プロフィール

とりあし

Author:とりあし
当blogはリンクフリーです。

コザクラインコ♀のレブン 性格 中国人 尊敬する人 西太后

インコPV
ランキング
キャンプ場
上富良野日の出公園オートキャンプ場
翻訳
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

J2も見えてきた。FC東京敗戦。

2014年5月6日
FC東京0-1大宮アルディージャ


よくわからないが高橋が悪いと思う。


もっと上位にいけると以前のブログで書いたが、今日の試合を見るとそれはないなといいいたくなる。
FWは鈍足の二人と武藤。攻撃時、この3人がフラット気味になっていた。
武藤は少し後ろから追い越す動きをして、俊足を生かしたかったところだったが、裏を取りたい武藤は最終ラインに近づきすぎ、大宮にとっては守りやすい攻撃陣になってしまった。
平山、渡邉千真も密集で何とかするテクニックはない。遅いし。
大宮は人数を掛けた守備ブロックを形成し、最後のところでは絶対守りきっていた。テーマがはっきりしたサッカーだったが、速攻はぱっとせず。

わざと外してんだろ、といいたくなる東のお約束のシュートもあった。
いずれにせよこのFW3枚の布陣は明らかにまずく、平山か渡邉千真をかえるべきで、後半、千真に替え河野投入で、徐々にチャンスを作り始めた。しかし得点できない。
交替出場のエドゥーがゴール前ワントラップしシュートを放つも大きく逸れる。セレッソのフォルランだったら絶対ダイレクトで打っただろう。もらってる年棒が違うといえばそれまでだが。

ロスタイム、FC東京CB二人の気の緩んだプレイで大宮長谷川に決められる。大宮の我慢の守備が実を結んだ。
2点、3点取られたわけではなく、仕方ない。
問題は得点できないことだ。
中盤から作れないことだ。
太田のクロスとフリーキックだけが得点の匂いのするプレイだった。

平山は奥さんが立派な人なのだろうか、最近こきたない反則が少なくなった。

長谷川決勝ゴール





fctokyosenshuetc.jpg




ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト
CATEGORY:サッカー

THEME:サッカー | GENRE:スポーツ
検索フォーム
☆PR☆
新着rss
似顔絵
   
QRコード
QR
管理
FC2カウンター