プロフィール

とりあし

Author:とりあし
当blogはリンクフリーです。

コザクラインコ♀のレブン 性格 中国人 尊敬する人 西太后

インコPV
ランキング
キャンプ場
上富良野日の出公園オートキャンプ場
翻訳
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

北朝鮮の放り込みに完敗

CLhSSl0UcAAOGHQ.jpg


2015年8月2日 東アジア杯
日本1-2北朝鮮

日本代表のフォワードが素早く精力的にボールを追い、相手に攻撃の糸口を与えず日本が格の違いを見せ付けていたのは、最初の20分くらいまでだった。

スタミナが切れフォワードの守備がいい加減になってからは、怒涛のように北朝鮮に攻め込まれ、6バックにしても守備が改善されることはなかった。
宇佐美はJリーグよりは守備をしていて見せ場も作ったが、ちょっと守備をしただけで簡単に燃料切れになってしまい足をひっぱった。永井の守備はといえば、ボールを持った北朝鮮選手に言い訳のように間隔を詰めるだけで、それなら行かないで守ったほうがましだった。
Jリーグのアタッカーが未だに俺は点取り屋だからと守備を軽視しているという意識の低さが顕著に表れた試合だった。
森重が「決めるべきときに決められなかった」と不貞腐れていたが、守備をまともにしてないんだから決定機には決めろよフォワード!という気持ちも分からないではない。しかしそれは、試合後に言うのではなく、試合中に味方フォワードに怒鳴り散らすべき言葉だ。
近年の代表チームはなかよしチームみたいだが、日本人は若年層ほど人間関係が面倒くさそうで暗い。日本代表の弱さの大きな要素のひとつだ。

槙野は代表で不安視されていた守備のパフォーマンスを上げてきたように思えたが、この日の2失点にからみ、レベルが厳しくなれば個の対応で通用しない。

ハリルホリッジ監督は当たり前のことをする監督でそれが良いところなので、次戦はフォワードの守備を改善し、槙野の代わりに水本を出してくるだろう。
宇佐美は短い時間だけ使うタイプの選手だと思うので、後半負けているときに出せばよい。スタメンでどうこうという身体的レベルではない。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

なでしこ佐々木監督辞め時では

2015年8月4日 東アジア杯 女子

日本1-2韓国



なでしこジャパンの次世代を担えるのは、中島しかいないと思っているが、ワールドカップにも選ばれていない中島は今回は追加召集だそうだ。どういう理由かよくわからない。

この日の試合で圧倒的な存在感を見せた中島。
1対1の守備では負けることはなく、ほとんどミスをしない。強いて言えばラストパスの精度位で、攻守ともに中島がボールサイドにいるときは安心して見れた。
センスの良さは無論だが、何よりも強さが秀でている。

メディアはひ弱な選手に澤2世などと検討外れなことを言っているが、彼女こそ澤2世だ。 
楢本のポジションに中島がいたら、たぶん勝っていただろう。
ただ佐々木監督の今後の構想に中島が入っているのかわからない。
フリーでいる中島になぜかパスをしない選手もいて、ザックジャパンのときのような、下らない力関係が選手間にあるのかもしれない。

そういった事が杞憂であればよいが、負け続けるチーム内で下らない事が起きるのはこれから十分ありえるので、晩節を汚さないためにも、佐々木監督は今が辞めどきだと感じるのだが。

中国武漢に水を飲みにいった日本代表

images (1)


2015年8月5日 東アジア杯 男子
日本1-1韓国

スタメンに槙野がいたのはまだしも、永井の名前があったのにはほとんどの日本国民がのけぞって驚いたとことだろう。

とはいえロンドンオリンピックのときの永井は素晴らしい動きで、日本代表が速攻を得意としたという稀有な例で大活躍した。海外では知名度があるのかもしれない。
ハリルホリッジ監督はそのときの印象が強いのだろう。

カウンター(速攻)を不得意とする日本人だが、このときは見事に速攻が嵌った。それも永井の快足があってこそだった。他の選手にはできることではない。
あのときのような思い切りのいい飛び出しを忘れてしまったのは、なんとか代表に定着したいという願望が失敗を怖れさせ、消極的なプレイを選択してしまうからだ。他の選手も似たり寄ったりなのだが、永井はあからさま過ぎた。代表向きのメンタリティではない。というかサッカーという競技が日本人に向いてないということだろう。
組織の中でトップでなくてもいいから無難に長く生きていきたいというのでは駄目だ。
アジアも含めて海外の選手と日本人の大きな違いは「飢え」ているかどうかだ。

サッカーはボクシング同様、上流階級の競技であるラグビーやテニスと違い、社会の最底辺の人間がやる競技なのだ。

おおよそ日本人ほど、とくに男子だが、試合中に給水する国を見たことがない。ほんとによく水を飲む。もちろん飲んだほうが良いに決まっているのだが、日本人が給水するのはついでに休みたいという欲求からで、今は戦闘中という緊張感が他国ほどない。すぐ休みたがる。中国に水を飲みにでもいったのだろうか。

