プロフィール

とりあし

Author:とりあし
当blogはリンクフリーです。

コザクラインコ♀のレブン 性格 中国人 尊敬する人 西太后

インコPV
ランキング
キャンプ場
上富良野日の出公園オートキャンプ場
翻訳
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

日本代表は強くなれるか

インテンシティ、インテリジェンス、マリーシア、ボランチ、リベロ。
サッカーの用語はすべからく曖昧で、戦術論を謳うときは逆に便利だ。
似たようなことはビジネスの世界でもあって、曖昧なカタナカ用語でソリューションしちゃったりするやからも多い。
そんな小難しい用語は置いといて、日本代表は強くなれるのか考えたい。

ワールドカップの惨敗はとりあえずとして、日本代表は強くなったのか。

なった。
漠然とした言い方だが異論はないだろう。

ではザックジャパンになって、強くなったのか。

なった。
選手間の距離を短くしパスワークで崩す事ができるようになったから、などというつもりはない。これはひとつの形でしかない。
強くなったと考える最大の理由は速攻(カウンター)がやっとできるようになったからだ。
できるといってもたまにだが。それでも偶然ではなく意図を持って速攻できるようになった。
あらゆる競技がそうであるように、サッカーにおいても最も有効な攻撃は速攻だ。
いうまでもなくブラジルワールドカップでいやというほど証明されたことだろう。

長い間、日本代表は速攻(カウンター)というものができなかった。
日本以外にあるのだろうか。あの簡単な速攻という攻撃ができない国。

速攻以外戦術がないということもあるだろうが、アジアの弱小チームでさえ、日本代表より遥かに上手に速攻をする。
近年、日本代表で速攻が決まるようになってきたのはなぜだろう。
極めて簡単なことだ。
速攻のときにバックパスをしなくなった。
ただそれだけだ。

日本代表の試合で速攻の場面でなぜかいつも無意味なバックパスをして、当たり前のようにチャンスをつぶすのを見て、ザッケローニはぶったまげた。こいつらアホかと。
サッカーにおいて最も得点の生まれやすい場面で自ら機会を失うことを繰り返す日本人。しかも代表チームでだ。
結局ザッケローニはバックパス禁止令を出すのだが、遠藤だけがどうしてもバックパスをしてしまう。これは体に染み付いたもので直らない。Jリーグやアジアレベルまでなら何とかなっていたので、遠藤はそれでよしとしていたのだ。
それでも代表戦で速攻のチャンスなのに戦術的に無意味なバックパスをする遠藤に試合中怒り狂い、怒鳴り散らすザッケローニの努力によって遠藤もバックパスしづらくなり、いつもではないが、速攻の形ができるようになった。

これができるとできないとでは大違い。結果的に勝てるようになった最大の原因がこれだ。
馬鹿馬鹿しくなってくるが、まだまだ日本代表は直さなければいけない初歩的な部分は多い。

ワールドカップ出場国中、日本のようにイージーミスの多いチームはなかった。
ただ、初歩的なことだから直すのはそう難しいことではない思う。
速攻についてもまだまだだ。日本人は速攻のとき、真ん中によってしまうのでスペースがなくなる。皆が大久保や岡崎のように走れるわけではない。
単純にいえばタッチライン沿いを走ればパスは100%通るのだが、この簡単なことすらできない選手が多い。

現段階の日本代表に高度な戦術、布陣は10年早いとまでは言わないが、5年早いと思う。
それらを見越してのアギーレ監督なのかもしれない。

にほんブログ村 サッカーブログ 日本代表へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
CATEGORY:サッカー

