プロフィール

とりあし

Author:とりあし
当blogはリンクフリーです。

コザクラインコ♀のレブン 性格 中国人 尊敬する人 西太后

インコPV
ランキング
キャンプ場
上富良野日の出公園オートキャンプ場
翻訳
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ポロトの森キャンプ場はよいね!

道央 白老郡 ポロトの森キャンプ場
ツーリングマップル9頁

キャンプツーリングをしてると期待していなかったキャンプ場が意外とよかったりする。
ここもそんなキャンプ場。
s-P7192713.jpg

ポロト湖の奥にある施設。バンガローもあり。
まずは管理棟で受付を済ませ、
設営のときだけ場内に車で入り荷物を降ろし駐車場へ戻る。もたもたしてると後から車が来て通れなくなるのですばやく荷物だけ降ろす。
出入りするとき以外は搬入路出入り口のチェーンをかけること。
駐車場から徒歩5分くらいで戻る。バンガローのある小道を抜ける。
s-SBSH0074.jpg

最低限の施設のみのこぎれいな場内。直火禁止だが管理棟でブロックを借りればその上で焚き火可能。

s-SBSH0067.jpg

卓は少ない。
s-SBSH0070.jpg

s-P7202719.jpg
s-P7202718.jpg
s-P7202717.jpg

設営後、近くのポロト温泉へ車で行く。
湖岸の道路は歩道がコンクリートでしっかり守られている。歩く人への配慮があってとてもよい。管理する自治体がしっかりしてるのだろう。薄暗い中、車で走るほうも安心だ。
s-P7192710.jpg
s-SBSH0065.jpg

地元の公共の温泉。
温泉に入ってびっくり。コーヒー色だ、おやモール温泉じゃないか。
十勝地方にしかモール温泉はないのだと思っていたが、ここら辺一帯はモール温泉が湧き出るのだという。知らなかった。

s-SBSH0066.jpg
ポロト湖の日が暮れる。


世界的に希少なモール温泉。十勝では貴重な資源の枯渇を恐れすべてのモール温泉は循環湯と決められている。
しかしここではかけ流しだ。モールのかけ流し。なんと贅沢。
お風呂屋さんのご主人に聞くと他の立ち寄り湯もモールかけ流しだそうだ。
ここいらは北海道でも温暖で唯一冬でも雪が積もらない地域らしい。
苫小牧は結構発展してるしいろいろ便利で、北海道のリタイアした人たちがここに住み着くことが多いのだという。
王子製紙関連の建物が多く、景気のいいころは王子製紙の城下町といったところだったのだろう。だが、巨大な王子製紙のホテルが廃屋になっていたりとバブル崩壊の傷跡も残っている。
s-SBSH0086.jpg



温泉の先の幹線道路に面したところにスーパー、コインランドリーあり。抜群のロケーション。
porotolaundry.jpg


苫小牧方面に行くとある回転すしがお勧め。
s-P7202740.jpg


キャンプ場の裏手には小さくてきれいな小川が。これなら幼児でも安心だ。
季節には蛍が飛ぶという。
s-P7202727.jpgs-SBSH0080.jpgs-P7202726.jpg

また北海道にもう一度行きたいキャンプ場が増えた。今度は周りの自然路を散策したい。


車で途中見かけた真っ黒に日焼けしたアジア人3人組の自転車チャリダーたちが、キャンプ場にいた。男2人女1人で楽しそうだ。
聞くと香港人だという。外国で自転車ツーリングなんてすごいおしゃれだ。いわゆる中国本土の中国人ではまだ思いつかない楽しみ方だ。
porptptyari.jpg

彼らは、同じ「中国人」とひとくくりにされるのは嫌に違いない。キャンプ場の共同炊事場に家庭用の食器棚を持ち込み終夜宴会する中国人とは品も立ち振る舞いもぜんぜん違う。
中国人にいちばん迷惑してるのはまともな中国人かもしれない。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト
CATEGORY:旅 温泉 キャンプ

THEME:雑記 | GENRE:日記

COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント

検索フォーム
☆PR☆
新着rss
似顔絵
   
QRコード
QR
管理
FC2カウンター