プロフィール

とりあし

Author:とりあし
当blogはリンクフリーです。

コザクラインコ♀のレブン 性格 中国人 尊敬する人 西太后

インコPV
ランキング
キャンプ場
上富良野日の出公園オートキャンプ場
翻訳
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

チャンピオンシップは馬鹿発見器?

2015年12月2日  チャンピオンシップ決勝第1戦
G大阪2-3広島

もしオ・ジェソクが日本人だったら間違いなく代表に選ばれたであろう。Jリーグのサイドバックで彼を凌駕する守備力の選手がいるだろうか。
華やかなフォワードや決定的なパス、フリーキックをする選手ばかりにメディアはファンの目を誘導しようとするが、オ・ジェソクが文句なしにすばらしい選手であることは隠しようがない。Jリーグのように甘い守備のリーグの中でサイドバックの守備が強固なことはチーム力を確実に嵩上げしてくれる。
予算があれば、シュート決定力のある外国人フォワードや、強いセンターバックを獲得したりできるが、予算がないチームはサイドバックは後回しだろう。ガンバの強みはサイドバックも強いことで宇佐美が天才だから強いわけではない。

一般に韓国人Jリーガーといえば、日本人よりメンタルが強く、決定力があり走力がある。しかし、激情的で信じがたい汚い反則を犯すこと多い、というイメージだ。
オ・ジェソクといえばその汚い反則を犯すことがなく相手のサイド攻撃を完封する。ブンデスリーガにパク・チュホというサイドバックがいるが似たイメージだ。彼も汚いプレイはしないし人格者だという。

問題のシーンではほぼ完封されていた広島のサイドアタッカー清水が競い合いにフィジカルでオ・ジェソクに負け、その悔しさからかオ・ジェソクの首あたりに手を掛け引きずり倒した。清水の汚いプレイに怒ったオ・ジェソクが両手で胸を突き飛ばした訳だが、これで一発レッドはオ・ジェソクに対して重過ぎるジャッジだ。
審判の肩を持つなら、清水の反則はもちろん警告にあたいする汚いプレイだったが、オ・ジェソクの突き飛ばしは報復と捉え罪を重く裁定したのかもしれない。レッドカードされてもしょうがない反則、審判は100点のジャッジではないが60点ではある。そんな見方だろうか。
それでいいのだろうか。よくスポーツの解説で「厳しく言うようだが」というコメントを解説者がすることが多いが、審判に対してはしては厳しくいうことはない。
あのシーンでは両者にイエローカードという裁定以外なく、仕方ないとか60点とかの考えに陥らないでほしい。
サッカーの審判は難しく、それ故ワールドカップの主審ですら幼稚なミスをする。難しい故、ミスが許される。まして裁定の重い軽いなど問題とされない。審判に実に甘い競技だ。
結局のこのジャッジが試合を決めてしまった。
海外トップリーグの試合でも、審判が勝敗の最大要因であることが多い。いいかげん、この馬鹿馬鹿しさを何とかしないといけない。
審判を責めるのではなく、ビデオ判定を含めよりよいジャッジができるようなシステムを導入すべきだ。周りの顔色を伺う前にさっさとJリーグは実験的にでもハイテクを導入しろといいたい。

それにしてもまたも人種差別発言がツィッターで行われたらしい。
最近サッカーはすっかり馬鹿発見デバイスとなってしまったようだ。
最初に反則をした清水や審判に対して怒りを表すならまだ理屈は通るが、被害者ともいえるオ・ジェソクに対しての差別発言だ。いったいサッカーのどこを見てるのだろうか。面白いのだろうか。そもそも「面白い」という意味を知っているのだろうか。
彼らにとっては「黒人」「韓国人」といったワードは一種の記号なのだろう。
一人でも黒人、韓国人の友人がいれば言葉は本来の意味を取り戻すのだろうが、彼らが街で韓国人、黒人に出会っても、「あっ!本物の韓国人だ、黒人がいる!」と思うだけで話しかけることはありえない。せっかくSNSという外国人ときわめて簡単に近づけるツールを使っているのに田舎物は他者排斥にいそしむ事しかできないみたいだ。
SABETUmig.jpg


チャンピオンシップは浦和戦のあわや自殺点からの決勝ゴールや、今回のロスタイム逆転劇と一連の差別発言問題などたまげたことの連続なので、次戦は広島圧倒的に有利ではあるが何が起こるかわからない雰囲気はある。
審判、サポーター、選手監督を含めてサッカー力を見せてほしい。