THEME:サッカー日本代表 | GENRE:スポーツ

代表選出の基準に学歴を

世界のプロサッカーリーグでこれほど大卒選手の多いリーグってあるのだろうか。
たとえばFC東京、

塩田 流通経済大
徳永 早稲田大
高橋 東京学芸大
三田 明治大
羽生 筑波大
武藤 慶應大在学中
平山 筑波大中退
渡邉 早稲田大

レギュラークラスでこれだけいる。海外でも大学サッカーからプロというのはあるらしいが、貧しい出身が多いサッカー選手は遠回りをしないことが多い。
韓国は文武両道という概念がなく、スポーツを選択したものは一切学問せず馬鹿のままでよいといういびつなエリート社会だ。だからキ・ソンヨンみたいなウルトラ馬鹿がいても不思議ではない。
kison.jpg


日本も50歩100歩ではという見方もあるだろうが、生まれてから本というものを1冊も呼んだことのない奴がざらにいる海外サッカー選手ほどではない。
また同じチームに大卒の人間が多数いるという環境も馬鹿にならないためにはよいのだと思う。多くの大卒Jリーガーは実力で一流大学に受かっている。

人間の脳が完成する段階で、脳をフル回転させる修練を何度も積むことはその後の人間形成によい影響を与える。遊び半分で大学生活をすごしていてもやはり結果的に磨きのかかった脳となる。視野の広さが価値観を子供から大人に変えていく。

こんな高学歴プロリーグなのに、ザックジャパンで高学歴といったら長友が明治大卒くらいだった。(ちなみにセリアAで大卒は5人しかいない)
歴代の代表チームのなかでも低学歴だった。
無論学歴で人間を判断するのはどうかだが、ザックジャパンが馬鹿ばっかだったのは間違いのないことで、まあ馬鹿でもセンスさえあれば何とかなるんじゃないのとも少し思ったが、結果的にやはり馬鹿では世界に勝てないんだな、サッカー以前の問題だなと思った。

海外の選手は低学歴なのになぜ強いのか。
日本人と違い、もともと組織チームワークのイメージが備わっているからだ。
野球のようにポジションによって役割が細密に限定されているものなら日本人は大得意だ。しかし、サッカーのように状況によって役割としての歯車の大きさ、位置、テーマを自ら考えて刻々と変化させていくという習慣や教育が一切されていない日本人の場合、引っ張ってくれる優れたリーダーが必要だ。


知性と人間性の高いリーダーが求心力を持つ。そのためには大卒くらいの知性の高さが有利で、支えるものも大卒が望ましい。
大人になりきれない日本民族(特に男子)は大昔からこうやって優れた組織を作ってきたのではないのか。

香川とか見てつくづく馬鹿は大人になってからは直らないのだなと感じた。直感とセンスだけでやる選手はいてよいが、中心となる選手は高学歴にしてほしい。


リーダーに責任を押し付けて楽をしたい。これがほとんどの日本人だ。
長谷部については大卒ではないが、足を引っ張る奴が多い中で充分すぎるほどよくやった。すばらしいキャプテンシーだった。この点だけでもアギーレジャパンに選ばれてほしい。


togoh8.jpg


にほんブログ村 サッカーブログ 日本代表へ
にほんブログ村
CATEGORY:サッカー

THEME:サッカー日本代表 | GENRE:スポーツ

まんだらけ方式 参考になった

まんだらけが万引犯の顔写真公開を中止した。
タイムリミット付の犯人顔写真公開を宣言したには理由があろう。
早い話、警察は何もしないからだ。消しゴムを左から右に移動するくらいの手間で犯人が逮捕できたとしても彼らはやらない。おそらく、まんだらけはこれまで何度も盗難被害届を出しているだろうし、証拠となるものも警察に提出していたはずだ。でも、パーフェクトに何もしないのが日本の警察。
単に値段が高いというだけでなく、文化的にも稀少な商品を次から次に万引きされてはたまらない。
ならば、自分たちで何とかするしかなく、今回の件になったのだと思う。

