プロフィール

とりあし

Author:とりあし
当blogはリンクフリーです。

コザクラインコ♀のレブン 性格 中国人 尊敬する人 西太后

インコPV
ランキング
キャンプ場
上富良野日の出公園オートキャンプ場
翻訳
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

高校サッカー決勝 屈強対決


第93回全国高校サッカー選手権大会 決勝

星陵4-2前橋育英

身体の強いチーム同士の決勝となった。
ほぼ守備に穴のない星陵にいい攻めの形を作れない前橋育英。FWにいいボールが入ってもディレイされチャンスを失いバックパスをしてしまう。セカンドボールを拾えない前橋育英は前半を圧倒されたがPK1失点で凌いだ。

後半コンパクトな布陣となった前橋育英はシュートを外しまくっていた野口、渡辺の前橋育英FWが立て続けに得点。

しかし1対1を切り返しで交わされシュート決められてしまった星陵DF原田が意地のヘッド弾で同点、延長となった。

高校生離れした身体の強さを見せる星陵森山。すぐJ2あたりで使えそうだ。顔つきがいい。繁華街では「兄貴!」と呼び止められそうだ。
スタミナも強く、延長でも身体のキレ衰えずに2発決め、試合を制した。


毎年すばらしいボランチがでてくる前橋育英だが、今年も鈴木という選手が活躍、準決勝では同点ゴールも決めたが、この日は星陵に屈した。
前橋育英はもっともJリーガーを輩出している高校らしく、皆身体が頑強でスタミナがある。しっかり走りきる気持ちのいいサッカーだ。
しかし最後には星陵森山の屈強さがすべてにまさった形で終わった。


それにしても前橋育英ゴールキーパー吉田舜の正確なキックには舌を巻いた。
シュートを打たれるのは逆にチャンスですらある。
浦和の西川がフィード力があるとかいう人がいるが、そんなの問題にならない攻撃的なキーパーだ。
完璧な守備をしていた星陵が一瞬油断し妙に引いたとき、吉田自らがPエリアを出てキックし、アシストとなった。試合全体を読む力がある。
フィード力があるという触れ込みのキーパーがよくやる、キャッチしてアンダースローで即座に味方に投げるという極めて危険で安直なプレイがあるが、吉田はまったくやらない。
少なくともハーフラインまで届く早いキックなので、奪われてもいきなりピンチにはならない。ここで終わってほしくない異能のゴールキーパーだ。

決勝の放送は鬱陶しい女性リポーターのタイミングの悪い棒読みコメントが入らずよかった。よほど日本テレビに抗議の電話が入ったのだろう。
女性リポーターだがアナだが知らないが、せめてサッカーに興味がある人間を使うべきだろう。まあ女子アナとかがストイックの極致であるサッカーという競技に興味を持つことは少ないとは思うが。


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
CATEGORY:サッカー

THEME:高校サッカー | GENRE:スポーツ

アギーレ八百長疑惑

maikannnn.jpg



去年の今頃は今シーズンのセレッソ大阪は優勝するのではないかという前評判で、選手も戦術も実に魅力的なチームであった。
でも変だなと思ったのは、恩人といえるクルピ監督を首同然で放り出し、ポポビッチを監督に据えたことだった。
いうまでもなくポポビッチの監督としての能力はクルピに遠く及ばない。また金の使い方も出鱈目で、フォルラン一人獲ったからといって簡単に勝てるほどJリーグのレベルは低くない。
岡野社長が独善的な経営をするセレッソ大阪は1年前の強さをまったく発揮できず2部に落ちた。

ポポビッチにはなんか生臭いにおいがする。
セレッソをシーズン途中に首になったポポビッチが今監督をしているチームはレアル・サラゴサ。
そうアギーレが監督をしていたチームで八百長がとりざたされているあのサラゴサだ。
相手チームに金を送ったとされるレアル・サラゴサのアガピト・イグレシアス前会長はもともと問題が多い人物で八百長をしかねないと世間でも思われていた。
大体、ポポビッチを突然雇うようなチームはセレッソ同様それだけで経営陣が胡散臭いというか生臭い。
八百長ぐらい平気でする連中かもしれない。

