プロフィール

とりあし

Author:とりあし
当blogはリンクフリーです。

コザクラインコ♀のレブン 性格 中国人 尊敬する人 西太后

インコPV
ランキング
キャンプ場
上富良野日の出公園オートキャンプ場
翻訳
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

なでしこ。燃え尽き症候群の佐々木則夫

2016年2月29日
女子リオデジャネイロ五輪アジア最終予選
日本1-3オーストラリア

IMG_20141208_225252.jpg


下を向いていてもしょうがない、気持ちを切り替え前向きに考える、自分たちのサッカーをする。
負けたときのお決まりの文句だが、選手本人のみならず実況報道するマスコミやそれに洗脳された一般の人たちまでもがいう耳にたこができるほど聞いた言い訳だ。
これで男子サッカーは負け続けたのだし、ミッドウェイ海戦大敗以降の日本軍の考え方も同じようなものだろう。なでしこジャパンは負けのスパイラルに入り始めている。

同じ戦い方では通用しないことが分かっているのに同じ戦い方で負ける。
佐々木監督はワールドカップのときもそう感じたのだが、戦う前から「このメンバーでは無理だよ」と諦めているように思えてしまう。

川澄、宮間、鮫島といったところは守備が軽く狙われるのは分かっているのだから、押されたときのオプションが何通りも用意されているのかと思ったら、どうも何も考えてなくベンチもパニックになり即席の対応しかできなかった。

宮間、鮫島はスタメンから外せないにせよ、川澄は外すべきだろう。宮間が中央にいるのはハイリスクなのは過去の経験からも分かっているのだから早い段階で布陣の変更など対処すべきだった。
メンバー中もっとも能力が高いのは中島だが、後ろの鮫島と横の宮間の穴を埋めるのに疲弊し攻撃に力を出せない。

バロンドール候補にもなった有吉がほとんど上がれないのでは崩しようがない。
オーストラリアのシンプルなカウンターになす術がないもろい中盤。宇津木も澤もいない中、どう手当てしていくのか。
サッカーを長く好きな人なら、決定的に危険な形が作られる、作りかけられるのをテレビ画面から感じ悲鳴をあげ、ゴールを決められ悲嘆にくれただろうが、澤がいれば決定的な形が作られるひとつ前のところで反則で止めてくれた。イエローカードというリスクは覚悟の反則だ。
それができる選手が今はいない。
大儀見のようなセンチメントな選手に澤の10番を託し、頼むぞといった佐々木監督は大局がまるで見えていない。もうモチベーションがない。監督が燃え尽きてしまっているチームがこの先どうやって戦っていくのか。

強い時代のなでしこは両サイドバックが超人的な上下動をした。
勝つためにはここら辺がかぎとなるだろう。
これからは有吉や中島が精神的支柱にならなければ。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

なでしこ予選敗退。宇津木がいたら往復ビンタ

2016年3月4日
女子リオデジャネイロ五輪アジア最終予選
日本1-2中国

6583cae8-s.jpg


講演と就職活動に忙しい監督とピッチ上のリーダー不在のため、オーストラリア戦終了後からうすうす皆感じていたことだが、宮間が試合終了後にはっきり言ったように「チーム内がバラバラ」だ。

選手のメンタルケアやテーマまでも与えてくれた澤がいなくなり、同じことを澤と二人でやってきた宮間に重責が集中した。3試合中、宮間にあの世界一のキックは一度も見られなかった。

澤が永久にいなくなるということがチームを不安定にさせることは分かりきっていたことだが佐々木監督にとってはもうどうでもよく、俺だって疲れたよ、休ませてくれといった風情だった。

実況でももちろん、ハーフタイムに澤が怒り狂ったように「寄せが甘い」、つまり日本人病再発だ。この世界でもまれに見る奇病のため男子日本代表も常に苦しむ。叱咤激励しテーマを明確にして、この症状をなんとか抑えるのだが、なでしこの3試合はもはやサッカーではなかった。無論、熊谷や中島のように傷だらけで格闘し喰らいついていた選手もいた。

澤の10番をこれみよがしに 大儀見に与えてしまった手前、調子が悪いのにスタメン落ちにすることができず自分で首を絞めてしまった佐々木監督。
大儀見はというと勘違いしてしまい、堂々と正対して勝負するのがフォワードというオールドな間違った考えに固執してしまった。
裏を狙う、いや狙うふりだけでもいいから続けてくれれば、もっとボールを保持出来たろうが、明らかな誤りを糺す人間が監督を含めていなかった。若手選手の不満は相当なものだったと思う。その風当たりは大儀見は10番といった佐々木監督よりも宮間に当たったに違いない。実に面倒くさい人間関係だ。まあ、男子代表のがひどそうだが。