自分も交番へバイクの被害届を出しに行ったことがあるが、交番にいた巡査はにこやかに「巡回を強化しておきますから、被害届は別にいらないでしょ」と言い放った。いつも、この調子なのだろうし、この巡査が特別ひどい勤務態度というわけでもあるまい。おそらく上のほうから、被害届はなるべく受理しないようにというお達しがあるのだろう。
もちろん、被害届は書いたが、なんと指紋をとられた。
その後、被害のあった場所を巡回している警官の姿は数年間朝晩深夜問わず、ただの一度も見たことがない。
「巡回を強化します」は業界用語で「特段なにもしません」という意味で警官なら誰でも知っている。


警察はまんだらけに対し顔写真公開中止の要請をした。
ネットやマスコミで大きく取り上げられたため、このまま犯人が返しに来ても警察は面子丸つぶれなので、上のほうからの指令でちゃんと捜査して犯人逮捕しろということとなったのだろう。まんだらけにすれば、警察が最低限のことをしてくれるのなら、もともと文句などない。
タイムリミット当日、どうも犯人は返却しようとしていたらしいが、まんだらけの周辺にはマスコミが溢れ無理だったようだ。それもあって、まんだらけは顔写真公開を取りやめた。

自分の住む集合住宅でも同一犯による盗難が一昨年より多数発生していて、被害額はおそらく数百万円単位になるだろう。
「警察巡回強化中」という白々しい張り紙が笑える。
この件にかんしても約10年間、昼夜を問わず制服私服警官が巡回している姿をただの一度も見たことがない。

ただ、まんだらけのメソッドは参考になった。
ああすれば、怠け者の警察も動かざるをえない状況に持ってくことができるのだから。


ちょっと張り込んだだけで犯人は簡単に見つかった。
180センチくらいの男で一人でも制圧できそうだったが、
現行犯でなければ逮捕できない事案であること、
足は相当速そうで逃げられる可能性大であること、
一度逃げられれば2度と現れないだろうから逮捕の機会を失うことなどから、二の足を踏んだ。

犯人は今も盗みを続けている。
機会を見て公開しようと思う。


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
CATEGORY:社会一般

THEME:気になったニュース | GENRE:ニュース

ずるずる下がる悪癖を治せ日本代表

yaenosakurajuukamae.jpg


かつて超大国の代理戦争がはびこっていたアフリカで英国やフランスの軍人や傭兵が現地人に軍事訓練を施すときに困ったのは、銃を撃つときにアフリカ人は本能的に目を瞑ってしまうことだった。
欧州人からすれば何でこんな簡単なことができないんだと思ったろう。これでは弾があたらない。銃を撃つ文化のないアフリカ人には仕方のなかったことだろう。いつも撃たれる側だったから。
まず第一に、この悪癖を直すことが1人前のソルジャーへの始まりだった。

日本代表も50歩100歩だ。
サッカーを普段まったく見ない人が不思議に思うことのひとつは、日本代表がボールを保持した敵を3人で囲んでいるのに、そのままずるずると一緒に下がっていくという驚異的なシーンだ。他の国なら必ず一人はぶち当たりにいく。ていうかありえない。

相対する相手に、いきなり正面からドーンと当たることをよしとしない。
なんか失礼では、喧嘩売ってるみたい、な妙なリスペクトなのか。
物事の連続にたいして必ず、明確な間を持とうとする民族、文化からなのか。

野球ではなぜか初球を打たず様子見する日本人。拳闘でも一気にいけるときに一旦、間をとってしまう日本人。
なにか連続性の概念が日本人と他国では決定的に違う気がする。

日本人特有の間合いの取り方。しかしこの精神文化はサッカーでは大いにマイナスだ。
ただセットプレーではこれがよいほうに働くのか、日本人はセットプレーが実にうまい。反面、相手のセットプレーのときに休憩と勘違いして水を飲みに行った隙に攻められ失点(遠藤)ということもあった。



ずるずる下がらず、正面から当たれるときはぶち当たる。ボールを狩ることができるときは狩る。
この当たり前のことを前線から、中盤からやっていれば、あれほどボロボロの最終ラインにはならない。
今の日本代表に高度な守備戦術などまだ早い。
まず当たり前のことができるようになってからにしてほしい。

