FC2ブログ
プロフィール

とりあし

Author:とりあし
当blogはリンクフリーです。

コザクラインコ♀のレブン 性格 中国人 尊敬する人 西太后

インコPV
ランキング
キャンプ場
上富良野日の出公園オートキャンプ場
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
翻訳
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

どうなる決勝

ロシアの夏というのは実は暑いというのを知らなかった。ほとんどの人がそうであろう。

自身の昔のことを思い出すと、猛暑の中でサッカーをすると一試合で大体3キロ痩せるのだが、そのほとんどは水分で数時間のうちに水分や食事の摂取で2キロは戻る。しかしあとの1キロはどうしても戻らない。連戦となれば見る見る痩せていく。
夏の地区予選は勝ち続ければ3日連続で行われ、3日目といえば皆目の下真っ黒、誰も口を利かず目だけがギラギラして、囚われた捕虜のような佇まいだった。

3戦連続で延長を戦ったクロアチアは1試合分余計にやったようなもので、しかもフランスより1日少ない中3日で決勝にのぞまなけらばならない。圧倒的にフランスのほうがコンディションが良い。こうなると大量失点もありえるが、クロアチアは少なくとも前半は我慢のサッカーとなるだろう。
ただマンジュキッチがらしさを出してきていて相当警戒されるだろうが、ほんとに一瞬のすきを突くので面白い。
中盤の対決もボグバががんがん上がってくると怖いが、意外とフランスは前半は自重するのではと思う。がんがん上がるのはエムバペだろうが、若さゆえのコントロールできない精神性があるのでここで一波乱もあるかもしれない。
敵のパスがなぜか足に吸い付いてしまうように見えるカンテのすばらしい守備も見ものだ。モドリッチがどう対応するかだが、ドリブルが結構効果的ではないか。
今大会、右サイドバックに優秀な選手が多く、日本の酒井宏樹も実に良かった。対してブラジルは右サイドバックが穴だった。
決勝もクロアチアのヴルサリコ、フランスのパヴァールの両右サイドバックの上がりも見逃せない、というか試合を決めるポイントはここかもしれない。

ヴるさりこ。
Benjamin_Pavard.jpg

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

日本代表壮絶KO負け。カウンターでターフに沈む。

ロシアW杯
日本2-3ベルギー

IMG_20161214_115043.jpg


乾の無回転シュートが決まった後も日本の勝利を確信したサッカーファンはほとんどいなかったであろう。その次にやってくる地獄の猛攻がわかっていたから。
日本の脆弱な守備が失点1まででしのげるかどうか。

ハンターが猛獣を撃つ場合、心臓を打ち抜いても数分から数十分の間、ヒグマやライオンは生きていて反撃を仕掛けてくる。自らの命がもうないと分かっているから捨て身でくる。
ハンターにとっては恐怖だ。銃以外防御の方法がなく、かなりの確率で襲われ殺されてしまう。
ベルギーの猛攻はすごかった。こうなると日本は堪らない。猛獣は頭を撃ちぬかなけらばならないが、日本は止めを刺すことができなかった。

終了直前のカウンターでノックアウトされ日本選手は仰向けに倒れたまま立てなかった。
昌子にとっては毎試合化け物のようなアタッカーを相手にしてきて最後はルカクという規格外の怪物と対決しよく守った。Jリーグでは見たこともない初めて対決する怪物ばかりでさぞ疲れただろう。終了後ぶっ倒れて立ち上がれなかったのも無理はなかった。彼にとっては大きな財産となるだろう、贅沢な地獄だった。

1点目の原口への超絶ロングパスを出した柴崎だが、代表の中で彼ほど縦に速いサッカーを体現した選手はいない。カウンターが決まるようになったのはまさにハリルの賜物だ。ザッケローニ 時代では遠藤や本田、香川が自らの遅攻でカウンターのチャンスをことごとく潰していたのだから。
守備でのデュエルの弱さはまだまだだが、数十年間できなかったカウンターができるようになったのは日本代表の大きな大きな前進だ。ハリルホジッチに感謝したい。

