プロフィール

とりあし

Author:とりあし
当blogはリンクフリーです。

コザクラインコ♀のレブン 性格 中国人 尊敬する人 西太后

インコPV
ランキング
キャンプ場
上富良野日の出公園オートキャンプ場
翻訳
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

神の子池にようやく行った


s-IMG_20140719_153928.jpg



辺鄙なところにあるため、ここに行くと他のスポットに寄る時間がなくなる。
そのため何度も北海道に来てるのに一度も見にいってなかった。

はじめて見る神の子池は、まあ予想通りというか写真で何度も見たとおりの印象で、ひじょうに美しいが感動はなかった。
観光客もそこそこの人数がいる。

それでも綺麗なので何分見ても見飽きない。
下流の水を触ってみると痛いくらいに冷たい!

誰にも知られていない時代だったら、さぞかし神々しかったろう。

水は澄んでいるがぞっとするほど青い。
この美しさがそのまま大きくなったものがオンネトー湖だ。
世界で一番美しい湖かどうかはわからないが、少なくとも10本の指にははいるだろう。
それほどオンネトー湖はすばらしい。何度行っても感嘆する。
神の子池の青さを見ながらオンネトーに想いを馳せた。


2014年7月

にほんブログ村 バイクブログ キャンプツーリングへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

北海道の全速毛虫

北海道で旅しているとわりとよく見かける毛虫がいる。

なぜよく見かけるかというと、駐車場、道路、野原、空き地などで猛然と突き進む姿にびっくりするからだ。
毛虫としては大きく、計ったことはないが10センチオーバーくらいあると思う。
この巨体を毛虫とは思えないすんごいスピードで真一文字に突き進む。

いったい何の理由で道路などを進むのかわからないが、とにかく全速前進だ。毛虫のくせにえらい距離を走る。

この毛虫はヒトリガかまたはシロヒトリという蛾の幼虫らしい。

kumakemusiqq.jpg

別名クマケムシともスピード毛虫とも言われる。

とにかく突き進んでいるところしか見たことがない。
あまりにもひたむき、一切計算のない懸命さに思わず見ほれてしまう。

北海道旅行をして道路などで見かけたら、かわいがってほしい。

にほんブログ村 バイクブログ キャンプツーリングへ
にほんブログ村

北海道 シラルトロ湖キャンプ場 空いてる

釧路地方 シラルトロ湖キャンプ場


s-P7190188.jpg



s-P7180179.jpg

フラットな場内。トイレと炊事場がかなり離れている。これはこれでよいと思う。
トイレと炊事棟が近いとその近辺ばかりにテントが集中してしまう。
トイレ洗面所の水は飲用できず、かなり離れた炊事棟まで水を汲みにいかなければならない。これは車中泊対策にもなってよい。

膀胱の小さい人はトイレの近くに、料理重視の人たちは炊事棟のほうに張ればいい。
ただトイレ棟の扉をガラガラと開け閉めする音は夜にはけっこう響くと思うので、あまりトイレ棟近くに張らないほうがよいのではと思う。


自分たちが来たときは熟年ライダーの方のテントひとつだけで、どこに張ろうか迷った。
結局、ちょっとじめじめしてるが木立の中に張ることにした。シラルトロ湖も木の間から見える。なかなかよいロケーションだ。
s-IMG_20140720_075440.jpg

s-IMG_20140719_064313.jpg


s-P7180186.jpg

s-P7170152.jpg

s-P7190189.jpg




ふと気がつくと親子連れの鹿が入り込んでいたりする。

P7180160.jpg


荷物はかわいいリヤカーで運ぶ。
s-IMG_20140720_083228.jpg


わかりやすいゴミ箱はいい。

s-IMG_20140720_083242.jpg


キャンプの受付をした憩いの家茅沼で23時まで(受付22:30まで)入浴できる。ゴロンとなる休憩室もあり。
我が家の場合、徒歩圏に温泉があるというのがよいキャンプ場の条件のひとつだ。
たとえ車で5分の温泉でも、普段運転をしないのでストレスとなり心からくつろげないのだ。