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
CATEGORY:サッカー

THEME:Jリーグ | GENRE:スポーツ

オ・ジェソクがいれば… 오재석이 있으면

2015年12月5日  チャンピオンシップ決勝第2戦
広島 1-1 G大阪



チャンピオンシップの名にふさわしい熱戦となった。
知力、走力の限りを尽くして攻めまくるガンバ大阪。しかし、得点は今野の1点のみ。
広島の5人の最終ラインを弱体化させるためガンバ長沢が走りまくる。後半予定通り、長沢からパトリックへ交代。

このときからガンバ選手たちの足が突然止まりだした。
2点差で勝つために圧倒的に走りまくったのだからしょうがない。パトリックが前にいれば、ロングボールを放り込めるので、走らないでもなんとか攻撃可能だ。これで少し楽ができる、そんな心の隙がスイッチになってしまったのだろうか。
攻撃はともかく問題は守備だった。ワイドな広島の攻撃に対しガンバ守備陣がスライドしきれない。
ああ、危ないヤラレルな、テレビ画面からあからさまにガンバの危機が伝わってきた。中盤に運動量のある守備的な選手を即座に入れるべきだが、長谷川監督は動かない。動けない。
このきつい時間を凌ぎきり、ラスト10分くらいになればまたガンバは精神的に盛り返し運動量も上がるだろうが、凌ぎきるにはガンバはヘトヘトすぎたし、残り時間もすこし多かった。

攻撃はパトリックへ放り込むだけの単調な攻撃なのはよいのだが、ロングボールに対して攻撃陣がパトリックと同じタイミング同じ線上で合わせようとするため、せっかくパトリックが空中戦に勝っても拾うガンバ選手がいなく徒労の連続となってしまう。
疲労とパニックでガンバ選手はこの日本人特有のポジショニングの悪さばかりが目立ち、無為に時間だけが経過してしまう。広島の浅野の得点は時間の問題だった。
長谷川監督は失点してから井手口を投入したが、もう10分早く入れるべきだった。

疲労していたのは実は広島も同じで、サイドもなんとかようやく守っているという感じで綻びが出ている、というよりかは崩れる寸前だった。しかし、ガンバに勝負できる体力走力の残っているサイドアタッカーがいなかったため、この弱点をつくことはできなかった。
抉れず浅い角度から、パトリック以外はいるだけのポジショニングのFWにため息の出るような可能性の低いクロスを入れるばかりだった。
もしスターティングメンバーにオ・ジェソクがいれば、このタイミングで米倉が交代出場し右サイドを抉りまくることができたろう。そうなればまず得点できたはずだし、おそらく勝てたであろう。第1戦のオ・ジェソクの退場はガンバ大阪にとってつくづく大きな痛手だった。


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
CATEGORY:サッカー

THEME:Jリーグ | GENRE:スポーツ

広島のシンプルな約束事

クラブワールドカップ2015 1回戦
広島2-0オークランド


クラブチャンピオンシップの激闘から中4日の広島。コンディションは厳しく主力の何人かは温存した。当然この試合は勝利するつもりで、第2戦ではミキッチや佐藤がスタメンで出てくるだろう。だが、3人の負傷交替で森安監督のプランが若干崩れたかもしれない。負傷者もほとんど自損事故だったので今後不安の残る怪我だ。
1点目はオフサイド、2点目はクロスが相手DFに当たってゴールと広島はまあまあ幸運だった。


広島はカウンター狙いの省エネ戦術だった。疲労の蓄積が大きくこの戦術しかなかったのだろう。幸い先取点が取れたので最後までバランスを崩すことはなかった。
守備的とはいってもべた引きではなく、いつもどおりの5バックから青山を経由して精密で早いロングパスを前線のスペースに出しまくった。
ワイドな攻撃が好きな自分にとって広島は好きなチームだ。タッチラインぎりぎりでボールを待つサイドアタッカーに必ずパスが通り、仕掛ける。仕掛けるのにリスクが高いと判断すればすぐ中央の青山に戻す。青山は縦にパスコースがなければ逆サイドへ展開する。
ここはシンプルな約束事だ。
右→中央ときたら今度は必ず左サイド。
左サイドで始まるなら、左→中央→右→中央→左となり左→中央→左とはならない。
これによって相手守備陣は大きく揺さぶられ続け、わかっていても隙が生じる。
味方の逆サイドにいるサイドアタッカーはどのタイミングでパスが来るか容易に判断できる。
時間帯によって約束事のパターンを変えるなどすればさらに相手守備陣は守りにくくなる。
1,2回戦で負けてしまうような高校のチームでも簡単に真似のできる戦術だ。
ペトロビッチの3バックを導入している中学校、高校のチームは結構あると思うが、簡単にできることだし何よりも戦術意図を持ってサッカーに望んだほうが楽しい。