好勝負になったのはやはりポーランド戦での6人替えが効いていて、あれがなかったら間違いなく惨敗だった。
西野監督は2回だけ馬券を買ったことがあり、共に万馬券だったそうだ。
また手倉森コーチは1200万円を馬券で溶かしたことがあるという。
ポーランド戦の無謀なギャンブルもこの二人がいたからこそなのだろう。
森保コーチはたぶん反対したと思う。

それにしてもサッカーの頂は遠い。でもうすぼんやりとした頂上がはっきりと見えてきた気がする。
守備の弱さ。指導者たちが今痛感していることと思う。これは小学生レベルから変えなければ駄目だ。
日本がベスト4に行くまであと何年、何十年かかるのだろう。生きているうちに見れるだろうか。

セルジオ越後にがっかり

slide_469860_6388274_free.jpg

ロシアW杯 日本0-1ポーランド

「手段にはこだわらず、なんでもいいから勝てばいい? そう考えることが一番、フェアプレーに反しているような気がするけどね……」セルジオ越後

歯に絹を着せないコメントは日本代表へのサッカー愛に溢れており、スポンサー糞くらえで的確な批判をするセルジオ越後氏だが、最近はその立ち位置を守らんとしてはじめから批判ありきになることがある。
手段にはこだわらずなんでもいいから勝てばいい。というのは氏がいつも日本人に足りない価値観だといっているもので矛盾した言い草だ。

これまでの各国の試合を見ても、サッカーとは綺麗ごとではなく、テレビの前で思わず声を上げる卑怯なプレイの連続だ。グループリーグ全試合でいったい何十回いや100回以上スパイクは踏まれていたろうか。
レフェリーにわかりにくいこの卑怯な反則は危険で、NHKで解説していた森岡氏も日韓W杯初戦でベルギー選手に足を踏まれ神経切断し選手生命も半分失った。
こういった悲劇を少なくするために今回のルールだった思うし、それがはじめて適用されたのが間違いなくずば抜けてフェアプレーをする日本だったのは印象的だ。

この試合日本は勝ち取ったのではなく負け取ったのだ。
試合内容は悪かった。
世界ランキング6位に対し1.5軍で勝負に行ったのはそれほど長谷部や原口、大迫は消耗していたのだろう。ただし日本代表の攻守の原動力である柴崎だけは外すわけにはいかなかったようだ。
高徳を出場させるだけでもハイリスクノーリターンだったのだが、お粗末なプレイは散見されても山口のような決定的なミスはなかった。数年前までは同じ酒井姓の宏樹と同評価くらいだったが、今はもうすっかり差がつけられた感じだ。
同じことは宇佐美にもいえ、乾とはここ数試合だけで決定的な差が付いてしまった。時間稼ぎ目的以外で宇佐美が出場することはもうないだろう。国際的な評価にしても、宇佐美?あのメンタル弱い選手ね、くらいのもので商品価値もぐっと下げてしまった。
失点に繋がる緩慢なプレイもしている乾だが、得点もしているし機能しているしメンタルの強さを出している。

はっきり使えない選手がわかった試合であったが、スペースがあれば武藤は相当な武器となることもわかった。
4-4-2でトップに使えば強豪国相手でも面白い。高さでは勝てないがスピードでは武藤なら圧倒できる。相手国にとって武藤は嫌だろうし、戦術がわかり切った日本代表の読めない部分にもなる。

いずれにせよ次の試合は恥ずかしい試合はできなくなった。
柴崎の消耗度が気がかりだが。



ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

西野監督の更迭を

スイス戦で動きの悪い選手が多かったのはコンディションの問題で、他国と違って弱い日本代表は1次リーグにピークを合わせなければならないため疲労感も大きかったのだと思う。大迫や原口に精細が無かったのもそのせいだが、それにしても大迫の負傷退場は仮病みたいなもので、不満が爆発寸前なのが見て取れた。不満が西野監督に対してなのか、協会なのか本田なのか、まあ全てなのだろうが、本田トップ下などやってられないというのが本音だろう。
その本田だが、最近は守備をあまりサボらなくなってきていたので、まあ頑張るのは予想どおりだった。頑張るのは誰にも出来るのでどうでもいいとしても、PA内での絶好のパスを何度も持ち直してチャンスを失うというこれまで何度も繰り返してきた信じがたい光景を再現した。
このこと一つとっても代表ではもう無理なのだが、運転免許と違って日本代表には認知症検査というものがなく、後ろ盾の偉い人がいいといえば通ってしまう超日本的な組織なので本大会でもスタメン出場が濃厚だ。