まず目を瞑らないで銃を撃てるようになる。そこからアギーレ監督に始めてほしい。
そして、ようやくできるようになった速攻を他国のようにまともに何回もできるようになること。

この2点だけでも今より滅茶苦茶強くなるはずだ。
なにしろ速攻と守備の基本なしでここまでやれたのだから。ある意味すこいよ日本代表。

にほんブログ村 サッカーブログ 日本代表へ
にほんブログ村
CATEGORY:サッカー

THEME:サッカー日本代表 | GENRE:スポーツ

鳥だってビールが好き!


「暑いなあ、やっぱビールだな。発泡酒でもいいや」

s-IMG_20140809_185555.jpg


s-IMG_20140809_185601_20140816125103554.jpg

ビール缶についたつめたい水滴が大好きなインコ。
もちろん中身は飲みません。

にほんブログ村 鳥ブログ コザクラインコへ
にほんブログ村

深川八幡さまの連合神輿

3.11震災でずれていた開催年が今年で正常に戻った。
雨が降らないでよかった。

出勤前にバイクで洲崎の交差点までいって見物。

IMG_20140817_081025.jpg

IMG_20140817_082038.jpg

IMG_20140817_082655.jpg

深川の神輿は大きい上、水をかけられさらに重くなる。
IMG_20140817_081706.jpg


洲崎の神輿は珍しい六角神輿。佇まいがイイ!

IMG_20140817_081321.jpg

IMG_20140817_081327.jpg
 
IMG_20140817_081329.jpg
IMG_20140817_081334.jpg
IMG_20140817_081344.jpg
消防団が消防ホースを扱う訓練にもなる水掛け。


新川は女性だけで担いで登場!神輿はちょっと小さめ。
IMG_20140817_083142.jpg


三社と違ってヤクザは排除されているのが深川。
あくまでも神様中心、住民本位。もっとも昔は結構いた。
洲崎など本来の町名の半被と二つのヤクザの半被と同じ町内で3種類の半被があったりした。

ヤンチャなのが三社のよいところなので、浅草ではヤクザとプロ担ぎ手を排除というのも寂しいだろう。観光の祭りなのでそこが大変だ。深川八幡祭りは観光の祭りではない。
担がなくても担ぎ手に水をぶっ掛けて楽しむといい。
CATEGORY:社会一般

THEME:今日の日記 | GENRE:日記

ベランダスイカ収穫

会社のベランダで作った小玉スイカを収穫。
ひとつしかできなかった。

s-IMG_20140821_100930.jpg

まあまあの大きさ。
s-IMG_20140821_101331.jpg


インコにも見せてあげる。
s-IMG_20140821_184635.jpg

少し気味が悪いみたい。
s-IMG_20140821_184641.jpg


どんどん離れていくインコ。
s-IMG_20140821_184700_20140822222012c60.jpg
s-IMG_20140821_184656.jpg


切ってみた。少し早かったかな。
s-IMG_20140822_200346.jpg

真ん中のほうは結構甘かった。まあまあの出来。昔のスイカの雰囲気。
農家の作るスイカには到底敵わないね。
最近売ってるスイカて滅茶苦茶甘いし、皮が薄い。

s-IMG_20140822_201045.jpg
種はインコの食料に。


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

見ごたえある好試合。FC東京4ゴール。代表に入るのは誰。

2014年8月23日
FC東京4-4浦和レッズ
味の素スタジアム


試合開始時間ぎりぎりに到着。飛田給遠いよ。
IMG_20140823_195644.jpg

IMG_20140823_185338.jpg

IMG_20140823_203041.jpg



もう強豪といっていいFC東京が堂々と首位浦和と打ち合った。
昨シーズンまでいたポポビッチのでたらめサッカーが一新され、Jリーグ序盤こそ勝ちあぐねた東京だが、フィッカデンティ新監督による優れた守備力は完成しつつある。
ポポビッチは強豪セレッソ大阪もでたらめにして解任された。