この性質が世界でも稀有なカウンターが出来ない代表チームとなった大きな原因だろう。
この日も韓国は暑さでヘロヘロになっている後半に何度もロングカウンターを繰り出した。
互いにへロヘロなときこそロングカウンターが効くというのはブラジルワールドカップで嫌というほど見たことだ。
北朝鮮代表にしろ、試合中は苦痛に顔を歪めるほど走り、なお勝つために走っていた。韓国も同様だった。

日本はというとカウンターのチャンス時、前線の興梠にボールが収まっても誰も上がってこない。興梠がこの試合で低評価なのは気の毒だ。精力的に上下動し、踏ん張ったサッカーをしていたのに。足の速いはずの永井がちっともスペースを狙わない。
カウンターが出来るようにすることが日本代表を強くすることだったはずだが、このお粗末さは何だろう。カウンターてそんなに難しい戦術なのか。北朝鮮はなんなくこなすが。

足りない。あまりにも足りない。

空中戦で全く勝てず、川又を投入も川又もまったく勝てなかった。もともと中央に鎮座するCFで何か器用なことが出来る訳ではなく、楔にもならず空中戦は豊田の足元にも及ばない。豊田なら空中で身体をブツケ相手を弾くので韓国相手でも結構やれただろう。
他の初出場の選手は悪くなく、もっとチャンスを与えて欲しい。

柴崎は攻守にほんとに良く動き、タメもつくり捌きもよかった。この試合で唯一「飢えた」眼をしていた日本人だった。


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

なでしこ、ようやく勝利。監督というよりは中島のおかげ。

2015年8月8日 東アジア杯 女子 

日本2ー0中国



鍵となる中島をどのポジションで佐々木監督が使うのか注目していたが、右サイドハーフでボランチではなかった。
少しガッカリしたが、中島はサイドでのプレイもできるので期待して見ていた。
一つ抜けたレベルのプレイをしていて、中島から得点は時間の問題かなと思えたが、後ろの京川のディフェンスがあまりにもひどく、中島はそのカバーリングに何度となく走らされ、攻撃力を大きく削がれてしまっていた。

京川の守備がまずいのはわかっていたことなので、中島のポジションもその為というのもあったのだろうが、それにしても1.5倍は多く走らされ、点も取れない日本は後半、中島を真ん中にポジション変更した。

これでもう勝ったようなものだと思う反面、京川のボロボロの守備で右サイドは大丈夫なのかという疑念も起きた。
しかし、後半になってからの京川は別人のようにまともな守備をした。
考えてみれば、有吉だってサイドバックの守備は酷いものだったが、ワールドカップで世界相手に一歩もひけを取らない選手に突然変異した。
ただサイドバックはやはり、本職にやらしたほうが良いと思うが。

後半終了間際、中島からのスルーパスで先取点。
やはり中島の良さは中央で光る。

ドリブルをしていて絡まれて取られそうになるのだが、不思議と前にボールが転がり、また中島のボール保持となる。取られそうで取られない。
かつての読売クラブ、ジョージ与那城みたいなドリブルだ。サンバのリズムが聞こえてくる。

中国はよく走り、カウンターを何度も繰り出し奮闘したが、集中力を失い2点目を失い負けてしまった。
先取点が中国だったら試合は分からなかった。
 
日本は今後、海外組を含めた編成でも、中島をどういう使い方をするかで将来が決まってくるだろう。 
そもそも代表に選ばないとなれば、なでしこジャパンの将来はほぼないといえる。


CATEGORY:サッカー

THEME:なでしこジャパン | GENRE:スポーツ

中国と引き分け。あまり悔しさもなし。

2015年8月9日 東アジア杯 男子

日本1ー1中国


Jリーグと違い、公式戦国際試合の間合いは厳しく激しい。宇佐美ですら簡単に前を向かしてもらえない。
川又のトラップ技術では前に向くことすらできなかった。
Jリーグの守備のぬるさが、そのまま選手のボール保持技術の低さになっている。
これは一朝一夕に治るものでもなく、小学生レベルから指導者の意識を変えていかなければならないだろう。

それでも川又から交代した興梠はプレッシャーの中でも前を向けていた。
攻撃に限ればトップレベルの選手なら国際試合の間合いでもなんとかなるのだが、守備に関してはまだまだだ。
アジアレベルでもいっぱいいっぱいの槇野とか見てると気が重くなる。
これで海外組を入れても守備力が大きく向上するわけではない。海外組の肝は長谷部の存在が絶大なだけで、後は守備に関して言えば大したことはない。
逆に言えば、センターバックに期待できないのだから、長谷部レベルの能力知力を持った中盤のディフェンダーの育成が急務だ。

 


CATEGORY:サッカー

THEME:サッカー日本代表 | GENRE:スポーツ

パクレ!佐野研二郎さん

sanokenjiro.jpg

パクってる割には堂々としている。それぐらいでなきゃ駄目なのだろう。

この業界はパクリエイターたちの持ち回りで順番に賞を取る仕組みらしい。たいへん日本的だ。
「おまえら素人にはこの業界の仕組みってのが分かってないんだよ!」と言いたそうだ。たぶん。

東芝の社長さんたちも重罪を犯したという自覚がまったくなく悪気がないといった感じだった。
日本のトップクラスというのはなんにせよ、みんなこんな感じだね。



似顔絵 佐野研二郎さん 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

検索フォーム
☆PR☆
新着rss
似顔絵
   
QRコード
QR
管理
FC2カウンター