プロフィール

とりあし

Author:とりあし
当blogはリンクフリーです。

コザクラインコ♀のレブン 性格 中国人 尊敬する人 西太后

インコPV
ランキング
キャンプ場
上富良野日の出公園オートキャンプ場
翻訳
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

勝っても代表組に不安増大。

2014年5月17日
FC東京3-0ガンバ大阪
s-IMG_20140517_180042.jpg

試合開始前。なぜかサンバ。ブラジル万歳。
s-IMG_20140517_174922.jpg

腸内環境を整え活性化する東を外し、三田が中盤。トップは久々のエドゥー。
この布陣では点が取れなく、中盤が薄くなったところを攻められて負けるといういつものパターンが頭に浮かんだ。

しかし三田はいつものいい加減な守備ではなく、周囲を常に見回しきっちりとポジショニングしマークを外さない。抜かれそうになっても粘っこく守る。
武藤にしてもトラップがちょっとずれただけで簡単にボールを奪われたりというのが多かったが、この日は少なかった。武藤も粘っこくなった。気のせいか走ってるときの重心も低く見える。
三田にしても武藤にしても、学生からプロになってトレーニングが変わり、ようやく身体がプロ仕様になってきたのだろうか。へなへなしなくなってきた。

開始1分たたないうちにエドゥーが得点。さらに2分後、武藤が得点。ビール飲んでる暇も無かった。
エドゥーは決して周りとかみ合ってはいなかったが、抜群のシュート力で後半も鮮やかなミドルを決めた。
代表選考に漏れ、吹っ切れたのか高橋もしっかりとしたプレイに終始した。それにしても河野の運動量はすばらしい。
s-IMG_20140517_180513.jpg


s-IMG_20140517_180518.jpg

3点取ってしまえば、守備はJリーグ屈指のFC東京。
ガンバは目指すポゼッションすらおぼつかない。
なにしろ頼みのつてのボランチ今野が絶不調。
横の人はあい変わらず、後ろに引っ込んで指揮官気取り。河野の運動量の半分もない遠藤。
クレバーに運動量の低い柴崎とは違って、こわがってさぼって引っ込んでるだけ。
バイエルン並みの高い最終ラインもボールポゼッションができなければ、ハイリスクローリターン。
バイエルンとの決定的な違いは逆サイドへのロングパスがないこと。遠藤がロングパスを得意としないので、はなっから逆サイドなんかみない。フリーの選手がいるのに。なのでサイドに追い詰められパスカットされカウンターを食らう。
これは代表の遠藤でもよくみられる欠陥システム。日本とあたる外国チームがとっくに知っている弱点。

ガンバはこのお粗末な日本代表二人のせいで負けたといっても過言ではない。降格の可能性80%。
FC東京は相手が弱すぎて勝っただけで、まだまだ安心はできない。

今野の絶不調は、日本代表にとって大きな不安点だ。
かといってセンターバックに森重を使うのはちょっとスリリングすぎる。センターバックもできるミッドフィルダーが代表にいない。やはり森重でいくしかないのか。
大久保を入れるなら香川を外すくらいのことをしてほしい。
細貝も高橋も外して、大久保を選ぶってホント気が狂ってる。
これではサムライブルーではなく特攻隊ブルーだ。
FC東京が勝ってうれしいというより、ワールドカップへの不安がさらに大きくなった試合だった。大きな欠陥を抱えているのがわかっていながら出航する日本代表。
セウォル号のように…


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト
CATEGORY:サッカー

THEME:サッカー | GENRE:スポーツ
検索フォーム
☆PR☆
新着rss
似顔絵
   
QRコード
QR
管理
FC2カウンター