昨シーズンまで試合中に何度もポカをしていた森重がミスをしない。PKこそ与えたが、ワ―ルドッカプ後は人が変わったようにリーダーシップを発揮。ファウルに対しても抗議ではなく積極的にレフェリーと選手とのコミュニケーション役を買って出る。
味方選手の失点で不貞腐れていた森重はもういない。

開始早々Jリーグの至宝、浦和梅崎になんなく決められ1点献上。
しかし、わずか3分後にFC東京高橋の火を噴くようなヘッドが突き刺さり、ゴール合戦の火蓋が切られた。

FC東京の中盤は厚く、浦和は薄かった。浦和は柏木へ一旦当てても、FC東京の網にパスの出し所がなく攻めあぐねた。柏木がボールを受けるのは特に気にせず、その後のパスコース、特に縦へのパスコースを完全に消していた。

最終ラインが変幻自在に前の選手を追い越しあがってくるのが浦和だが、この日は武藤の存在が効いていたのかむやみに上がらない。武藤と森脇とではダチョウと鶏くらい足の速さが違うから。
中盤を制すことができない浦和はがら空きの逆サイドへ1本のロングパスで展開する場面が多かった。これをやるチームはまだ日本では少ない。苦し紛れの逆サイドへのパスで相手に取られてしまうのはよく見るが、浦和のパスは繋がる。

しかし、そこから先がない。

バイエルンの場合は翼が生えている。そこにロッベンやリベリーがいる。逆サイドへのロングパスはクライマックスの始まりなのだ。
そんな翼のない浦和はせっかくの逆サイドへのパスも後ろに戻してしまったりで、効果がない。
もしそこに大前とかズラタンだとかサイドでも能力を発揮できる選手がいれば、浦和の攻撃は破壊力満点になるのだが。
原口というサイドアタッカーがいない今、翼となれる選手は梅崎一人だ。しかし梅崎は中央付近でプレーすることが多く、本当の力を出すことができないでいる。
この完全両利きの選手はなでしこジャパンの川澄になれるほど能力があるのにもったいない。

故障明けマルシオリシャルデスが本調子となれば、柏木は孤立せず中盤での構成力もあがり浦和はさらに強くなるだろうが、真に強くなるためにはサイドアタッカーが必要だ。
はやい話がミキッチだ。彼こそJリーグ最高のサイドアタッカーだ。
ペトロビッチの3バックは少なくともどちらかのサイドにミキッチのような優秀なサイドアタッカーがいなくては完成しない。
つまり浦和ペトロビッチの力はまだまだこんなものではないということだ。

武藤がもてはやされているが、今の技術で日本代表云々なんて馬鹿馬鹿しい。
武藤を見た後、ガンバの宇佐美を見るとドリブルの巧みさ切れ味、シュートモーションの驚異的な速さ、まるでピストルを撃つようにあっという間にシュートする能力とか違いすぎる。
それでも武藤のシーズン序盤のヘタクソさ加減から言えば驚異的な進歩で、まだまだ伸びしろがあるのは明らかだ。足の速さ、学歴、ルックスでは宇佐美にすでに勝っている。

鈍足が多いFC東京FW陣なので、フィッカデンティ監督は武藤をスタメンで使いたい。
後半試合中、武藤は守備でのポジショニングをフィッカデンティに何度も修正され怒られていた。
三田でさえようやく守備での距離感、ポジショニングがわかってきたのに、武藤だけはわかっていないようだ。これでは武藤のいるサイドは守備のときに穴になってしまう。
フィッカデンティに怒鳴られて逆になんだかわからなくなってパニクっていた武藤だったが、数分後、横ドリブルから4点目を決めてしまう。こうした妙なスター性があるのが武藤だ。ここが三田と違う。