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
CATEGORY:サッカー

THEME:Jリーグ | GENRE:スポーツ

レオシルバがいっぱい

2015年12月13日 クラブ・ワールドカップ 準々決勝
マゼンベ0-3広島

やはり連戦からの疲労が感じられた広島。
運動量が低いというよりパスの精度の悪さ、判断ミスの多さに表れていた。
前からガンガン守備をするマゼンベにラインが押し込まれ、サイドに展開するも位置が低いため前に進めず、中央に戻し逆サイドへの展開は読まれていた。読まれているのは構わないのだが、やはり10メートル20メートルと後ろに押し込まれているのが災いし崩せない。カウンターも佐藤に良い形でパスが通らない。佐藤の動きも終始悪く、決定機も外してしまう。

広島の5バックの隙間も突かれ危険な時間が終わらない。

こうなると得点のチャンスといったらCK,FKくらいしかない。そのCKが前半ロスタイムに巡ってきた。
佐々木のニアサイドでの見事なすらしから、のりにのってる塩谷が値千金のゴール。これはあまりにも大きい得点だった。スタジアムは相当盛り上がったろう。

後半に入ればマゼンベも疲れてくるはずで、互角に戦えるだろうから前半0-0なら上出来だったのだが、1点リードで有利に広島は戦えた。
前半は2人以上のマークにあい力を出せなかったミキッチも後半はサイドで1対1の局面になり存分に崩すことができるようになった。結果0-3の大差となったが、押し込まれた前半でも必死に耐えることができたことが広島の勝因といえる。

それにしてもアフリカ系選手のインコ並みの0からのダッシュ力やリーチ以上に届くしなやかな足で、Jリーグではなんなく通るはずのパスがひょいとかっぱわれてしまう。この連続で広島は相当苦しんだ。
絶対届かないはずの位置から足が来てボールを奪ってしまうのはレオシルバのようで、広島は沢山のレオシルバ相手と戦っているようだった。
選手には貴重な経験となったろうが、こういうレオシルバみたいな選手がJリーグにも沢山いればレベルも向上する。Jリーグ各チームはアフリカ系選手を1人以上入れなければいけないルールにしたらどうだろうか。
CATEGORY:サッカー

THEME:Jリーグ | GENRE:スポーツ

スアレスの凄さ!

クラブワールドカップ2015 準決勝

広島0-1リーベルプレート

更なる連戦でコンディションのきつい広島は序盤圧倒的に押し込まれるのではと危惧したが、リーベルプレートのコンディションもさほどよくないようで運動量も低く結果好ゲームとなった。
GK林のキャッチングミスからの1失点のみだったので悔しい敗戦だ。この日の林はリズムが悪いというか終始動揺している様子で危なかった。失点のシーンも本来パンチングすべきボールをキャッチしようとした判断ミスだった。
交替出場のミキッチにもしっかりマークがついていたが、かき乱すことはできた。
これだけのチームにこれだけの戦いができたのだから胸を張っていいだろう。ただミキッチが退団するので来年の広島は優秀なサイドアタッカーを入れないと大変なことになりそうだ。



バルセロナ3-0広州恒大

力の差もありフェアな戦いとなった。
圧倒的にボールを支配されるも広州恒大は簡単に崩されることはなく、厚みと強さのあるディフェンスで耐え忍び前半0-0で終わるのかと思ったらスアレスに決められてしまった。
ラキティッチのシュートは振り足の角度から曲がることは予想できたがGKは反応できなかった。

パウリーニョの驚異的なボール奪取能力で広州恒大は何度もチャンスの起点を作りかけたが、サイドのスペースを特に逆サイドをいく広州恒大の選手がいないためことごとくチャンスにならなかった。密集しバイタルスペースを攻め抜こうとするバスセロナに対し中央を厚く守りスライドし、次第に消耗していった広州恒大にサイドアタッカーを走らす余力がなかったのは残念だった。リスクをかけてサイドを走らす時間もあってよかったのではと思う。
セットプレーはかなり広州恒大に分があり、あわやのシーンもあった。Jリーグのチームで広州恒大のセットプレーを防げるだろうか。バルセロナが手加減したとはいえ最後のPKはおまけなので実質広州恒大は0-2の敗戦だ。セットプレーが決まればわからなかった試合だ。
広島対広州恒大の3位決定戦はそれなりに楽しめそうだ。

