プロフィール

とりあし

Author:とりあし
当blogはリンクフリーです。

コザクラインコ♀のレブン 性格 中国人 尊敬する人 西太后

インコPV
ランキング
キャンプ場
上富良野日の出公園オートキャンプ場
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
翻訳
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カンボジアのフェアプレイに助けられ勝利

2015年9月3日

日本3-0カンボジア

密集するカンボジア守備陣の回りをじわじわと回すだけ。引かれた途端、創造性をなくす。焦る、固くなる。日本代表の弱点は未だに治らない。

ラインまで抉るシーンも何度かあった。

岡崎のニアへの突っ込みは世界トップレベルで、欧州リーグで通用するのも、その能力のおかげだ。
抉ってクロスでも、ニアにしか蹴れない事がサッカーでは多いが、岡崎はそこにいてくれる。
相手DFやGKが絶対通さない閉じた門を、門番より速く動きこじ開けてしまうのが真骨頂なのだが、コンディションが明らかに悪くさっぱりだった。ことごとくタイミングが遅れた。

この日のペナルティエリア内はカンボジアと日本選手で渋滞してシュートコースがなく、だからこそ岡崎のニアへの飛び出しが生きるはずだったのだが。

本田の一発で楽にはなったが、カンボジアが正GKだったら弾かれていたろう。その程度のシュートではあったが、硬直した流れの中で先取点を決めることができるのは本田の良さであり、強さだなのだろう。

それにしてもなんとも堅苦しいつまらない試合だった。
前半に小学生でも決められるシュートを2本も外した香川の顔に表れていたように、ネガティブな気持ちにつつまれた試合だった。

いつもネガティブな解説の木村氏が、得意の
「うぅぅーーーん」
というネガティブな唸り声をあげるとアナウンサーが、「今のうぅぅーーーん、はどういう意味ですか?」と突拍子もない返しをした時がこの日の最大の見せ場だった。



スポンサーサイト
CATEGORY:サッカー

THEME:サッカー日本代表 | GENRE:スポーツ
検索フォーム
☆PR☆
新着rss
似顔絵
   
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
QRコード
QR
管理
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。