フィッカデンティのすごいのはこのゴールの瞬間、即座に羽生を呼びつけ戦術的なメッセージを詳しく伝えていたことだ。

身体に厚みが出てきた米本だが、この日は両足ハードタックルを何度か見せていた。
今までは自分のほうが怪我をしてしまう特攻タックルばかりだったが、いい方向に変わってきている。
豊富な運動量で縦横無尽にボールを狩りにいくのはいいいが、結局背後にスペースを与えてしまいカウンターを食らうということが多かった。高橋にしてみれば米本に首輪でもつけて手綱を持っていたいところだったろう。俺の側から勝手に離れるなと。
最近の米本は後のことも考えて飛び出していくので、高橋のストレスも随分軽減されたはずだ。

結局ブラジルに行けなかった高橋は、最近くだらない反則もしなくなり精神が安定してきた。森重や米本が自らのテーマをみつけ進んでいるように見えるのに対し、行く道が見えず悩んでいるようにも見えるが、今シーズンはインテンシティというのが彼のテーマなのかもしれない。この日の強烈ヘッドからもそう感じた。
まだまだ悩める貴公子は、どれだけ伸びしろがあるのか。
いつも高橋のことはボロクソに書いてる気がするが、FC東京、日本代表の強さも高橋のインテリジェンスにかかっていると思う。
代表に一番近いのは高橋かもしれない。

takahashie.jpg


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

CATEGORY:サッカー

THEME:サッカー | GENRE:スポーツ

アギーレジャパンの主軸に高橋を



28日にいよいよ代表新メンバーが発表される。

新チームを作るにあたって何から始めるかは人それぞれだろう。
守備の礎、攻撃のテーマ、精神的中心、いずれにせよ日本代表にとってやらなければいけないのは、長谷部の後継者を育てることだろう。
ザッケローニジャパンは結局、攻守共に長谷部がいなければなりたたなかったし、精神的な支柱でもあった。本田原理主義という非常識の中での数少ない常識人だった。
後半互いにヘロヘロになった時の、ここ一番のドリブル、縦パス、で日本は何度も勝利してきた。守備では遠藤という途方もなく守備力のない選手の横で危機を救い続けた。

物理的、精神的な視野の広さと試合全体をコントロールする能力、肉体的な強さ。創造性。知性。
現在Jリーグで長谷部以上のボランチなどもちろんいない。だが4年後を見据えて誰かを長谷部以上の選手を育てなければならない。
代表経験のある山口蛍や扇原、評判の高い米本など若手選手の名前がメディアをにぎわしているが、いずれも長谷部のような知力を感じない。
試合全体をコントロールする能力といえば、もう柴崎しか浮かばないが、仮に柴崎をボランチに置くなら、その横には相当身体的な強さが必要だ。

他ではマリノスの中町もなかなかよいのだが28歳。もっともいいのはFC東京の高橋だ。
中町に前節浦和戦で高橋が見せた豪快なヘディングシュートはできない。また高橋はセンターバックとしても高いパフォーマンスを発揮できる。これは大きい。3バックにしろ4バックにしろ、フォーメーションのバリエーションが広がる。

そしてなによりも代表の中心となりえる知力がある、ような気がする。
当然、いまよりメンタルの部分で大きな飛躍をしなければなるまいが。
長谷部だってはじめはいい加減なプレイばかりだった。
4年後には30歳、長谷部のスピリットを受け継いでほしい。
アギーレの目が節穴でなければの話だが。

にほんブログ村 サッカーブログ FC東京へ
にほんブログ村


CATEGORY:サッカー

THEME:サッカー | GENRE:スポーツ

代表メンバー発表。いよいよ船出。

武藤が代表メンバーに入ったのは正直驚いた。
強豪国DF相手に彼のトラップ技術ではどうにもならないだろうが、大きなストレスや困難をバネに飛躍してしまうところがあるので、よい経験になるだろう。この日本代表FWの中ではスピードは抜きん出ており、布陣的にも出場の可能性は高い。
ベタ引きのウルグアイの裏を抜けるスペースはないが、だったらこの前のように横にドリブルすればいい。ロッベンがするように横方向に動いてスピードを生かすのは有効だ。
いつも華がない代表メンバーだが、今回、武藤だけは華といってよいだろう(あとは柿谷くらいか)。健闘を祈る。

