プロフィール

とりあし

Author:とりあし
当blogはリンクフリーです。

コザクラインコ♀のレブン 性格 中国人 尊敬する人 西太后

インコPV
ランキング
キャンプ場
上富良野日の出公園オートキャンプ場
翻訳
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

お粗末でした

リズムを作りバランスを取る。小林は献身的に動き回り驚異的なボールタッチの多さで、日本代表の血液循環を健康的なものにした。
横には同じく献身的に走り回りバランスを保ってくれる善玉菌、倉田がいた。
前半の代表は良かった。左サイドの攻撃は圧倒的で何度もハイチを脅かし得点に結びつけた。とはいえ乾は期待ほどのアタックは見せず、積極的と消極的、2種類の選択がある場合はいつも消極的な選択をしていて、自分の役どころを理解していない。また、この日は結構暑かったとはいえ体力的にしんどそうに見えた。結局、後半から攻撃的に行くときに出す選手であって、ならば宇佐美のほうが勝負できるしシュート力も断然上だ。

高徳がいるので失点は仕方のないところだった。高徳なので。まったく進歩のないサッカー選手だ。
槙野はどうかというと、お粗末はプレーはなく無難にがんばった。

後半、反撃しなければならない日本はなんと、ああ、香川投入。
小林を失った日本はリズムをなくし、中を固めるハイチに何の工夫もなく攻め、カウンターを食らう。香川は相変わらず狭いところを狙うだけ。高徳同様進歩がない。
狙える位置からの絶好のFKもつまらないトリックプレーで台無しにしてしまう香川。

ほとんど井手口のシュートくらいしか可能性がなくなっていた日本だが香川の執念のシュートでドロー。

長谷部がいれば、ここまでお粗末な後半にはならなかったろうが、代役の遠藤はハイチの攻撃にふたをすることはできなかった。
とにかく、香川を出してはいけないということがはっきりわかる試合だった。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
検索フォーム
☆PR☆
新着rss
似顔絵
   
QRコード
QR
管理
FC2カウンター