本田がいるとCKを蹴るので、それだけでチャンスが一つ消えてしまう。交替した柴崎のCKの鋭さ、何か起こるぞというキックとは大違いだった。
いるだけでチームの和を乱す本田。
少年サッカークラブでちょっとうまくて一見人気者の子供だが、金持ちの有力者の両親が監督に子供をスタメンにするように圧力をかけ、それを知っている他の子供や親たちに実は嫌われているというパターンが今の本田かな。本当に能力があれば何の問題も無いのだけれど。
個を尊重したパスサッカーとか、ショートパスで組み立てるのが日本人に向いてるとか単なる宗教でしかなく、逆サイドにパスできない、ロングパス、ロングランニングができないサボりたいということの言い訳に過ぎない。ショートパス戦術が日本人に向いているとは思えない。
西野監督や田嶋会長の世代がとり憑かれているのは西ドイツ大会のオランダクライフの亡霊だ。
当のクライフが生きていれば日本のサッカーの遅さに大笑いするだろう。パスサッカーではなくバックパスサッカーだから。オランダにあった速さ激しさ、そして闘志の欠片も無い日本代表。
いまからでも遅くない。ファンタジーの世界にいる西野監督を更迭し、現実路線でサッカーをするであろう手倉森氏に監督をさせたほうがよい。

kimjongun.jpg

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ハリルホジッチ解任

欧州遠征後のメディアのざわつきからこれは解任だなと思ったが、そのとおりとなった。
ただ監督は手倉森だと思っていたが、西野氏だった。

最近の代表の成績は特別悪いものではなかったが、試合内容というか迷走感が酷かった。
選考基準も思いつきのような基準ばかりで、この時期に森岡起用とか意味不明だった。

メディアに揶揄される「縦に速いサッカー」だが、これは日本代表が伝統的に縦に遅いサッカー、つまり世界でも珍しい、弱いのにカウンターすらできないサッカーチームだったからで、ハリルホジッチになってからとうとう普通にカウンターができるチームに成長した。これは大きな成果だった。
代表でカウンターができたチームというのは永井ワントップのロンドン五輪くらいで、フル代表では記憶にない。これでまともな守備さえできれば相当期待が持てるのだが、その守備はサイドバックから崩壊しかかっている。

それでも手倉森監督なら堅守速攻で行くだろうから、なんとか短い時間で立て直してくれるのではとポシティブに捉えていた。しかし、後任の西野氏は「つなぐサッカー」とか言い出している。またたく間に暗雲が広がった。
大丈夫なのだろうか?
一説にはスポンサーの圧力で解任が進められたというが、まさか香川トップ下とかやめてほしい。絶望的だ。
欧州遠征で客席にいた香川をカメラは映していたが、妙に自信満々だったのが不可思議に思えた。杞憂であってほしいが…

マリ戦で大島が見ている者の瞳孔が広がるような活躍をしていたが、あのとき大島が負傷欠場さえしなければ、マリ戦とウクライナ戦で勝利をつかみ、かつての井手口のような賞賛を浴びたろう。
そして日本中のサッカーファンの胸を高鳴らせながら、悠々とハリルホジッチはロシアの土を踏んだのだろう。大島さえ怪我をしなければ。



IMG_20141231_191643.jpg


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
CATEGORY:サッカー
TAGS:
THEME:サッカー日本代表 | GENRE:スポーツ
検索フォーム
☆PR☆
新着rss
似顔絵
   
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
QRコード
QR
管理
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。