キャンプ場で駐車場から遠いというのはけっこうどうでもよい。もちろん、重い荷物を運ぶのは大変だが、そうした小さな苦難のあるキャンプ場はマナーの悪い客が絶対来ないので、さほど減点対象とならない。

近辺にはいろいろキャンプ場があるので、あえてこのシラルトロ湖キャンプ場にする人は少ないようだ。

車中泊絶対お断り、お金をはらってもテント張らない人はお断りと書いてある。
これもありがたい。
車中泊の人はホントにピンキリでたちの悪いのもいて、その悪いほうが年々増えているように思う。昔泊まった熊の湯そばのキャンプ場ではキャンプ代を払ってるかどうかも疑わしい関西系車中族のでかい車数台が我が物顔で駐車場を私物化していて大迷惑だった。無料の熊の湯温泉に入る観光客に悪態をつくのは地元の漁師なんかではなく、こいつらだ。
地元でも嫌われているらしい。今もいるのかどうかはしらない。


前回来たときは湖畔で荷物は100メートルくらいある坂をリヤカーで運ばなければならなかった。トイレはボットンで大きいいほうは憩いの家茅沼までいった。
オフシーズンは水没してしまうキャンプ場で、そのときボットン便所はどうなっているのか不思議だった。
寝ていると雨のせいか湖の水かさが増してきてテントのすくそばまで水がやってきた。このまま浸水するのではと自分たち以外誰もいないキャンプ場で不安だった覚えがある。
その以前のキャンプ場は上から見えない。おそらく年中水没したままになってしまい、キャンプ場を移動せざるを得なかったのではと思う。


連休が近づき多少テントが増えてくる。
チャリダーのカップルさんやソロライダー、ソロチャリダー、犬と一緒の熟年夫婦などよいお客さんばかりでいい。

s-IMG_20140719_184227.jpg


シラルトロ湖を眺めながら、ししゃも、海老、牡蠣などを焼く。
s-IMG_20140719_201740.jpg


テントのインナーについた小さな点が点滅している。蛍だ。


結局このキャンプ場が気に入り3泊してしまった。

にほんブログ村 バイクブログ キャンプツーリングへ
にほんブログ村
CATEGORY:旅 温泉 キャンプ

THEME:北海道 | GENRE:旅行

北海道2日目 600円の秋刀魚おいしくない

北海道2日目

釧路 和商市場

s-IMG_20140717_152216.jpg

熱心に声をかけられるので、買うものを決めていったほうがイイ。
以前来たときはホッキ貝をその場で剥いてくれて食べておいしかったが、いまはしないらしい。ぶらりぶらりという雰囲気ではないので、フィッシャマンズワーフMOOへ移動。

こちらにも鮮魚など売っているコーナーあり。他はお土産屋や干したものなど売っている。干した姫ししゃもがおいしいのでお勧め。
P7170151.jpg


上の階は食事処やハローワークもあった。



岸壁炉ばたは大人気らしい。鮭番屋同様、炭火で焼きながら食べる方式。予約しないと駄目だとか誰か言ってた。鮭番屋と違って夕方から開店。
s-IMG_20140717_161926.jpg



和商市場もフィッシャマンズワーフMOOも無料で誰でも使える高速wi-fiあり。
s-IMG_20140717_153929.jpg



和商市場は書いてあるパスワード入れるが、フィッシャマンズワーフMOOは自動的に使える。
こういうのを見るとつくづく東京て遅れていると思う。既得権とのしがらみとか、もともと大阪と違って合理性の乏しい文化、縦割り行政とか理由はいろいろあるのだろうが、オリンピックやるとかぶち上げてるのだから何とかしてほしいよハゲ。
あと世界最悪マナーの自転車。中国、韓国を嗤えない貧しく恥ずかしい文化だ。