また原博美がなぜたいした実績もないアギーレに何年も前から代表監督のラブコールを送り続けたのも不思議でしょうがない。
これらの断片的な不思議さは何かの要素でひとつに繋がるのではないだろうか。

アギーレ監督の記者会見を見たが、映像というのは怖ろしいもので、疑惑を否定していたアギーレの顔にははっきりと「八百長をやった」と書いてあった。
もっともこれを法的に証明することは難しいだろう。

とにかく4年後のビジョンも持った監督にさっさと代えてほしいのだ。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

セリアAとブンデス、プレミアのスピードの違い?


gatyou).jpg


2015年1月16日 アジアカップ 
日本1-0イラク

3,4点取っていてもおかしくないくらいの決定機があったが、ついてなかった。かといって内容がそれほどよかったわけでもない。

良くも悪くも本田の動きが気になる。
本田が中央に入っていくのはミランでもやっていて機能しているし、代表でも結果をだしているが、サイドプレイが不得意だからといって有利な形だけに拘泥すれば相手に読まれてしまう。隙を突かれてしまう。
この日に限らないが、本田がもう数メートルサイドに張っていれば、パスが通りチャンスになるという形が何度もあった。そのうちさすがに本人も気づき、少し外に張るようになったが、習慣というか性質的に漠然とメリハリなく中央に入ってきてしまう。
そのスペースを埋めるのが本田にはないスピードを持つ高徳なのだが、彼がクロスを上げるときは蹴る前から「ああノーチャンスなんだな」とわかってしまう。
それは戦っている選手も同じみたいで、岡崎ですら高徳のクロスに対しては蹴る前からあきらめ顔で鋭い反応をしない。どうせ自分の方向にはボールは来ないのだから。
高徳は身体能力は高いのかもしれないが、他は少年団レベルのままなので危なっかしい。この日のイラク程度にゆるい相手なら問題はないのだが。

もう何十回も見たプレイだが、本田の横を誰かが猛然とオーバーラップすると、それを囮に使い切り返して中へパスする。ドリブルする。
無論それは状況によっては正しい選択なのだが、本田が一旦切り返すことによって0.5秒ほど攻撃が遅れる。オーバーラップした選手に普通にパスすれば速い攻撃だったのに、相手に守られることなくきわどい形に持ち込めたのに、というパターンが多すぎる。

オーバーラップした選手だけでなく、ペナルティエリア内に突っ込んだ岡崎に合わせようとしたパスでも、バイタルで香川が本田からのワンツーをもらおうとするときでも、ほんの一瞬遅い。でもってパスが通らない。難しいタイミングでもなんでもないのに遅い。
これは本田の能力や病気からくる衰えというよりセリアAというスピードという点で一枚落ちるリーグでプレイしているからではないだろうか?
それともやはり単なる衰えなのか?
ポストに当たったシュートは利き足でなかったとはいえ、外す方が難しいくらいのシュートだった。

とにかく本田のPKはイラクのキーパーだから取れなかったが、日本代表にはもっとうまい選手がいるのだから他の選手に蹴らせることも考えたほうがよい。

イラクはこれといった鋭さがなかった。
この日の作戦だったのだろうが、右サイドで意図的にファウルをもらうことが多く、FKを唯一のチャンスとして狙っていたのだろうが、意外とキックがしょぼく日本は助かった。

ヨルダン戦は柴崎とか使いたいところだが、負ければ敗退するかもしれないので、もっとも消耗している長谷部を使わざるをえないだろう。

あと松木さんは相手の10番の選手くらい名前を覚えよう。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
CATEGORY:サッカー

