プロフィール

とりあし

Author:とりあし
当blogはリンクフリーです。

コザクラインコ♀のレブン 性格 中国人 尊敬する人 西太后

インコPV
ランキング
キャンプ場
上富良野日の出公園オートキャンプ場
翻訳
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

インコの生存確認


死んだと思っていた横十間川親水公園 の鳥小屋のコザクラインコは生きていた!

先日鳥小屋に行くと元気な姿を確認できた。
灰色のインコとは番になってたはずだが、なぜか仲が悪いように見えた。


s-IMG_20150528_160901.jpg


s-IMG_20150528_160848.jpg


無理やりくっつけて撮影
s-IMG_20150528_160933.jpg
s-IMG_20150528_160939.jpg


疎外されているボタンインコ
s-IMG_20150528_161027.jpg


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
CATEGORY:インコ

THEME:小鳥大好き | GENRE:ペット

なでしこ辛勝、この戦い方では…

2015年6月8日
ワールドカッップ女子
日本1-0スイス

GK山根は充分にやれていてハイボールへの強さを見せていたが、なんでもないハイボールをキャッチミスするシーンもあった。

不安視された両SBは悪くなく、宇津木は身体の強さで守備がよく、有吉はガンガン上がることによってサイドの攻防で前半は負けていなかった。

澤はいつものように誰よりも高い洞察力で中盤でのピンチを救うが、攻撃ではぱっとせず、ボールコントロールでのミスが多かった。
スイスは澤本人を狙うというより澤からの配球を狙っていて、一旦キープした澤から出たパスを戻ってきたスイスFWに奪われるというシーンがものすごく多かった。
後半、佐々木監督は澤から川村への交替。これは正解だと思ったが、川村はイージーミスを連発し見ているものはハラハラしどうしだ。横の坂口もイージーミスをするので川村はこの先も出場するに違いないのでなんとか修正して欲しい。

川村に限らず日本はミスが多かった。これは男子同様で集中力を持続できない日本人特有のこと。他国よりミスが多いのは守備が下手で押し込まれるからというのもある。
相手に簡単に前を向かせ、縦方向に当たるのをビビリ、結果よい配球をされ、ラインがずるずる下がるという幾度となく見た男子同様の欠点が後半押し込むスイス相手にオンパレードだった。よく勝てたものだ。

後半スイスのバッハマンというホルスタインの突進を止められない日本。とにかく前を向かしてはならない、なぜ前を向かすのか理解に苦しむ。

1点先取して引いて守っても、日本は男子同様、他国のように速攻が出来ないので下がってはいけないのだが、簡単に前を向かしてしまうので最終ラインは下がる。5人の最終ラインの内一人はアタックすべきなのに行かないので自らの首を絞める戦い方だった。まあ何度も見てきた光景だ。

人工芝は平らで正確に球が走り、日本人に有利だと思っていたが、球は転がりにくくイレギュラーな動きもしてパワー系のサッカーに有利に思えた。短いパスだけで崩すのは危険だ。

修正点は沢山あるが、どれも頭の中で解決できる問題ばかりなので、佐々木監督の手腕に期待する。
大会を通して澤だけに頼るのは無理だとはっきりしたし、プレッシャーがかかると大儀見の動きは硬く力を発揮できないのは前回と同じだ。
日本を救ってくれるのはやはり川澄になるのではないか。
世界一のサイドアタッカーであることを証明して欲しい。


佐々木監督のヘディング
s-CHB9ax_UcAEbn18.jpg
s-CHB9dEEUcAEeXHV.jpg
s-CHB9ez9U8AAk4TX.jpg

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

日本、イラクを前半は柴崎劇場で圧倒

2015年6月11日 キリンチャレンジカップ
日本4-0イラク

日本の守備ラインは高く、FWも含めて運動量豊富でイラクに中盤でスペースを与えず前を向かせなかった。
一方日本は中盤で前を向けるので元々キックの正確な選手が多いため楽に展開できた。
ほとんど柴崎を経由して気分よく展開していく。また余裕を持って前を向けば本田の左足の破壊力はまだまだ健在だ。