もし宇津木がいれば声を出し敵にぶつかり、シンプルに皆を引っ張りリーダーシップを発揮し、ミスをした川村と田中を往復ビンタし大儀見をグーで殴り、則夫にまわし蹴りだろう。

後半、横山の1点で日本が攻勢に回ったとき佐々木監督はなんと中島を引っ込め川澄を投入した。
この時点で勝利の可能性はなくなった。唯一不可能を可能にする選手をさげてしまっては。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

なでしこ 偉大な時代の終わりと始まり

2016年3月9日
女子リオデジャネイロ五輪アジア最終予選
日本1-0北朝鮮


s-img_nadeshiko.jpg

ベトナム戦では人が変わったように裏を取りにいった大儀見だが、北朝鮮は簡単には裏を取らせてくれない。それでも北朝鮮のスタミナが落ちてきた後半スペースは生まれ、中島が何度も抉るシーンが見られた。
そして宮間がはじめて宮間らしいパーフェクトなクロスを逆サイドに上げ、背の小さい岩渕もジャンプすることなく頭で合わせた。この1点を守りきり日本の勝利となったと同時に佐々木監督をはじめとする多くのメンバーにとっても卒業式となった。

2011年W杯ドイツ大会ではまさか優勝するとは思っていず、旅行先の北海道で日本がドイツを破るなど破竹の勢いを聞いてはいても米国相手では0-4くらいで負けるだろうなと高をくくっていた。しかし、試合は歴史的な名勝負となり日本が優勝した。ニュースを見て仰天したことを忘れられない。
このときから体力勝負だった世界の女子サッカーの戦術は変わっていった。
中小企業のサラリーマン並みの年棒の監督と、アルバイトでやっと食いつないでいた選手たちが世界のサッカースタイルを変えてしまった。

ひとつの偉大な時代が終わってしまい、暗闇と不安に満ちた時代が始まろうとしている。
次は天才、高倉監督が代表を担う。背負っているものが大き過ぎる気はするが、男子の代表監督をやらせてもいいくらいの才能だ。
たまにでもいいから、なでしこリーグの試合を見に行くのもよいと思う。新時代を作る小さな手助け、きっかけになると思う。
サッカーやラグビーも氷河期のガラガラのスタンドにも観客はいた。歴史は始まりから眺めたほうが面白い。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

シリア戦。最大の収穫は宇佐美

2016年3月29日
ワールドカップアジア2次予選
日本5-0シリア

マスコミが喜びそうなスコアだが、内容は誉められたものではなかった。
GKを中心とした堅いシリアの守備は最後の一線だけは突破させないという執念の守備だった。サッカー選手である以上ワールドカップに出場することは人生第一の目標であり国民の悲願でもあろう。なんとしてでもという気持ちが伝わってきた。
もしシリアが先に得点していたらどうなっていたか。
日本は相変わらずの決定的ミスを何度か犯したが運よく助かった。相手が南米、欧州のチームならその運もないだろう。

気にかかるのは山口蛍の大怪我で、最終予選に間に合うのだろうか。つくづくついてない選手だが、日本代表の中盤で彼に代わる守備力がいない。遠藤を使うのか。
この日の試合でも八面六臂の活躍をした長谷部、結局いまだに日本代表は攻守にわたって長谷部だのみが抜けきらない。メディアは香川だ本田だと騒ぐだろうが、致命的なミスもあったがやはり長谷部のおかげで勝ったようなものだ。年齢のせいかパフォーマンスが落ちてきているようにみえる長谷部の代わりになる人材を早急に育てなければならない。

収穫もあった。
最大の収穫は宇佐美がサイドアタッカーに目覚めたことだ。
中央付近での点取り屋ならたいした選手ではないが、サイドアタッカーなら世界的なレベルになれる。当ブログでうんざりするほど宇佐美のサイドアタッカーへの特化を書いてきたが、ハリルに説得されたのだろうか。
当然、ハリルホリッジも宇佐美のサイドアタッカーとしての資質を見抜いていただろうから。

最終予選は今の日本代表では厳しい戦いとなるだろうが、宇佐美が救世主となるかもしれない。



ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
検索フォーム
☆PR☆
新着rss
似顔絵
   
QRコード
QR
管理
FC2カウンター