THEME:サッカー日本代表 | GENRE:スポーツ

武藤の正しいサッカーでヨルダンに勝利

2015年1月20日 アジアカップ 
日本2-0ヨルダン

後半、疲労から攻撃が沈滞していた時間に武藤投入。
澱んだ水が一気に清浄された。
左から何回も攻撃できているのに得点できない、クロスが合わない。ベンチから冷静に見ていたのだろう、武藤はこの日、日本ができていなかった、速いタイミングでのグラウンダーのクロスを香川へ。あとはインサイドで押し込むだけのすばらしいクロスだった。

本田の感覚も少しずつ皆と合ってきてリズミカルな攻撃ができていたが、やはり本田、遠藤、乾がせっかくの好機をプレイの遅さで逸してしまうシーンは多く見られた。
ダイレクトで処理すればいい球を3タッチで返す遠藤。
左サイド深い位置で長友のオーバーラップでつくったチャンスを単調なドリブルで何度も潰す乾。意味、意図のあるボール保持ならよいが、漠然と勝負しようとする乾。球離れの悪い乾。駄目ならやり方を変える、ということができない。これではリトルホンダだ。
アジアレベルでは通用してしまうが、強豪国相手では絶対通用しないプレイスピードだ。

意味のあるドリブルという点では長谷部に勝るものはいないが、この日ももっとも走りチームに貢献したのは長谷部だった。
ヨルダンから何度も悪質なファウルを受けていても、事前に察知し怪我にならないようにうまく転ぶ。
ピンチのときはリスク覚悟のファウルで止めるが、絶対に相手に怪我をさせないように配慮して引っ掛ける。代表の中では1次元違う精神性の選手だ。
しかし、次の試合まで中2日は長谷部にとっては過酷だ。

自分で打てばいいものを最後に本田にパスしてしまうといううんざりするシーンはこの日も多かった。本田や遠藤というのは皆が合わしてくれて初めて存在できる選手なので、本田、遠藤が前提のチームは布陣もコンセプトも限られたものになってしまう。硬直化してしまう。将来を考えれば公式戦のアジアカップから外すべき選手達なのだが、アギーレ自身に将来というビジョンがなく、とりあえず目の前の試合を勝てばいいということだから、他の選手の意識の高さに期待するしかない。
そういった意味で本田をわざわざ探さない武藤の当たり前のプレイがすがすがしい。
清武は本田、香川に匹敵する能力の持ち主なんだから、バランスをとることなど考えずにエゴを剥き出しにしてほしい、ズバッと打ってほしい。



ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
CATEGORY:サッカー

THEME:サッカー日本代表 | GENRE:スポーツ

錆びだらけ手垢まみれの日本

001cc8e3-s.jpg


後半中盤にスペースができつつあったが、逆に最終ラインは鉄壁となったUAEディフェンスに蟻の一穴を開けた柴崎の渾身のシュートが突き刺さった。

類まれなサッカーセンスの持ち主であるが、玄人好みというか華、派手さ爆発力に欠ける面があり、決して子供たちのヒーローではなかった柴崎がまぎれもなく日本人最高の選手であることを証明したシュートだった。
ベンチに坐っているときから考えていたのだろう、日本代表は一見チャンスを作れているように見えたが、決定力以前に何かが足りなかった。

何回も同じことを書く自分がアホに思えてくるが、敗因は本田、遠藤、香川、乾のボールの持ちすぎだ。単にそれだけだ。システムとか関係ない。
本田は毎度毎度4秒くらい平気でボールを持つ。他も似たようなものだ。まあ香川はまだ意味のあるボールの持ち方をするが、他の3人は遅いだけだ。頭が悪いだけだ。
いったい、何十年前のサッカーをしたいのか。

おかげで昔の速攻できない日本に戻ってしまった。
全世界でも数少ない速攻をしないチーム。

かつてトレゾールという最終ラインにいる選手がベッケンバウアーみたいにゲームを作る時代があったフランス代表。このときはわざと速攻はしなかった。速攻をしたほうがチャンスは多いに決まっているが、そんなのトレビアンではないからしなかった。おそらく世界最高のサッカーであったが、もちろん日本代表の場合はただ単に判断が遅いために出来ないだけだ。

