プロフィール

とりあし

Author:とりあし
当blogはリンクフリーです。

コザクラインコ♀のレブン 性格 中国人 尊敬する人 西太后

インコPV
ランキング
キャンプ場
上富良野日の出公園オートキャンプ場
翻訳
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リオ五輪 もっとシンプルに

リオデジャネイロ五輪

日本4-5ナイジェリア

d28711c2.jpg


サイドの守備は補強されたと思っていたが、前半はそのサイドの守備が脆弱でなんなく突破された。とくに左は中島の個の守備力の弱さが露骨でどうしようもなかった。
失点する前になにかの手当てはできたと思うが、シンプルに攻撃され失点した。

結果は4-5だったが、見ているほうはかなり打ちのめされたのではないだろうか。
相変わらず簡単にやられすぎる。
ナイジェリアはミケルが見事に試合をコントロールしていたが、なにか難しいことをやろうとしていたわけではない。

日本は、というか日本人はここ一番のチャンスの時、ピンチの時、相手が弱ったりパニくった時に小難しいことをやろうとして失敗する。
何百回も見てきた光景が繰り返された。

ナイジェリアは同様のときは、まず第一にシンプルにシンプルにだった。

非言語的なコミュニケーション能力が著しく劣る日本人だからこそ、非言語的コミュニケーションの極致であるサッカーの試合では徹底的に声を出し確認し、組織を機能させなければならないのだが、声という点では日本人は外国に比べ圧倒的に少ない。

この日も失点して皆で下を向き、疲れたら下を向き、いまそこにある問題点を先送りしているだけだった。
OA枠の3人も遠慮が見られた。塩谷にいたっては足を引っ張りまくりで何かを言えるような雰囲気立場ではなかったが。
だからこそコミュニケーションを、なのだが。
やはり大久保をOA枠に入れたほうがよかったのではと少し思った。

それでも4点取れたし、藤春の左からの攻撃はよかった。残り2戦とりあえず中島は外し、後半のような戦い方でいけば少しは希望はあるかな。


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

モヤモヤしたコロンビア戦

リオデジャネイロ五輪

日本2-2コロンビア

cloudy 777


後半コロンビアはヘロヘロになっていたが、日本も相当きつかったと思う。
相手が弱ったときに休んでしまうのが日本人の悪い癖だが、この日はたたみかけていった。
前半から守備がよく、やはり中島が守備に絡むと不安なのだが、そこから破たんすることはなかった。どころか後半、まさに中島らしい心の隙をつくようなシュートで2点目を叩き込んだ。
この暑さの中でセカンドボールが拾えたのは有利だったし、コロンビアにとっては精神的にきつかったのだろう、これが後半のコロンビアのヘロヘロにつながった。

ヘロヘロだったのは選手だけでなく主審もで、スタンドを埋め尽くしたコロンビアサポーターによって多少不利に笛は吹かれた。
浅野の1点目はオフサイド微妙だったので助かったが、南野からの攻撃時ペナルティエリア内のハンドをとってもらえなかったり、その後もミスジャッジが多くなり、もう細かいところはみていられないといった感じで、それを見透かしたコロンビアはファウルでもないのに何度も倒れるといった塩梅だった。ここらへんは日本も見習ってクレバーに戦ってほしい。

これだけ戦えたのは大きな自信と可能性につながるが、これだけ戦っても勝てないのかというネガティブな予感もつきまとう。
藤春や塩谷はこのままでは日本に帰れまい。
このもやもやした感じをスウェーデン戦で吹き払ってもらいたいとこだ。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
検索フォーム
☆PR☆
新着rss
似顔絵
   
QRコード
QR
管理
FC2カウンター