なのだから。


にほんブログ村 サッカーブログ 日本代表へ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト
CATEGORY:サッカー

THEME:サッカー日本代表 | GENRE:スポーツ
検索フォーム
☆PR☆
新着rss
似顔絵
   
QRコード
QR
管理
FC2カウンター