サッカーに限らないが、リズムというものがある。
「敢えて速攻をしない」という哲学で遅いサッカーをするのと違い、「ほんとは速く攻めたいんだけど一呼吸置きたいし」というコンセプトでもなんでもないサッカーにリズムなどない。あるとしたら、決定的な場面で何度も何度も外してしまう、決めきれないというリズムだ。何かのきっかけでそのリズムが始まってしまうと止まらない、全く決まらない。
よくあるやつだ。
それを壊してくれたのが柴崎だったが、長友の負傷で柴崎をサイドバックにしたので希望はついえた。

本田のPKが外れることはかなり多くの皆さんが予感したと思う。
キーパーのレベルが上がれば蹴るところ蹴る方法が本田の場合少ない。それにしても外れすぎだ。
目に深刻な障害が起きているのだろう。
全盛期の本田は今のようにちまちまボールを持たなかった。持ちすぎも病気の影響といっていいだろう。

本田と心中というチーム編成だから、ある程度は覚悟の上だが、スタメンに遠藤、乾とか後半交代するに決まっている選手を出すこと自体、監督の無能さが露骨に表れていた。
まともなら長友の怪我のときに誰かと交代できたはずだ。
アギーレはもうサッカーどころではないのだろう。もうすぐ辞任するに決まっているアギーレを責める気持ちなど微塵もないが、協会に対してはいいかげんにしろという気持ちだ。
将来のビジョンを捨て、古いメンバーで実利をとりに行こうとしてこのざまだ。

もう電通とか言うフィクサー系企業や宗教がらみのビール会社や愛人作りまくる通産官僚とか要らないから、安い報酬でやってくれる若い監督を見つけてきて欲しい。
戦後日本の諸悪の根源みたいな連中がよってたかってサッカーを汚す現状に我慢ならない。




柴崎をスタメン起用できない監督はワールドカップなど向いていない

images (10)


ポンポン前に蹴る韓国サッカーであってもソン・フンミンやイ・グノはボールを持つ時間は長い。
しかし、本田や遠藤のような時間を戻してしまうような保持ではなく、早送りで展開していく推進力がある。
乾と違い閃きとスピードでドリブルし切り裂いていくソン・フンミン。
最初にパスするタイミングがあっても粘るのだが、結局バックパスする本田と違い、粘ってえぐって決定機を量産するイ・グノ。
これらは持ちすぎとはいわない。

日本人の特に組織では問題を先送りする傾向がある。野球で初球を打たないことは特段問題にはならないが、同じ概念でサッカーをすると日本代表のようになってしまう。本田や遠藤になってしまう。

もう負けられない決勝トーナメントで、スピードスタミナに欠けるのは明らかでも、戦力戦術を計ることができるいつもと同じ先発メンバーで勝負しようというアギーレはワールドカップのような戦いには向いてないと思う。

柴崎や武藤の能力は未知な部分があり、使うのなら後半というのもローリスクに戦ったのではなく問題を先送りして失敗しただけだ。
30本以上シュートを放ちながら勝てず、PKを失敗したのがあえて主力として使った香川、本田というのは象徴的であからさまだ。次に何をすべきか、UAE戦で関係者もわかったと思う。
そもそも何をしに行ったのだろう。
メディアやファンに先んじて未来を構築するのが代表監督の役割だと思うが、アギーレは結局何もできなかった。

大スポンサーが八百長監督というイメージを許すことなどありえず、アギーレは解任または辞任するが、もししなかったら、アギーレに関わる不思議さが宗教系スポンサーにも関係しているということだろう。


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
CATEGORY:サッカー

THEME:サッカー日本代表 | GENRE:スポーツ
検索フォーム
☆PR☆
新着rss
似顔絵
   
QRコード
QR
管理
FC2カウンター