アジア予選直前なので、お互い怪我をしたくないしアウェイということもあってイラクはガシガシくることはなく、その割に最終ラインは高かったので日本は有利だった。
こういった消極的な守備というのは日本がよくやってしまうところだ。
ちょっとした気持ちの持ちようでサッカーというのは決定的に不利な戦いを強いられてしまう。
結果は4-0だったが、それほどイラクと日本の差はないだろう。

前半だけで3点も取ってしまうと人間走らなくなってしまうもので、イラクにスペースを与え中盤で余裕を持って前を向かせてしまう。
自由に展開され苦しくなってくるといつも助けてくれるのは長谷部で、この日の後半もそうだった。3年後長谷部はいないだろうから、誰が後継者になるかだが、この日は短い時間だが谷口が出場し無難にプレイできた。学歴もあり、長谷部のような徳と強さをもった精神を発揮できる可能性を感じる。将来の日本代表を背負ってたつのはこの男かもしれない。

原口は見事なトラップ?で豪快に決めた。
武藤同様、横にも縦にも斜めに大きく動き勝負で出来るので頼もしい。現時点では宇佐美より一枚上の評価か。細かいことをしないところが本番向きだ。

永井は味方と重なることがあまりにも多い。引いて守ったときのワントップという使い方くらいしか見えてこない。
GKの川島は危ない場面もあったが、使っていくうちにもっとよくなるだろう。ただ本大会出場できたときは別のキーパーだろうが、さていったい誰がやるのだろうか。


原口、手でトラップ後ナイスゴール
CHOAxEgU0AEXd6J.jpg

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
CATEGORY:サッカー

THEME:サッカー日本代表 | GENRE:スポーツ

なでしこ川澄の絶不調。

2015年6月12日
女子ワールドカップ
日本2-1カメルーン


安藤が離脱、岩淵も怪我を抱える中、大きな期待がかかるのが、前回大会で大活躍した川澄。
この日は得点のアシストはしたものの、動きは明らかに悪く、ミスパスで何度も日本のチャンスを潰していた。守ってもいるだけという守備なので負担が他の選手に回ってくる。
はっきりいって日本の穴だ。それほど不調だ。佐々木監督は我慢して後半まで使ったが、本当は前半で代えたかったろう。交替時の川澄の表情から本人が一番分かっているようだったが。

対して絶好調は宇津木。
警戒しなければならないカメルーンのエース、エンガナムットも宇津木のサイドで攻めてくるときは1対1で負けないので怖くなかった。
攻めてもよいパスを連発し、日本のリズムを作っていた。
しかし、前半2点取った後、宇津木の最終ラインでの不用意なバックパスで致命的なピンチを招いた。ここらへんから日本のミスパスが増えてくる。攻撃のリズムがなくなってくる。それは試合終了まで続く。よく勝てたといえよう。

カウンターになっても大儀見がポストプレイに拘り裏を取ろうとせず、ボールが奪われ再攻撃されるというシーンが多かった。安藤が横にいるなら大儀見も今のままのプレイでもよいのだが。時には積極的に裏を狙わなければ局面を打開できない。

人工芝はボールが止まってしまうので、ショートパスの連続はよくないというのは分かっていたとは思うが、天然芝なら通っていたパスも転がらず獲られるというシーンが何度も続く。2試合目なのだから対応して欲しかった。
またロングパスの最初のバウンドが真上に弾むイメージで止まるので、ロングフィードは有利だ。しかし、ロングパスをほとんど使わない日本。ここらへんも修正が必要だ。
幸い次の相手は確実の勝てるエクアドルなので、選手を休ませることも必要だが、試合の中でいろいろ修正していくことも大事だろう。
佐々木監督がぽろっと「これが実力」と失点した日本代表を評したが、4年前より数段弱いチームであることは事実だ。現実を受け止めどう戦っていくのか。

ここは絶好調の宇津木をいかにうまく使うかではないだろうか。サイドだけで使うのはもったいない、後半やったように真ん中でプレイさせた方がよい。
攻撃でもなるべく宇津木に触らせればリズムがよくなる。宇津木に150パーセントの力を発揮してもらい、勝って行くしかないのでは。


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
CATEGORY:サッカー

THEME:サッカー日本代表 | GENRE:スポーツ

シンガポールGK活躍!