スアレスのすごいところはゴールする前から歓喜のパフォーマンスをしていることだ。
メッシですらシュートした後ボールの軌道を目で追うのにスアレスはしない。蹴った瞬間の感触でゴールするかどうか確信する。既にゴールに背中を向けて逆方向に走り出しポール牧のように喜んでいる。
ラキティッチのシュートのこぼれ球に対し唯一人スアレスだけが反応していたのも当然なのかもしれない。
この日はシュート後に相手選手と接触したりしたので見られなかったが、決勝でのバルセロナの見所のひとつだ。

dogド


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
CATEGORY:サッカー

THEME:サッカー | GENRE:スポーツ

クラブワールドカップ2015 森保監督の2本の弓矢刺さる


クラブワールドカップ2015  3位決定戦

どこで弓を引き矢を射るか。森保監督の采配タイミングが嵌った。

ワイドに揺さぶられていたのは広島のほうだった。
中継点であり要の青山はパウリーニョにしっかりマークされていて、いつもほどのボールタッチの回数はなく、ここが抑えられると機能不全に陥る。他選手のパスもことごとくパウリーニョがパスコース上にいてカットしてしまう。
ドウグラスがいないと駄目だ。いつドウグラスが出てくるのか。皆さんも同様の気持ちで見ていたと思う。コンディションの問題だろうが、森保監督は動かない。
後半途中、満を持してドウグラス投入。広島は勝負をかけにきた。一気に攻勢になる。
それまで青山をマークしていたパウリーニョは的確な判断でドウグラスにぴったりつく。
勝敗がわからなくなってきた矢先、パウリーニョはスコラーリ監督の指示でドウグラスのマークをやめ、攻撃的な位置までポジションを上げてしまった。ハイリスクな布陣の変更だった。
これで行ける!ほとんどの日本人はそう思ったろう。
ミキッチは警戒され、とにかく右足だけは振らせるなという守備で、右足クロスが封じられ左足でクロスを上げるしかない局面が多かった。悪くはなかったが決定的なな形をさほど作れない。
後半さらにミキッチを下げ柏に交代したのは森保監督の見事な采配だった。すでに疲労した広州ディフェンスは柏と1対1となってしまうことが多く、試合の流れからいってもここで1対1なら勝負!だった。そのとおりスピードのある柏は勝負しクロスを上げ決勝点となるクロスを上げた。
限られた駒を見事に使いこなした森保監督の頭脳の勝利だった。


クラブワールドカップ2015 決勝

欧州対南米対決といってもピッチ上の選手たちは南米の選手ばかりでほぼ全員スペイン語を話す。
そのためだろうか。後半に入ると試合は激しいというより情熱的になっていった。
ファウルで倒され苦痛に転げまわる選手、もちろんかすっただけのファウルで痛くもなんともないのだが。
いきり立ち怒鳴りあう。
リーベルプレート選手にとってみれば同じ南米の選手でありながら何倍もの年棒をもらうバルサ選手に対してなにくそという気持ちでいっぱいだろう。負けられない、こいつらにだけは絶対に負けられない。
しかし結局はもらってる額が違うというのが勝敗を決めた。
1点目メッシの得点はトラップミスかなと思ったら、相手をかわす計算づくの動きで両手でつかまれながら左足で流し込んだ。あまりにも高度なプレイだったが、徹底マークにあうスペインリーグではこれぐらいのことを涼しい顔をしてできないと駄目なのだ。
リーベルプレートにはこうした超能力を発揮する選手がいなかった。対してバルサには何人もいた。
驚くべき規律で有機的に動くバルサの組織だが、D・アウヴェスなどよく見ると勝手な動きをすることがあるが、イニエスタが驚異的な運動量で空いたスペースを修復してしまう。人間修正パッチだ。この裏方的な動きをしながらアタッカーの起点にもなる。
スアレスのボールがゴールする前に喜びだすのが見れず残念だった。調子が悪いのかもしれない。2試合で5点取ったけど。


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
検索フォーム
☆PR☆
新着rss
似顔絵
   
QRコード
QR
管理
FC2カウンター