プロフィール

とりあし

Author:とりあし
当blogはリンクフリーです。

コザクラインコ♀のレブン 性格 中国人 尊敬する人 西太后

インコPV
ランキング
キャンプ場
上富良野日の出公園オートキャンプ場
翻訳
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

天皇杯 横浜Fマリノス優勝 一番喜んだのは樋口監督では

2014年1月1日 天皇杯決勝
横浜Fマリノス2-0サンフレッチェ広島

前夜のボクシングのようなスリリングな試合となった。
勝ちたいという気持ちは当然マリノスのほうが強い。しかしフォワードがいない。藤田が出場停止のため端戸がワントップ。でも藤田ワントップよりこの方がよほどよい。この時点でマリノスは運があった。藤田がいれば樋口監督は盲目的にワントップとして使ったに決まってるから。

元旦なのでなかなか満員にならない天皇杯。でも最後の国立ということで今日は観客でびっしり。
リーグ1位2位対決、選手が燃えないはずはない。
テレビの解説どおり、広島の自慢の守備ラインがやや低い。中盤で自由に回させサイドに追い込む。延長戦を戦った疲労を考え前半は飛ばさない広島の作戦だ。事実広島の守備はうまくいっていた。サイドに追い詰めると蟻のようにたかりボールを奪う。
計算外はマリノス小林の執拗なドリブル。
ドリブル突破が効いてるなと小林自身感じたのだろう。17分小林の右サイドの強引な突破から苦し紛れにダイレクトでつないだパスが斉藤学の足元へ。迷いもなく振りぬいた球は地を這いゴール。ファンタスティック!
さらに21分。マリノスコーナーキック。ゴールライン上にいた中町が突然戻りヘッド、こぼれ球をすでに突進していた中沢が風圧をものともせず鮮やかなヘッド決まる。バリエーションあるマリノスのサインプレーだった。

できすぎのマリノスに対し、広島はバックラインをあげ速い攻撃をしかける。ペナルティエリア内でラストパスが通る決定機が何度もあったが、神のご加護か思いの強さか、ゴールにならない。
広島は右サイドを駆け上がるミキッチにパスを渡さず逡巡するうちに球を奪われるというパターンが多かった。終盤に入り左サイドで清水が上がるようになると右サイドのミキッチにもシンプルなパスがすいすい通るようになる。
なんといっても広島はミキッチだ。ミキッチを経由すれば、ミキッチがリターンをもらえば必ず何かが起こる。
広島の決定的シーンがおきるたびに歓声と悲鳴が国立のすり鉢にこだまする。あと数センチが届かない広島。
強いときのマリノスの守備力を見せつけられた試合だった。

ほぼ100%手中にしたリーグ優勝を逃し、ここでも2位だったら樋口監督の居場所はもうない。「ああこれで安心して正月が迎えられるな」という安堵の表情が印象的だった。

higuti002.jpg






にほんブログ村 サッカーブログ 日本代表へ
にほんブログ村

似顔絵 マリノス樋口監督



関連記事
スポンサーサイト
CATEGORY:サッカー
TAGS:
THEME:サッカー | GENRE:スポーツ

COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント

検索フォーム
☆PR☆
新着rss
似顔絵
   
QRコード
QR
管理
FC2カウンター