2015年6月16日
W杯アジア2次予選 日本0-0シンガポール
s-1c04abd2.jpg



タフさより巧みさ軽快さを感じさせるに日本代表のスタメン。
太田が出場しているので本田以外の左足FKが見られる、即ち得点のチャンスが高いということで期待が持てた。

ハリルホリッジが日本は直接FKがほとんどまったく決まらないと言ったのに対し本田が、
「責任を感じる」といっていたが、自分が外しまくっていたことに責任を感じているのだろうか?
問題はそこではなく、他の選手が蹴ろうとしないことだと思うのだが。

つまり、本田が欧州クラブで他人が蹴るはずのFKを大変な苦労して奪ってきたが、他の日本代表選手は「圭祐君が蹴るっていうなら…」と誰もFKを奪おうとしなかった、本田が俊介からFKを奪おうとしたような強い態度を誰もとれなかった、そこが日本代表の問題であることを本田も含めて選手たちは理解していたのだろうか。

メンタリティ、精神論を上から目線で得意げに馬鹿にする人、サッカー評論家などがいるが、日本人のひ弱さというのはやはり独特なもので、そこを代表の監督は理解しなければならないと思う。
緩慢なプレイをする本田を代表から外せないのはキリンのせいばかりではないのだ。

本田はザック時代よりかは球離れがよくなったが、やはり他の選手と比べ無意味に持ちすぎ、速く出せばチャンスだったのにというシーンがデジャブのように続く。
本田の球離れが良ければ勝てたとは言わないが少なくとも、あと5回は多くチャンスがあっただろう。

ダイレクトプレイが真骨頂の岡崎がゴール前でトラップする。
ここらへんに今日の日本代表選手たちの考えの甘さが見て取れる。シンガポールの必死さと温度差がありありだ。
それでもきれいに畳み掛ける日本代表。しかし、GKイズワンが落ち着いている。
シンガポールDFはここぞというときに速く間合いを詰め、日本に決定的な形を作らせない。

それでも前半だいぶ経って太田にパスが回るようになってから日本代表の攻撃が活気づきスペクタクルな試合となってくる。

後半、解説の松木さんがいうように縦パスは読まれてるのでサイドから行くべきだったが、右サイドの本田、酒井宏樹は効果的でなく、これならコンビの長い酒井高徳とのが良かった。
酒井宏樹はいつものような凡ミスがないなと思っていたら、終了間際の大事な時間に立て続けにミスを犯した。

俺はサイドアタッカーなんかではないと、宇佐美は思っているかもしれないが、この日のシンガポールのような素早いチェックに対しても宇佐美の驚異的な足の振りの速さだとクロスを上げられる。拘りを捨てないと将来本田のようになってしまう。
ドリブルもマリノス齋藤学のような真横の動きも入れて欲しい。

さほど実力差のない相手に執念を持って守られれば、こんなものだろう。
シンガポールはタレントがいるというわけではないが本当に詰めがよく、楽しみにしていた太田のクロスもDFの足に引っかかることが多かった。
GKをはじめとするこの冷静な闘志を持つチームはJリーグであれば優勝できるくらいの力はあるのでなないか。
シンガポールは気持ちの良いサッカーをした。
これで日本は良い心構えで今後の予選を望めるのでは。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
CATEGORY:サッカー

THEME:サッカー日本代表 | GENRE:スポーツ

なでしこジャパン、大収穫は岩淵の復活

2015年6月16日
女子ワールドカップ
日本1-0エクアドル


エクアドル アラウス監督 26歳
bijyo20150616_2_480_000.jpg
Vanessa Arauzド



宇津木らを温存した日本は、開き直って積極的にサッカーをするエクアドルに手を焼き、終了までスリリングな試合となった。

前2戦と違い、戻ってきて球を受ける大儀見。大儀見がこれをやると日本はリズミカルになる。開始直後に得点し気持ちよく攻め続ける日本だったが、エクアドルが予想外に強く、前夜の男子日本代表の試合をいやが上でも思い出す。

攻め込まれてもエクアドルはバランスがよく、闘志が消えない。
エクアドルのキンテロスのドリブルが有効で、一人では止められない。男子も含めてだが、日本にもこんな推進力のあるドリブラーが欲しい。とりあえずエリアを挽回してくれて周りが凄い楽になる。カウンターのとき他のアタッカーが上がる時間を作ってくれる。