高橋、米本は残念だったが、二人が代表に近いところにいるのは間違いないことなので、怪我せず精進すれば道は開けると思う。

やはり柴崎は選ばれたか。
柴崎が代表レベルでいったいどんな動き、考えを表現実行するのか皆興味津々だと思う。
なんか吹っ飛ばされておしまいなんじゃないの、いや将軍のように試合をコントロールするのではないか、いったいどちらなんだろう。

サッカーセンスの塊、柴崎は代表でこそ生きるはずだ。というのが皆の心境、期待だろう。
とにかく見てみたい、代表での柴崎を。

GKは鳥栖から林が選出。
半年以上前から林こそ日本人最高のGKといい続けた、うちの奥さんの予言どおりだった。
あらゆるレンジの広さが強み。鳥栖を建て直し、今年、鳥栖がリーグ1位になったのも林がいたからこそ。
近いうちに彼が正GKになるのは間違いない。


からくも引き分け、武藤進化中。

2014年8月30日
FC東京2-2鹿島アントラーズ

連続無敗中同士の対決。
守備のいいFC東京に鹿島がどう攻略するのかみものだったが、序盤から一方的に東京の守備を崩しまくる鹿島。これじゃJ1とJ2の試合だ。

将軍として君臨する柴崎にフィールドを制圧される。しのいでくれるかと思ったのも束の間、前半10分に逆サイド土居を見失う吉本のまずい守備で1点献上。26分にはダビィに決められ前半2-0。圧倒された前半だった。
鹿島は前節の浦和のように中央から強引に行くことはなく、シンプルにサイドへ散らしダイレクトパスでボールを運ぶ。危険地域へ侵入するまで鹿島選手を止められない東京DF。
東京には柴崎のような冷静でクオリティの高い頭脳がない。羽生がなんとかしてくれると思ったが、術がなかった。高橋が頑張らなければならないのだが。

後半も鹿島アタッカー陣に後手をとるかと思われた東京だったが、序盤に武藤が惜しいヘディングシュートを外す。
なんで決めないんだ武藤!
というのがひとつのパターンで、こうした惜しいシュートを外した後に武藤タイムがやってくる。
Pエリア侵入する武藤を止められず鹿島がファウル、PK獲得。エドゥーは相当悩んで真ん中に蹴りこんだ。
最近いい時間に点を取る、つまり強くなった東京だが、優勢なのはあいかわらず鹿島の攻撃。東京はパスが繋がらない。しかし鹿島青木の退場で五分五分の試合となった。

終了直前に驚くべき出足で武藤がコボレ玉を千真ごと蹴る勢いでシュート。千真が飛び上がって避けたのでボールはネットに突き刺さった。
圧倒的に試合を支配されながらも引き分け。柴崎の悔しさで歪む顔が印象的だった。

途中出場した中島翔哉はいわゆるアジリティに長けた選手。
敵選手間の間に入り込んでパスを受けようとしているのだが、周りの選手が理解していない。
マンUの香川のように孤立気味だったが、相当な攻撃センスの持ち主。今後に大きく期待できる。

FC東京は横に広くなりすぎないようにしていて中央で防ぐというのはわかるが、サイドへ封じ込めきる守備もしないと次の試合はやられてしまうだろう。攻撃のときもサイドアタッカーがもっと張らなければ駄目だ。中央に寄りすぎていてパスが通らない、トラップミスをするというシーンが多すぎた。
CATEGORY:サッカー

THEME:サッカー | GENRE:スポーツ
検索フォーム
☆PR☆
新着rss
似顔絵
   
QRコード
QR
管理
FC2カウンター