FC2ブログ
プロフィール

とりあし

Author:とりあし
当blogはリンクフリーです。

コザクラインコ♀のレブン 性格 中国人 尊敬する人 西太后

インコPV
ランキング
キャンプ場
上富良野日の出公園オートキャンプ場
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
翻訳
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

なでしこ鮫島復活弾


2014年10月28日
日本3-2カナダ (バンクーバー)


永里、大儀見のファンタスティックなゴールで2得点。
共に難易度の高いダイレクトシュートで、世界ランキング3位の実力を見せ付けたゴールだった。
しかし、後半ロスタイムに同点に追いつかれるも、試合終了直前、前線にいた鮫島が猛然とカナダDFに襲い掛かり、独走ドルブルで鮮やかなゴール。




高く上げたカナダの最終ライン。パスを受けたDFが球の出しどころがなくなるのを素早く見抜いた鮫島は離れた中央付近にいたにもかかわらず猛ダッシュし、あわてたカナダ選手に猛チャージを浴びせ簡単にボールを奪うとゴールまで一直線。落ち着いて左足でゴール左隅へ流し込んだ。

2年近く怪我に悩まされ満足にプレイできなかった鮫島だが、これで本大会出場へ向けて大きな前進をした。代表選出は間違いないだろう。
誰も鮫島の抜けた左SBを埋めることができなかった。ここはなでしこジャパンの大きな弱点だったが、これでワールドカップ連覇への可能性が出てきた。

この日は第1戦のように高い最終ラインではなかった。
これは岩清水の速力に問題があることなのかもしれないが、岩清水は例によって素晴らしい洞察力で安定した守備だった。

いずれにせよ人工芝の問題点を体験できたのは大きかった。
ロシアにも人工芝サッカー場があるということなので、FIFAは先を見越してまず女子で人工芝を試してみようということなのだろう。
維持費や天候に左右されないとかより、もっと商業的な、例えば将来的には人工芝上に広告を出現させたり消したりなんてスケベ根性があるのだろう。
守銭奴の没落貴族たちのために選手の身体が犠牲となるのはむかつく。



にほんブログ村 サッカーブログ FC東京へ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト
検索フォーム
☆PR☆
新着rss
似顔絵
   
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
QRコード
QR
管理
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。