後半故障開けの岩淵が出場し、ガラッと日本のリズムがよくなる。複数の相手でも抜いていくことができる選手がひとりでもいると確実に崩していける。
強豪国相手でも岩淵は攻撃の切り札となりえるだろう、キレていた。この日の大きな収穫だ。
宇津木の絶好調といい、岩淵のドリブル、キープ力のよさなど、日本は苦戦しているがかすかに優勝が見えてきた。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
CATEGORY:サッカー

THEME:サッカー日本代表 | GENRE:スポーツ

なでしこ。有吉のシュートかっこよかった。

2015年6月24日
女子ワールドカップ
日本2-1オランダ


7662b15d.jpg


オランダの気持ちの良いワイドな攻撃。
ラインぎりぎりまで張っているアタッカーにすいすいパスがつながる。しかし、その後のいきっぷりにやや迫力を欠いていた。
バッハマンのような選手がいたら日本はやばかった。
日本はラインを上げ、絶好調宇津木を中心に展開していく。あれほどFWがワイドならオランダの守備網は薄くなるのはしょうがない。前3戦よりかなり安心して観れたのではないだろうか。

普段スポーツ施設の受付をしながらサッカーを続ける有吉が、大儀見のクロスバーを叩いたヘッドのこぼれ玉をベッケンバウアーのようなクールなダイレクトシュートで決めた。
大会前ははたして使い物になるのかと疑念を持っていたが、大会を通してこれまで素晴らしい活躍をしている。決めるべき人が決めたのかもしれない。なでしこらしい。

大野は悪くなかったが、膠着状態を打破するため岩淵に交替。ここらへん、佐々木監督の采配はいつもどおりあたる。

岩淵投入後から日本は俄然活気付く。
速攻が出来ない日本だが、岩淵がキープしてくれるので皆がいい形で上がれる。
男子は速攻ができるようになりつつある日本だが、女子はまだできない。
速攻が出来ないチームが世界ランク5位てある意味凄い。
速攻が出来るようになれば、オランダ戦ではなかったが、いつものようなサンドバッグ状態でボコボコに攻められっぱなしという苦しい展開が劇的に少なくなる。
岩淵を使って速攻のひとつの形でも出来れば、随分と楽になるはずだ。

あと川澄のパフォーマンスが大分良くなってきた。オーストラリア戦で期待したい。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
CATEGORY:サッカー

THEME:サッカー日本代表 | GENRE:スポーツ

なでしこジャパン、メンタルでオーストラリアをねじ伏せる

2015年6月28日
女子ワールドカップ
日本1-0オーストラリア


s-蕪島c63fa93f



息詰まる試合だった。
幸いにも序盤オーストラリアはガンガン来ることはなく、中盤での攻防を意識した戦いだった。
しかし日本の中盤にはこの日のプレーヤー・オブ・ザ・マッチの宇津木が君臨していた。まったく当たり負けしない、日本の闘志そのものといっていい動きは、4年前の澤を彷彿とさせる。精神的な戦いになれば負けないという誇りは男子日本代表など遠く及ばない

また鮫島、有吉の上下動が凄く、オーストラリアアタッカーの脚をヘロヘロにしてしまった。さらに大野の人間離れした運動量で暑さの中、時間とともに日本を有利にしていく。

だが点が取れない。良くなってくるのだが点が入らない。観ているほうが苦しくなっていく。
フルマラソンの最後数キロというような攻防の中で、佐々木監督は止めを刺しにいく。つまり岩淵投入。
大野が走りまわったおかげでオーストラリアのDFに隙が出来ていた。あきらかに活性化する日本攻撃陣
そして後半42分にCKのこぼれ玉をその岩淵が決勝弾。
暑さの中、延長にならなかったのは準決勝戦に向けて本当によかった。


SB有吉は実に落ち着いていて素晴らしい。鮫島も素晴らしいが、より得点の匂いのするのは有吉。また決めて欲しいのだ。


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
CATEGORY:サッカー

THEME:なでしこジャパン | GENRE:スポーツ
検索フォーム
☆PR☆
新着rss
似顔絵
   
QRコード
QR
管理
FC2カウンター