フィッシャマンズワーフMOOで買った600円のサンマの丸干し。
s-IMG_20140717_192349.jpg


手間隙かけて作っておいしいといので勇気を出して買ってみたが、焼いて食べてみたが、ぱさぱさしておいしくない。失敗。
後にサンマに詳しい千歳のライダーに聞くと、7月では時期が悪いとのこと。9月になればきっとおいしかったはずだと断言していた。

本日のキャンプ地は達古武オートかシラルトロ湖キャンプ場と迷ったが、温泉が徒歩圏内にあるシラルトロ湖にした。10年位前に一度来たところ。そのときは湖のそばでぼっとん便所だった。ロケーションは多少悪くなったがキャンプ場は運動場に移り使いやすくなった。以前の場所は水没しているように見える。
s-P7170152.jpg

夜、鹿が場内をうろついていた。


2014年7月

にほんブログ村 バイクブログ キャンプツーリングへ
にほんブログ村

CATEGORY:旅 温泉 キャンプ

THEME:北海道 | GENRE:旅行

北海道 飛行機欠航して1000円儲かった。

十勝地方 狩勝高原キャンプ場
(カリカチコウゲン)



北海道行きの便が直前に欠航。
どうなることかと思ったが、一時間後の便に振り替えできた。
札幌行きは便数が多いのでよかった。
羽田空港でこの日だけ使える1000円券を二人分もらった。
飛行機では遠くの席で赤ちゃんが泣きまくっていた。近くでなくてよかった。
赤ん坊にとっては異常な空間なので泣きまくるのは仕方ないのだが。

ニッポンレンタカーで千歳郵便局へ局留めにしたテントとかの荷物を受け取りに行く。
昔は全部もっていったので大変で歩いていても荷物に潰されそうだった。
航空便の手荷物の重量を遥かにオーバーしていたが、昔は細かいことを言われなかったのだ。

千歳郵便局の駐車場入り口がわからない。
わからないはずだ。駐車場の看板が手前の小さな建物の陰になっていて車から見えない。直すつもりもないらしい。
しかもその小さな建物というのは交番なのだ。ここらへんの大雑把さは北海道全域にみられる傾向で特に驚かない。






狩勝高原キャンプ場に遅く到着。
無料だがトイレも綺麗。ハイシーズンで混むとたいへんかも。

近くのサホロリゾートでも風呂はあるようだがスマホで調べると900円と高めだし温泉でないようなので、新得駅方面に車で向かう。

きれいなサッカー場の近くの新得温泉ホテルに行くと今日は女湯をやってないとのことで、駅前の新得町営浴場へ行った。
P7160133.jpg


新得駅のロータリーの端にある温泉。座ってテレビが見れる小さなロビーがあり。ごろんとなるところはないです。
IMG_20140716_195556.jpg



ガスを買うのを忘れたため、本日は調理できず。食べられるお店もないのでコンビニで夕食調達してテントに帰る。


翌日、撤収後十勝方面へ。帯広市場に寄る。
買い物をして、評判のいい2階の食堂ふじ膳へ。

うに丼880円!
IMG_20140717_091731.jpg

ふじ膳ブログ

値段からいったら大満足な内容。セルフサービス。食券販売機は2つあり。奥の入り口がすし屋の食券です。
日焼けしたすし職人さんもイキがよく気持ちいい感じ。
客がいるのに従業員同士がえんえんと喧嘩している、うちのそばのすしざ○○いとかより全然イイ。

市場の商品もべらぼうに安いわけではないが、あとあと他を廻ってみると、同じ商品でもここが一番安かったとうのがいくつもあった。すいてるしお勧めの場所だ。

P7170140.jpg



にほんブログ村 バイクブログ キャンプツーリングへ
にほんブログ村
CATEGORY:旅 温泉 キャンプ

THEME:北海道 | GENRE:旅行
検索フォーム
☆PR☆
新着rss
似顔絵
   
QRコード
QR
管理
FC2カウンター